FCKSA66

Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。

このエントリーをはてなブックマークに追加

総じてテクニックの高い選手が多い印象だった。久保建英と中村敬斗を筆頭に、上月壮一郎、平川怜、福岡慎平、そして、左SBの鈴木冬一と、フランスやイングランドを相手にしても、テクニック面では同等かそれ以上だったと思う。しかし、6得点を奪った初戦のホンジュラス戦以外は、フランス戦では1得点、ニューカレドニア戦でも1得点、それから、イングランド戦では無得点と、高いテクニックが得点にはあまり繋がらなかった。

その原因は何か? 1つには、ホンジュラスが酷すぎた、という事はあったが、ニューカレドニアも含め、ホンジュラス以外は、個としても組織としても、守備がしっかりしていた、という事はあった。しかし、その最たる原因は、やはり、フィジカル的な差の部分にあったと思う。抜け出せたと思っても追い付かれてしまう、かわせたと思っても足が伸びてきて引っ掛けられてしまう、ボールキープできてもサイドへと押し出されてしまう。

クロスを入れても球際のところで弾き返されてしまう、PA内へ入れたとしてもフィジカルの壁に立ち塞がれてシュートができない。シュートまで持ち込めたとしても、その前段階のところでパワーを使い果たしてしまって、強いシュートや精度の高いシュートができない。特にゴール前やバイタルエリア内というのは、相手が強度的にも人数的にも対応をしっかりとしてくるので、なかなかテクニックだけでは攻略できない。打ち破れない。

やはりそこでは、テクニックにプラスして、スピード、パワー、というフィジカルで、勝てなくても負けないぐらいの力が必要であり、やはりその部分が得点力(決定力)不足の最たる原因になっていたと思う。相手の守備が個としても組織としてもしっかりとしていた場合、崩しきる、という事はなかなか難しい。そうなった場合、どこかでは強引に突破する必要があり、それをテクニックだけでやろうとするのは、かなりの難しさがある。

それから、守備についても、結果的には、フランスに2失点、イングランドに無失点と、かなり健闘したと言えると思うが、内容を見てみれば、特にフランスとイングランドに対しては、大量失点だったとしても不思議ではなかったと言える。そして、その原因は何だったのかと言えば、やはり、個でぶっちぎられてしまったり、競り合いでなかなかボールを奪えない、つまりは、フィジカル的な部分での差が、大きくあったからだと言える。

もちろん、フィジカルに関しては、日本の選手が上回るのは難しいと思う。そして、連携であったり、献身性であったり、粘り強さや運動量(スタミナ)であったり、そういうもので、日本が守りきる事は可能であると思う。しかし、やはりそれにも限界はあるわけで、特にその確率を上げるためには、どうしても個のフィジカル的な部分で、少しでも対応できる力を上げる必要がある。長所を伸ばすだけでなく短所も補わないと厳しくなる。

今回の場合、高さを武器とするようなFW、圧倒的な高さや空中戦の強さで勝負するようなFWが、相手に存在していなかった事は日本に幸いしていたと思う。スピードもそうだが、やはり日本の守備は、そういうFWへの対応を苦手としている。年代的に言えば、U-17は、まだまだ長所を伸ばすべき年代ではあると思う。しかしながら、もうテクニックはかなり高い選手が多いので、それを活かすためにも、今後はフィジカルだと思う。



○ 最新エントリー

【2017/10/20】 岡崎は今のレスターを成り立たせるには必要不可欠な選手。

○ 過去エントリー

【2017/10/19】 Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。

【2017/10/18】 イングランド戦(Uー17) 【 ポジティブな戦いができたと思う。 】

【2017/10/17】 ハリルジャパンがベースとして使っている2つのシステムの特性について。

【2017/10/16】 理想はハイブリッド。二元論は不毛。

【2017/10/15】 ニューカレドニア戦(Uー17) 【 決勝トーナメントに入ってからが本当の勝負。 】

【2017/10/14】 フランス戦(Uー17) 【 そこは原理原則に近い要素。 】

【2017/10/13】 ハイチ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。東口順昭。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。香川真司。井手口陽介。車屋紳太郎。 】

【2017/10/12】 ハイチ戦選手評価 【 杉本健勇。乾貴士。浅野拓磨。倉田秋。小林祐希。遠藤航。長友佑都。酒井高徳。 】

【2017/10/11】 ハイチ戦 【 全くもって酷い試合だったなと。 】

【2017/10/10】 ホンジュラス戦(Uー17) 【 テクニックと組織的な動きで日本が上回る。 】

【2017/10/09】 ニュージーランド戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。乾貴士。小林祐希。浅野拓磨。倉田秋。 】

【2017/10/08】 ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

【2017/10/07】 ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】

【2017/10/06】 これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?

【2017/09/30】 現代サッカーのモダンな傾向とは?

【2017/09/20】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【図解で分析】川崎のリスクを恐れぬプレスと仙台の巧みなプレッシング回避 川崎フロンターレvsベガルタ仙台【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

イングランド戦(Uー17) 【 ポジティブな戦いができたと思う。 】【FCKSA66】

【図解で分析】川崎らしさが見られた連動する攻撃シーン ~川崎フロンターレvsベガルタ仙台~【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24558338

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss