FCKSA66

ハイチ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。東口順昭。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。香川真司。井手口陽介。車屋紳太郎。

このエントリーをはてなブックマークに追加

槙野智章

やはり、こういう試合にしないようなCBにならないと、という事が、槙野に問われている部分だと思う。最終予選では森重もしくは昌子に主力の座を取られていたと言えるが、SBもやれるCBとして、その価値を評価されている、更には、実績や年齢的にも、吉田が不在になった場合には代わりとして、という事を期待されているので選ばれ続けていると思うから、今回の結果というのは大きなマイナスになったと思う。

昌子源

そもそもとして、最終予選の時でも、吉田などの周囲の良さに助けられて、という感じはあったから、まだ今の段階では、やはりW杯では不安だなと。但し、CWCでレアル・マドリードを相手に良いパフォーマンスを見せた、という事もあったわけだし、とにかく、ポテンシャルはあると思うから、一番の課題は判断力の部分だと思うが、そこを高めるようにしてもらいたい。後は、やはり、経験、という事だと思うので。

東口順昭

久々に出場機会を得て、しかし、その試合で3失点というのは、GKの責任とは言えない失点もあったとは思うが、やはり、印象としては最悪になってしまったかなと。この試合については、結果はそれほど重要ではなかったが、GK東口が1つでも止めていれば、日本が勝利できた可能性は高かったと思うので。実際のところ、W杯のような大舞台では特に、GKのビッグセーブというのが結果を大きく左右してくるので。

大迫勇也

パフォーマンスについては、それなりに良かったとは思うのだが、相手がリトリートするような守備をしてきた場合に、コンビネーションだけではなく、やはり、個の力で局面を打開する、または、崩さなくても個の力で強引にシュートを放って決めてしまう、そういうパワーが備わらないと、世界トップクラスのFWにはなれないかなと。CFが相手に圧力や脅威を与えられる事で、サイドや2列目もより活きてくるので。

原口元気

ヘルタでもそうだったが、右サイドでは、なかなか良いプレイができないなと。やはり、乾のパフォーマンスが良いので、そうなってくると原口を右で、というのは当然のように考えると思うから、できればその期待に答えて欲しいのだが、実際には難しいのかなと。左ではあれだけ高いパフォーマンスを発揮できるのに、右だと存在感すら無くなってしまうので、時間的な事も考えれば、やはり原口は左で固定なのかなと。

武藤嘉紀

ニュージーランド戦は左サイド、ハイチ戦は右サイドで、しかもプレイ時間も短かったから、岡崎と同じく、武藤もハリルホジッチにはあまり活かされていない感じがする。少しの時間でも良いから、CFでプレイする機会を与えてあげてほしかった。左サイドは人材が豊富だし、右サイドは不安ではあるが、大迫の代わりとなるCFも不在な状況なので、そして、今の武藤はマインツではCFで結果を出しているのだから。

香川真司

やはり、怪我明けからは動きが重くなっているように感じる。それから、ポジションサッカーにこだわりを持つのも、チームの戦い方に幅を持たせたり、オプションとしては有りだと思うのだが、その中心となるにおいては、個のパフォーマンスが物足りないし、判断スピードが遅いと思うし、パスのスピードも遅いと思うし、やはり、それだとザックジャパンの時と同じになってしまうかなと。こだわるなら進化が欲しい。

井手口陽介 車屋紳太郎

井手口については、オーストラリア戦で時の人となったが、まだまだ経験やパスの精度など、主力とするには物足りない要素もあるから、そこをしっかりと成長させて、という事が重要になってくると思う。そして、車屋については、初でもあったし、ライバルとなるのは長友でもあるので、とても厳しかったとは思うのだが、とにかく、E-1サッカー選手権で選出されたならば、まずは気後れしないでプレイして欲しい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
車屋紳太郎
井手口陽介
香川真司
武藤嘉紀
原口元気
大迫勇也
東口順昭
昌子源
槙野智章

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロシアW杯欧州予選最終節/クロアチアが何とかプレーオフへの出場権を得るの巻【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

【図解で分析】流れを変える成長した小林祐希のプレー動画 日本代表vsニュージーランド【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

【図解で分析】地味だが巧みな香川真司のポジショニング(2) 日本代表vsニュージーランド【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24558338

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss