FCKSA66

ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫勇也

シュートが枠に飛ばなかった。今回の試合はそこが全てだったと思う。しかし、大迫が良いパフォーマンスを見せれば見せる程、大迫が不在になった時のCFをどうするのか、その代わりはいるのか、という不安を感じてしまうところもあって、今回は本田と岡崎を招集していないので、杉本だけではなく、武藤、久保、浅野、という選手たちも、CFで試してみる必要があると思う。ハイチ戦はCFに武藤でも良いかなと。

武藤嘉紀

前半は良かったと思うが、後半はパフォーマンスが落ちてしまったかなと。従って、アピールという部分では、やはり不十分だったと思う。但し、今の武藤の場合には、サイドよりもCFの方が、というのはあって、ハイチ戦ではそのチャンスを与えてもらいたいところ。やはり、基本的には、クラブでやっているポジションや役割で、という事もあるし、今心配されるポジションは、左サイドよりもCFや右サイドなので。

久保裕也

まだ復調していないと思う。そして、これぐらいのパフォーマンスが続くようだと、まだ本田から完全に右サイドのポジションを奪えたとは言えないと思うし、ハリルホジッチがどう考えているのかは別として、やはり、岡崎を右サイドで使う手もあるから、攻守両面において、もう1つレベルを上げてもらいたい。フィジカル然り、ボールコントロール然り、守備意識や守備力も含め、得点力以外の部分はやや物足りない。

香川真司

その時は失点の原因にもなっているのだが、大迫が上手くフリーになり、良い形で受けられる状態になっているのに、香川が大迫へパスを出さず、というのはブラジルW杯のコートジボワール戦でもあったのだが、なぜかなと思う。それから、決定力を欠いた、という事については、不運もあったとは思うし、冷静にプレイできていたとは思うのだが、まだ体のキレが不十分で、それが精度に大きな影響を与えていたと思う。

井手口陽介

プレイスタイル的に、それから、特にダブルボランチだった時には、パートナーが同じようなタイプの選手だったので、という事もあったのかなと思うが、やはり、前からのプレスがかからない時に、という事が1つの課題かなと。おそらく、W杯の試合では、そういう時間帯の方が長くなると思うから、そういう時にどうするのか、という事を見つける必要があると思う。ブラジル戦とベルギー戦では、そこに期待したい。

山口蛍

やはり、井手口と同じく、前へ出て行く時には良さを発揮できるが、そういう状況にならなかった時に、ポジショニングにしても、1つ1つのプレイの判断にしても、やや微妙だったり軽率だったり、良さが見られないかなと。どちらかと言えば、そこの部分に関しては井手口の方が良くて、特にダブルボランチになった時には、長谷部のパートナーは井手口が一番手になる可能性もあるかなと。そこの部分の成長が欲しい。

長友佑都

失点の原因の1つになってしまったのが残念だった。そこもブラジルW杯のコートジボワール戦を思わせた。やはり、今回は2人で対応できていた、という事もあったし、そこでの1対1での守備対応で負けない、競り勝つ、という事が長友の真骨頂でもあるし、その価値でもあるし、南アフリカW杯での日本代表の躍進も、そこでの長友の良さがあったからなので、連携も含め、しっかりと原因を見つけて改善して欲しい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
酒井宏樹
長友佑都
山口蛍
井手口陽介
香川真司
久保裕也
武藤嘉紀
大迫勇也

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

<蹴パラ>ニッポン劇勝です。でも…完敗です。【極楽!蹴球パラダイス】

<蹴パラ>U17W杯日本戦、チケットは・・・まあ大丈夫でしょう【極楽!蹴球パラダイス】

気になった話題を総ざらい。【Manchester United fundamentalism】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2100
  • 累計のページビュー:24628391

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss