FCKSA66

ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :国際親善試合 開催日:2017年10月6日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:大迫勇也(PK) ウッド 倉田秋

FW          大迫勇也 MF  武藤嘉紀    香川真司    久保裕也 MF       井手口陽介 山口蛍 DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣

FW          杉本健勇 MF  乾貴士  倉田秋   小林祐希 浅野拓磨 MF          遠藤航 DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣

失点したので、不合格かなと。ブラジルW杯のコートジボワール戦のような感じだった。相手がニュージーランドだったので、1失点、2得点、という結果での勝利を得たが、日本が先制点を奪い、ビハインドになったニュージーランドがギアを上げると、そのまま圧力を押し返せずに失点、という流れ。やはり、あれぐらいの圧力やクオリティの攻撃力に耐えられない守備力では、W杯での結果というのは見えているかなと。

左に武藤、右に久保。CFもやるような選手を左右のウイングに置いていたので、彼らがダイアゴナルな動きで中央に入ってくる形、それは良かったと思うし機能していたと思う。それから、途中から乾が左サイドの高い位置に入り、今度はそこを起点にして攻める、という形も良かったし、機能もしていたと思う。しかし、攻撃はそれぐらいはやれるだろう、というのはわかっていた事で、やはり、大きな問題は失点した事。

つまり、守備力。以前と同じく、右サイドの久保の守備力には物足りなさを感じたし、左サイドの武藤についても、後半になるとパフォーマンスが落ちた。そして、流れが悪くなった時に、あるいは、相手に主導権が移った時に、香川は存在が消えてしまったし、山口と井手口の良さも発揮されなくなってしまった。そうなってしまうと、やはりDFとGKの守備力だけでは・・・、というのが、今の日本の現状であると思う。

従って、まずはそこの守備力を向上あるいは担保しないと、という事が重要であり、そこの守備力というのは、DFとGKの守備力も然りではあるが、やはり、中盤の守備力、という事であって、守備力のある選手を中盤中央の3枚に並べる、尚且つ、少なくともサイドの攻撃的な位置にも1枚は原口のような守備力のある選手を置く、という事が必要になってきて、その状態でいかに攻撃を機能させるのかが着地点になると。

そういう意味では、「4-4-2」や「4-2-3-1」をやるにしても、岡崎を使って実質的には「4-4-1-1」にして、という事がベストになってくると思うし、やはり、そのテストはしておくべきだと強く思う。という事で、もう1試合、ハイチ戦が残っているが、やはり相手がハイチでも、最重要なのは守備面であり、攻守を分離させず、いかに良い守備から良い攻撃を作るのか、そこを高めてもらいたいと思う。



○ 最新エントリー

【2017/10/08】 ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

○ 過去エントリー

【2017/10/07】 ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】

【2017/10/06】 これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?

【2017/10/05】 【 大迫勇也 】 ピサロの加入で良くなってもらいたい。 【 ケルン vs ライプツィヒ 】

【2017/10/04】 【 岡崎慎司 】 昨季の教訓を活かすとすれば。 【 ボーンマウス vs レスター 】

【2017/10/03】 【 香川真司 】 定着してしまっているイメージを打破したい。 【 アウグスブルク vs ドルトムント 】

【2017/10/02】 【 乾貴士 】 スタメンは確保しているがチームは厳しい状態。 【 ビジャレアル vs エイバル 】

【2017/09/30】 現代サッカーのモダンな傾向とは?

【2017/09/29】 ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。

【2017/09/26】 【 大迫勇也 】 ピンチはチャンスでもある。 【 ハノーファー vs ケルン 】

【2017/09/25】 【 乾貴士 】 前半36分で交代。 【 エイバル vs セルタ 】

【2017/09/24】 【 岡崎慎司 】 リーグ戦で3得点目。カップ戦も含めれば4得点目。 【 レスター vs リヴァプール 】

【2017/09/22】 【 香川真司 】 1得点も後半21分で交代。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】

【2017/09/21】 【 乾貴士 】 フル出場でチャンスも作ったが。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/09/20】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【2017/09/18】 【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/09/17】 【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】

【2017/09/16】 【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/09/14】 【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【侍青の風】ニュージーランド戦の各選手の採点【サムライブルーの風】

香川の発言。「ヤフコメ」は評論家の上を行く。【猫と観るスポーツ】

<蹴パラ>久保や平川はA代表に入れるのか【極楽!蹴球パラダイス】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24628391

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss