FCKSA66

【 乾貴士 】 スタメンは確保しているがチームは厳しい状態。 【 ビジャレアル vs エイバル 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第7節 開催日:2017年10月1日 結果 :ビジャレアル勝利 スコア:「3-0」 得点者:バカンブ バカンブ バカンブ(PK)

【 エイバル 】

FW キケ・G エンリク MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ ペーニャ DF アンヘル ロンバン アルビージャ カパ GK ドゥミトロヴィッチ

FW シャルレス エンリク MF 乾貴士 ダニ・G リベラ ジョルダン DF アンヘル ロンバン アルビージャ カパ GK ドゥミトロヴィッチ

ペドロ・レオンが怪我で長期離脱中。エンリクも怪我から復帰後パフォーマンスが上がらず。という事で、攻撃の要だった2人が不在だったり不調だったりするので、今季のエイバルは苦しむだろうとは思っていたが、それにしても、予想以上に苦しくなっているなと。バルサ戦で6失点、セルタ戦で4失点、そして、今回のビジャレアル戦でも3失点。更には、7試合で2得点と、かなり攻守に厳しい状態となっている。

アウェイ戦でのエイバルは、あまり守備の設定位置を高くしないのだが、この試合はハイプレス&ハイラインで戦っていて、おそらくは、エイバルらしさを取り戻すために、という事だったのだと思うのだが、それが裏目に出てしまったかなと。流れ的には、バルサ戦で6失点→オフサイド狙いの守備にする→しかしセルタ戦で4失点→CBをガルベスとオリベイラからロンバンとアルビージャにする→しかしまた3失点。

という事になっているのだが、やはり、試合を観ていて感じるのは、FWにボールが収まらない、右サイドの攻撃が機能していない、という事によって攻撃が威力を持てず、その影響から守備も悪くなっているのかな、という事。今季のエイバルは状況的に、引き分けでも良しとしながら我慢して勝点を積み上げ、ペドロ・レオンとエンリクが復帰または復調してから、という戦い方をする必要があったと思うのだが・・・。

そういう意味では、「4-4-2」ではなく中盤に守備的な選手を1枚増やした「4-5-1」にしたり、右SHに攻撃的なペーニャやベベではなく守備的なカパを起用したり、という事を続けた方が良いかなと思う。やはり、失点がゼロであれば、得点は1でも勝てるし、今季の2勝はどちらもスコア「1-0」でもあるので。つまりは、攻撃があまり上手くいかない、という罠にかからずに、という事が重要だと思う。

乾については、フィジカル・コンディションやパフォーマンスが良い試合、そうではない試合、というのを繰り返している状態で、この試合はフィジカル・コンディションやパフォーマンスが良い試合だったと思う。しかし、フル出場し、孤軍奮闘だったが、1回あった決定機でシュートを枠に飛ばせないなど、チームと同様にノッていけない印象がある。スタメン落ちする可能性は低いと思うが、苦しいシーズンかなと。



○ 最新エントリー

【2017/10/03】 【 香川真司 】 定着してしまっているイメージを打破したい。 【 アウグスブルク vs ドルトムント 】

○ 過去エントリー

【2017/10/02】 【 乾貴士 】 スタメンは確保しているがチームは厳しい状態。 【 ビジャレアル vs エイバル 】

【2017/09/30】 現代サッカーのモダンな傾向とは?

【2017/09/29】 ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。

【2017/09/26】 【 大迫勇也 】 ピンチはチャンスでもある。 【 ハノーファー vs ケルン 】

【2017/09/25】 【 乾貴士 】 前半36分で交代。 【 エイバル vs セルタ 】

【2017/09/24】 【 岡崎慎司 】 リーグ戦で3得点目。カップ戦も含めれば4得点目。 【 レスター vs リヴァプール 】

【2017/09/22】 【 香川真司 】 1得点も後半21分で交代。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】

【2017/09/21】 【 乾貴士 】 フル出場でチャンスも作ったが。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/09/20】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【2017/09/18】 【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/09/17】 【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】

【2017/09/16】 【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/09/14】 【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ 17-18
タグ:
エイバル
乾貴士

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ビデオア・シスタント・レフェリー制度の現在地:求められるのはピッチ上の審判団の誠実さ【我がフェイエノールト】

今週の乾/久保/森岡/小林/堂安/伊藤/関根/内田/宇佐美/中島(10/2)【POOH - San の蹴球見聞録】

リーガ・エスパニョーラ第7節 vエスパニョール【レアルマドリードのある生活】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2295
  • 累計のページビュー:24467000

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss