FCKSA66

ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。

このエントリーをはてなブックマークに追加

W杯予選を終え、ここから新たに、という事はあるにせよ、やはり、ベースはW杯予選を戦ったメンバーであると思うし、そうであるべきだとも思うし、そして、残りの時間は9ヶ月あるとは言っても、それほど代表の活動は多くないと思うから、むしろ、ここをテストの期間にすると意気込み過ぎて、可能性の低いような選手を大量に招集したら嫌だなと思っていたのだが、そうならかった、そうしなかった事に安心した。

GKは中村、CBは昌子と植田、SBは車屋、守備的MFは遠藤航と井手口、攻撃的MFは小林祐希、ウイングは久保と浅野、CFは杉本と武藤嘉紀、それぞれのポジションに、必ず1人か2人はリオ五輪世代または25歳以下の選手が入っているので、彼らをテストする、あるいは、彼らに経験を積ませる、更には、彼らと主力メンバーや戦い方との相性を確かめたり、その経験を積ませる、という事で充分であると思う。

左ウイングだけは、リオ五輪世代または25歳以下の選手が選ばれていないが、代表では常に高いパフォーマンスを発揮しているが、現在はクラブであまり出場機会を得られていない、という事を考えれば、やはり原口は継続的に招集しておきたい選手だと思うし、乾はまだ新戦力と言える選手なので、やはりここでもその2人、というのは然りだと思う。但し、左ウイングは最激戦区なので、最後はどうなるかわからない。

それから、今回は、岡崎、本田、長谷部、という3人は招集されなかったが、岡崎と長谷部は温存になると思う。しかし、本田については、最近の試合でも得点は決めたが、やはり、右ウイングでは久保と浅野が台頭してきているので、彼らのフィジカル・コンディションやパフォーマンスがよほど悪かったり、または、本田のフィジカル・コンディションやパフォーマンスが上がらないと、今後は招集されるかわからない。

但し、個人的に、最終的には、本田はCFとして選ばれるのではないかと思っている。それよりも、クラブでは活躍しているが、なかなかハリルジャパンではフィットしていない、活かされていない岡崎の方が、最終的にはどうなるのか、かなり個人的には気になっている。レスターで、最前線のFWをやる、または、「4-1-4-1」のCFをやる、その機会は、おそらく無いと思うので、そこのあたりでどうなるのか。

そして、長友と吉田はともかく、香川は今回も招集されたが、意外と微妙な立場にいるのかなと思う。怪我が完治すれば絶対に、とまでは言えな状況になっていて、W杯では、守備的な3枚を中盤中央に並べる可能性も低くはないし、クラブでの出場機会が少なかったり、あるいは、クラブでのパフォーマンスが悪かったりした場合には、今後は招集されるかわからないかなと。「4-1-4-1」とは相性の良い選手だが。

という事で、相手がニュージーランドであろうとハイチであろうと、どこであろうと、特に予選であまり活躍できなかった選手というのは、きちんとこれからの試合で良い結果やパフォーマンスを見せなければ、今後は招集されなくなる可能性も高くなるかなと。最重要なのはフォア・ザ・チームであるが、しかし、その前提としては個の力が必要であり、特に2017年内の試合は、そこが最も見るべき部分であると思う。



○ 最新エントリー

【2017/09/30】 現代サッカーのモダンな傾向とは?

○ 過去エントリー

【2017/09/29】 ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。

【2017/09/26】 【 大迫勇也 】 ピンチはチャンスでもある。 【 ハノーファー vs ケルン 】

【2017/09/25】 【 乾貴士 】 前半36分で交代。 【 エイバル vs セルタ 】

【2017/09/24】 【 岡崎慎司 】 リーグ戦で3得点目。カップ戦も含めれば4得点目。 【 レスター vs リヴァプール 】

【2017/09/22】 【 香川真司 】 1得点も後半21分で交代。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】

【2017/09/21】 【 乾貴士 】 フル出場でチャンスも作ったが。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/09/20】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【2017/09/18】 【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/09/17】 【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】

【2017/09/16】 【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/09/14】 【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

【2017/09/10】 【 乾貴士 】 今季の乾にあるエイバルでの2つの問題点。 【 セビージャ vs エイバル 】

【2017/09/09】 【 柴崎岳 】 何かを変えようとする必要があると思う。 【 レガネス vs ヘタフェ 】

【2017/09/08】 サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。杉本健勇。久保裕也。 】

【2017/09/07】 サウジアラビア戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。本田圭佑。井手口陽介。柴崎岳。山口蛍。 】

【2017/09/06】 サウジアラビア戦 【 オーストラリア戦が過大評価気味だったので、ここで負けた事は良かったのかなと。 】

【2017/09/05】 サウジアラビア戦で試してもらいたい選手とシステム。

【2017/09/04】 オーストラリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。原口元気。久保裕也。岡崎慎司。 】

【2017/09/02】 オーストラリア戦選手評価 【 大迫勇也。乾貴士。浅野拓磨。井手口陽介。山口蛍。長谷部誠。 】

【2017/09/01】 オーストラリア戦 【 まだゼロ地点に到達していない。ゼロ地点はW杯でのグループステージ突破。 】

【2017/08/29】 【 柴崎岳 】 守備面では良さを見せた。 【 ヘタフェ vs セビージャ 】

【2017/08/28】 【 乾貴士 】 今季の乾の問題は? 【 エイバル vs ビルバオ 】

【2017/08/26】 対オーストラリアを考える。攻守においてのポイント。

【2017/08/25】 オーストラリア戦とサウジアラビア戦に向けたメンバーについて。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スナイダーって誰よ?【「読裏クラブ」のワンツー通し】

W杯選手選考を早々予想してドラマを考える! 其の伍 ~我らがJリーガー編~【生意気くらいが丁度いい。】

岡崎も落選?(サッカー日本代表)【猫と観るスポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2412
  • 累計のページビュー:24469411

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss