FCKSA66

【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :ブンデスリーガ 第4節 開催日:2017年9月17日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「5-0」 得点者:フィリップ ソクラティス オーバメヤン(PK) オーバメヤン フィリップ

【 ケルン 】

FW コルドバ MF ビッテンコート 大迫勇也 レーマン ヘーガー リッセ DF ヤネス・ホルン ハインツ メレ・ペレス クリュンター GK ティモ・ホルン

FW コルドバ MF ツォラー レーマン ヨイッチ リッセ DF ヤネス・ホルン ハインツ メレ・ペレス ソレンソン クリュンター GK ティモ・ホルン

開幕から3連敗で最下位に沈んでいるケルンだが、この試合も5失点で大敗し、4連敗。その1つの理由としては、やはりモデストが抜けて、その代わりとして期待されていたコルドバのパフォーマンスが低い事で、この補強の失敗が大きい。それでも、守備が良ければ・・・、というところだが、完全にザル状態となってしまっている。このままだと、監督の解任もあるかな、という感じで、とても厳しい状態にあると言える。

この試合の大迫は、「4-5-1」の中盤中央の左でスタメン出場だったが、チームの不調さに引っ張られてしまっているような感じで、後半からは2トップ気味になったようにも見えたが、それでもなかなか良いパフォーマンスは見せられず、4失点後の後半19分に交代となった。大迫の中盤起用は、攻撃的な意図ならば有りだと思うが、守備的な戦いをするならば難しいと思う。やはりその場合は最前線起用が良いかなと。

ただ、それでも、もう少し良い守備からボールを奪えて、尚且つ、もう少し大迫にボールが入った時に周囲が質の高い動きやプレイをしないと、チームとしての機能性は上がらないと思う。怪我明けではあったが、日本代表でのプレイを見れば、大迫のパフォーマンスは上々であったし、それを考えると、今はチームの方の問題が大きいと思う。大迫のパートナーとなるFWと、ボランチとDFと、やや戦力不足の感は否めない。



○ 最新エントリー

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

○ 過去エントリー

【2017/09/18】 【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/09/17】 【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】

【2017/09/16】 【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/09/14】 【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

【2017/09/10】 【 乾貴士 】 今季の乾にあるエイバルでの2つの問題点。 【 セビージャ vs エイバル 】

【2017/09/09】 【 柴崎岳 】 何かを変えようとする必要があると思う。 【 レガネス vs ヘタフェ 】

【2017/09/08】 サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。杉本健勇。久保裕也。 】

【2017/09/07】 サウジアラビア戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。本田圭佑。井手口陽介。柴崎岳。山口蛍。 】

【2017/09/06】 サウジアラビア戦 【 オーストラリア戦が過大評価気味だったので、ここで負けた事は良かったのかなと。 】

【2017/09/05】 サウジアラビア戦で試してもらいたい選手とシステム。

【2017/09/04】 オーストラリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。原口元気。久保裕也。岡崎慎司。 】

【2017/09/02】 オーストラリア戦選手評価 【 大迫勇也。乾貴士。浅野拓磨。井手口陽介。山口蛍。長谷部誠。 】

【2017/09/01】 オーストラリア戦 【 まだゼロ地点に到達していない。ゼロ地点はW杯でのグループステージ突破。 】

【2017/08/29】 【 柴崎岳 】 守備面では良さを見せた。 【 ヘタフェ vs セビージャ 】

【2017/08/28】 【 乾貴士 】 今季の乾の問題は? 【 エイバル vs ビルバオ 】

【2017/08/26】 対オーストラリアを考える。攻守においてのポイント。

【2017/08/25】 オーストラリア戦とサウジアラビア戦に向けたメンバーについて。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデス 17-18
タグ:
ケルン
大迫勇也

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/堂安/奥川/内田/宇佐美/中島(9/18)【POOH - San の蹴球見聞録】

vs Getafe CF 2-1 ◯ 【パウリーニョによる攻撃の厚み】【no title】

【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24628391

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss