FCKSA66

【 柴崎岳 】 体を張ってボールをキープする力が必要。 【 ビルバオ vs ヘタフェ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第1節 開催日:2017年8月20日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者:

【 ヘタフェ 】

FW モリーナ 柴崎岳 MF アマト ファジル マルケル ヒメネス DF モリネロ カラ ジェネ ダミアン GK ガイタ

FW アンジェル MF アマト アラムバリ モラ ファジル DF モリネロ カラ ジェネ ダミアン GK ガイタ

テネリフェでのプレイも何試合か観たが、攻撃のキーマンとして受け入れられていたし、どうやらヘタフェでも、攻撃の軸として大きく期待されているようで、そういう意味では、今後の活躍にも希望が持てると思う。但し、この試合は、退場者を一人出しながらも、なんとか引き分けに持ち込めたが、一部昇格にあたり、ヘタフェは多くの選手を入れ替えたようなので、まだ攻守に連携は手探り状態で、そこには不安がある。

最前線にポストプレイヤータイプのモリーナ。サイドにスピードとドリブラータイプのアマトとヒメネス。そして、柴崎とファジルが中盤を作り、という攻撃の構成だったが、まだあまり良い連携は見られなかった。守備についても、カラとジェネは対人には強そうだったし、GKガイタは良いパフォーマンスを発揮していたが、ボランチやSBも含めて、まだ連携力は薄く、シーズンを戦いながらの成長が求められるところ。

柴崎のパフォーマンスについては、テネリフェでの経験が活かされているのか、とても落ち着いていて、少ないながらも効果的なプレイが多かった。また、FWあるいはトップ下としての守備への貢献も目立ち、かなり好印象だった。但し、苦しい場面で、そこで柴崎が体を張ってボールをキープしてくれれば、という所で、繋がる可能性の低いワンタッチパスからボールロスト、というシーンが何回かあったのは気になった。

相手に強く寄せられ、ワンタッチパスで逃げたくなる気持ちは理解できるが、そこで逃げずに体を張ってボールをキープし、少しでも時間を作る、あるいは、ファールを受けて相手の攻撃を断ち切る、という事が求められる。そこはセビージャ時代の清武も苦しんだところで、そこでのキープ力を発揮しないと、力不足が指摘されてくると思う。更には、そのあたりが、代表に収集されるか、代表で活躍できるかの鍵になるかなと。



○ 最新エントリー

【2017/08/24】 【 乾貴士 】 昨季に引き続き良いパフォーマンスを維持。 【 マラガ vs エイバル 】

○ 過去エントリー

【2017/08/23】 【 柴崎岳 】 体を張ってボールをキープする力が必要。 【 ビルバオ vs ヘタフェ 】

【2017/08/22】 【 長谷部誠 】【 鎌田大地 】 「フィジカル」あるいは「インテンシティ」の「差」あるいは「違い」。 【 フライブルク vs フランクフルト 】

【2017/08/21】 【 岡崎慎司 】 2試合連続得点で存在感を示す。 【 レスター vs ブライトン 】

【2017/07/05】 総括。コンフェデレーションズカップ2017。

【2017/06/16】 イラク戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。今野泰幸。酒井高徳。 】

【2017/06/15】 イラク戦選手評価 【 大迫勇也。久保裕也。本田圭佑。原口元気。井手口陽介。遠藤航。 】

【2017/06/14】 イラク戦 【 消耗戦で試された日本の底力。その結果はイラクに引き分け。 】

【2017/06/13】 困難な状況で試される監督の手腕と選手たちの個の力。

【2017/06/12】 トップギアの時間帯。平均的なギアの高さ。それが重要。

【2017/06/11】 オランダ戦(女子) 【 横山以外が決定力不足。それからSBが戦力不足。 】

【2017/06/10】 シリア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。井手口陽介。浅野拓磨。岡崎慎司。乾貴士。 】

【2017/06/09】 シリア戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。香川真司。今野泰幸。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

【2017/06/08】 シリア戦 【 本田か岡崎か。原口か乾か。昌子か槙野か。ボランチも。 】

【2017/06/03】 ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのか。どこが修正されていたのか。

【2017/06/01】 選手短評。Uー20W杯2017。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ 17-18
タグ:
ヘタフェ
柴崎岳

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【 柴崎岳 】 体を張ってボールをキープする力が必要。 【 ビルバオ vs ヘタフェ 】

試合はさらっとだけしか見れませんでしたが前線でのキープもさることながら後ろからのロングパスに九分九厘負けているのがあの位置で(本来一番生きる位置よりも一列ないし半列高いのかもしれませんが)はリーガではきびしいという印象がありました。連携がもっとよくなって足元でつないでいけるようになれば変わるのかもしれませんが主さんのおっしゃるとおりキープ力の向上と可能性の低いダイレクトパスは控える(ヒールで落としていたパスに少しおいおいと思ってみてました)連携を深めてぜひがんばっていただきたいです!すばらしい分析お見事でした。

こんな記事も読みたい

2017/2018 UEFAチャンピオンズリーグ 今夜抽選会!! その前に!!【Cher démon rouge】

ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化【フトボル男】

ウェイン・ルーニー、イングランド代表からの引退を発表【Cher démon rouge】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:3781
  • 累計のページビュー:24403455

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss