FCKSA66

イラク戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。今野泰幸。酒井高徳。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

長友佑都

こういう状況においても、超人的な運動量を発揮して、というのが長友の武器の1つだが、さすがにそれを期待するのは酷だったと思う。ベテランになってきて、より攻守のバランスや試合の状況を考えてプレイするようになってきた、という事もあるので。但し、これまでずっとやってきた香川や本田、あるいは、そういうタイプとは違う選手がSH(ウイング)で起用された時に、良い連携を作るのが少し遅い気がする。

酒井宏樹

あの酷暑では仕方なかったと思うが、普通の環境においても、酒井宏樹は少しスタミナ面(耐久力)に問題があって、負傷にまではならなくても、やはり、スタミナが落ちてくる→判断ミスや技術的なミスが増える、という傾向はあるから、そこは特に改善すべきポイントであると思う。交代策のプランニングにおいて、SBやCBやGKを途中で交代させなければならなくなる、というのは、やはり大きな痛手になるので。

昌子源

悪くはなかったと思うが、良くもなかったかなと。失点シーンの守備対応についても、やはり、少し問題があったかなと思うので。CBにおける吉田のパートナー探しというのは、今の日本代表の小さくない問題点であり、森重と槙野と昌子、それから、リオ五輪世代の植田と岩波と三浦、更にその下の世代の中山と冨安、そして現在はジムナスティック・タラゴナでプレイしている鈴木大輔も含め、試行錯誤が必要かなと。

吉田麻也

シリア戦の印象、特に終盤の印象からは少し嫌な感じがあり、そこに酷暑の影響も重なって、やはり痛恨の判断ミスをしてしまったかなと。本当に一瞬の小さな判断ミスだったと思うが、それが失点を招き、勝点2を失う結果を招いてしまうという、それだけCBというポジションは責任が重大で大変であるとは思うが、やはりそこのクオリティが高くならなければ、日本のサッカーは先に進めないかなと。頑張って欲しい。

川島永嗣

1つ、判断の良い前への飛び出しでピンチを防いたシーンはあったが、やはり気になるのはその部分で、この試合でも、そのクロスに対してはいけたのではないか、というシーンもあったし、あの失点シーンについても、吉田がクリアしておけば問題無かったのは間違い無いが、それでも常日頃から前へ出て対応するという意識が高ければ、とは思わなくもない。そして、吉田とは長くやっているし、そこの連携ミスは痛い。

倉田秋 今野泰幸 酒井高徳

倉田については、良くも悪くも、オシムジャパン時代の羽生のような感じを思わせる。運動量だけでは・・・。今野については、怪我から復帰してきたばかりでフィジカル・コンディションが戻っておらず、今回は厳しかったかなと。酒井高徳については、しっかり試合に入れていなかったような印象だった。そういう意味では三者三様のパフォーマンス状態だったが、それぞれ個別に問題を解決して次に挑んでもらいたい。



○ 最新エントリー

【2017/06/19】 ポルトガルはまた引き分けが多くなるのか? 【 ポルトガル vs メキシコ 】

○ 過去エントリー

【2017/06/16】 イラク戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。今野泰幸。酒井高徳。 】

【2017/06/15】 イラク戦選手評価 【 大迫勇也。久保裕也。本田圭佑。原口元気。井手口陽介。遠藤航。 】

【2017/06/14】 イラク戦 【 消耗戦で試された日本の底力。その結果はイラクに引き分け。 】

【2017/06/13】 困難な状況で試される監督の手腕と選手たちの個の力。

【2017/06/12】 トップギアの時間帯。平均的なギアの高さ。それが重要。

【2017/06/11】 オランダ戦(女子) 【 横山以外が決定力不足。それからSBが戦力不足。 】

【2017/06/10】 シリア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。井手口陽介。浅野拓磨。岡崎慎司。乾貴士。 】

【2017/06/09】 シリア戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。香川真司。今野泰幸。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

【2017/06/08】 シリア戦 【 本田か岡崎か。原口か乾か。昌子か槙野か。ボランチも。 】

【2017/06/03】 ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのか。どこが修正されていたのか。

【2017/06/01】 選手短評。Uー20W杯2017。

【2017/05/31】 ベネズエラ戦(Uー20) 【 この大会に出場した事の本当の価値は。 】

【2017/05/30】 「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。

【2017/05/29】 【 香川真司 】 EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのように。 【 フランクフルト vs ドルトムント 】

【2017/05/28】 イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】

【2017/05/27】 引き分けにする事が最優先のイタリア戦。

【2017/05/26】 親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。

【2017/05/25】 ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】

【2017/05/23】 【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/05/22】 南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

【2017/05/16】 ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
酒井高徳
今野泰幸
倉田秋
川島永嗣
吉田麻也
昌子源
酒井宏樹
長友佑都

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

曲者スフィーダ〜ニッパツシーガルズvsスフィーダ世田谷(6月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

日本代表 イラク戦 メモ程度【ニコ小鉢その2(仮)】

日本代表イラク戦でのマスコミ評について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1345
  • 累計のページビュー:24617651

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss