FCKSA66

シリア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。井手口陽介。浅野拓磨。岡崎慎司。乾貴士。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

昌子源

ACLやCWCで経験があっても、やはり恒常的に海外の選手と対戦しているか否かの差はあると思うし、国内組の選手たちのパフォーマンスが期待値よりも低くなるのは想定内なので、全てはこれからだと思う。吉田とのコンビネーションもそうだし、経験、集中力、その成長幅を大きくする事が重要だと思う。植田と三浦もいれば、その下の世代には中山と冨安もいるので、少ないチャンスをものにする必要があると思う。

吉田麻也

親善試合だったという事もあり、やはり集中力を少し欠いていたと思うし、最終盤には気の抜けたようなプレイをしてしまったが、そういう姿は見せてもらいたくない。もしあれで最後に失点して負けていたら、親善試合であっても後味が悪すぎる。吉田の今季のクラブでの活躍、最近の成長というのは、集中力の欠如によるミスや悪い対応、そういう部分が少なくなった、という事にもあったと思うから、継続させて欲しい。

川島永嗣

安定はしていたと思う。但し、あの距離からのあの弾道やスピードのクロスだったら、飛び出してパンチングという対応もできたのかなと。なるべく下がって対応しない、というのは、おそらくGKにしてもそうだと言えて、特に川島は反射神経の良さで勝負するようなGKではないと思うから、もっとシュートされる前の判断力、特に前へ出て対応する部分のその質を、更に上げてもらいたい。そこが大きな鍵になると思う。

倉田秋

何でもできるが何にもできないにならないように、という部分が倉田の課題だと思う。運動量が豊富で、トップ下もできるし、サイドもボランチもできるし、場合によってはFWもSBもできると思うが、器用貧乏にならないように、という部分が重要だと思う。それから、対人の強さ、という部分に関しても、もう1つ2つレベルを上げる必要があるかなと。デュエルの強さが伴わないと、運動量の豊富さも効果半減なので。

本田圭佑

リーグの終盤に出場機会があり、そこで見事な直接FKを決めたとは言え、やはりまだ体の重さやキレの低さはあったと思う。そういう意味でも、よりサイドでは厳しいかな、という事もあるし、香川が不在になったので中央寄りのポジションで、イラク戦は香川の代役として、という方が現実的かなと。但し、それならばやはり、「4-1-2-3」の「2」の位置よりも、「4-2-3-1」のトップ下の方が良いと思う。

井手口陽介

そのアグレッシブさが持ち味の守備が、守備範囲の広さに転化され、それが山口よりもアンカーとしてフィットする要因になったかなと。但し、次のイラク戦は、親善試合ではなくW杯最終予選の試合であるし、大きく地の利が悪そうなアウェイでの試合でもあるから、フィジカル・コンディションに問題が無ければ、起用のプライオリティは今野と山口を優先した方が良いと思う。UAE戦の大島の二の舞いにはしたくない。

浅野拓磨 岡崎慎司

ハリルジャパンでは、なかなかフィットしないな、という2人だが、浅野はハマらないと技術力の問題が大きく、岡崎は役割の与え方や起用方法がアジャストされていない気がする。本人がどう思っていようと、やはり今の岡崎はストライカーというよりダイナモ的な役割で輝くし、センターであろうとサイドであろうと、やはり浅野はスペースが生まれてから活きる選手だと思うから、ルーズな起用方法では活きないかなと。

乾貴士

エイバルでの2年間の成長が感じられた。攻守において、そのプレイに力強さが感じられたし、かなり今は強い自信を持ってプレイしていると感じられる。但し、得点については特にそうであるが、ドリブル突破にしても守備にしても、過剰に期待するのは禁物で、やはり基本的には、起点、アシスト、そこに期待しての交代の切り札、としておいた方が良いと思う。それとやはり、もっとスペースに走って受けて欲しいなと。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
乾貴士
岡崎慎司
浅野拓磨
井手口陽介
本田圭佑
倉田秋
川島永嗣
吉田麻也
昌子源

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本と世界の差 〜スペインvsコロンビアに学ぶ〜【J's Football Fan】

日本サッカー強化・選手の海外進出ルートについて 小感 【ニコ小鉢その2(仮)】

2-72 コーナーキックの事情 国際親善試合 オランダ代表 0-1 なでしこJAPAN【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1345
  • 累計のページビュー:24617651

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss