FCKSA66

ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのか。どこが修正されていたのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グループステージでは3試合で5失点だった日本の守備。 しかし、ベネズエラ戦ではCKからの1失点で負けはしたが、 全体的には、ベネズエラに多くの大きなチャンスは作らせなかった。 では、ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのだろうか? または、どこが修正されていたのだろうか?

1つには、ラインコントロール。これは、恐れずに高いラインを取るようにしたから、ではなく、意識統一ができていたから、という事。特に相手のサイドアタッカーがSBやCBとSBの間の裏を狙った時に、グループステージの試合では、特にCBとSBのところでラインが乱れたり、オフサイド・トラップで対応するのか付いて行って対応するのか、そこに意識のズレがあったのだが、ベネズエラ戦では、そこの意識統一ができていた。その1つの左証として、CBがSBの裏を上手くカバーしていたシーンが多かった。

2つには、やはり、SBやCBとSBの間の裏、あるいは、CBとSBの間、という部分が、グループステージの日本の守備の穴になっていたのだが、そこに対してCBやSBやボランチがしっかりとケアできていたから、という事。実際には、そこに対して危ないシーンもあったのだが、グループステージの試合よりはしっかりと意識高くケアできていて、やはり、「4-4」の守備ブロックの場合には、SHも協力しながら、いかにSBやCBとSBの間の裏、あるいは、CBとSBの間、そこを守れるのかが重要になる。

3つには、これは日本がどうこうではなく相手によるところなのだが、ベネズエラの選手は足元でボールを受けてから仕掛ける選手が多かったので、という部分。グループステージで対戦した国のアタッカーは、どちらかと言えば縦へ縦へ、または、裏のスペースへ走ってボールを受けて、というタイプの選手たちが多かったのだが、ベネズエラの選手たちは足元でボールを受けてから仕掛けるタイプが多かったので、これは日本の選手たちにとっては対応しやすかった。特にDFラインの選手たちは対応しやすかったと思う。



○ 最新エントリー

【2017/06/08】 シリア戦 【 本田か岡崎か。原口か乾か。昌子か槙野か。ボランチも。 】

○ 過去エントリー

【2017/06/03】 ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのか。どこが修正されていたのか。

【2017/06/01】 選手短評。Uー20W杯2017。

【2017/05/31】 ベネズエラ戦(Uー20) 【 この大会に出場した事の本当の価値は。 】

【2017/05/30】 「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。

【2017/05/29】 【 香川真司 】 EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのように。 【 フランクフルト vs ドルトムント 】

【2017/05/28】 イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】

【2017/05/27】 引き分けにする事が最優先のイタリア戦。

【2017/05/26】 親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。

【2017/05/25】 ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】

【2017/05/23】 【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/05/22】 南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

【2017/05/16】 ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。

【2017/05/15】 【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】

【2017/05/14】 【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】

【2017/05/10】 岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?

【2017/05/08】 【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】

【2017/05/07】 【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】

【2017/05/02】 【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/05/01】 【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フィリピンに8ゴール圧勝で残り3試合へ!中国代表【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ピタリと止める、ピラリと合う(日本対シリア)【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

日本VSシリア戦 ~イラク戦に勝つための道しるべ~【J's Football Fan】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:901
  • 累計のページビュー:24282614

(07月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss