FCKSA66

選手短評。Uー20W杯2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

GK 小島亨介 波多野豪 山口瑠伊 DF 中山雄太 冨安健洋 DF 舩木翔 杉岡大暉 初瀬亮 藤谷壮 MF 坂井大将 市丸瑞希 板倉滉 原輝綺 MF 三好康児 遠藤渓太 堂安律 FW 久保建英 高木彰人 FW 小川航基 岩崎悠人 田川亨介

小川航基

初戦の南アフリカ戦で1ゴール。 そういう意味でも怪我での離脱は残念だった。 五輪代表でも主軸FWとして期待したい。

岩崎悠人

4試合に出場したが無得点だったのは残念だった。 但し、ある程度の持ち味は出せていたと思う。 岡崎タイプとしての期待がある。

久保建英

テクニック面では通用していたと思う。 これから身体面での強さが身に付けば期待は大。 再び海外でプレイする事にも期待したい。

田川亨介

なかなか持ち味を発揮できなかった。 高さもスピードもあるのでポテンシャルはあるが。 全てはこれから次第かなと。

高木彰人

ベネズエラ戦で決めきれなかったのが悔やまれる。 ウルグアイ戦の交代は久保ではなく高木、 イタリア戦のスタメンは田川ではなく高木でも良かったかも。

三好康児

良いボールの受け方はできていたと思う。 しかし、相手のフィジカルの強さに苦戦していたかなと。 まずはそこの課題を克服してもらいたい。

堂安律

4試合で3ゴールと活躍。 守備も頑張っていたし、攻守に高い存在感だった。 フル代表の末席に加えておくのも有りかなと。

遠藤渓太

ドリブルとクロスで良さを見せた。 良いボールの受け方もできていたと思う。 守備面を強化すれば五輪のSHの主力になれるかなと。

坂井大将

強度の高い試合で、どれだけ持ち味を発揮できるか。 やはりそこが鍵になってくると思う。 これからの攻守両面でのレベルアップに期待したい。

市丸瑞希

回数は少ないながらも攻撃面のセンスは光った。 しかし、強度の高い試合で、どれだけ持ち味を発揮できるか、 という事が、やはりこれからの課題になると思う。

原輝綺

少しずつパフォーマンスが安定していったと思う。 特に守備面でのパフォーマンスは少しずつ良くなっていった。 但し、パスミスが少し目立ったかなと。

板倉滉

良いアンカーになれそうなポテンシャルを感じた。 高さもあって足元の技術力も悪くない。 もっと判断力を上げれば五輪の主力ボランチになれるかなと。

舩木翔

南アフリカ戦とウルグアイ戦に出場。 しかし、その後に出番が無かったように、 少し攻守両面で精彩を欠いたかなと。

杉岡大暉

イタリア戦とベネズエラ戦に出場。 イタリア戦は立ち上がりに守備で悪さがあったが、 ベネズエラ戦は堅守に高く貢献した。

初瀬亮

南アフリカ戦とイタリア戦に出場。 全体的にSBが苦しんだ大会だったが、 これからの攻守両面でのレベルアップに期待したい。

藤谷壮

ウルグアイ戦とベネズエラ戦に出場。 攻守にそこそこのパフォーマンスだったが、 ベネズエラ戦は堅守に高く貢献した。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

FIFA U-20ワールドカップ 日本代表の立ち位置【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ベネズエラ戦(Uー20) 【 この大会に出場した事の本当の価値は。 】【FCKSA66】

「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2785
  • 累計のページビュー:24382230

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss