FCKSA66

「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「4-4」による守備ブロック、4バック、 最も守り難い場所はCBとSBの間のところ。 それは文字通りCBとSBの間のスペースを指す事もあれば、 サイドのやや中央寄りというスペースを指す場合もあるが、 とにかくそこのスペースが最も守り難い。

例えば、なでしこジャパンは恒常的にそこが弱点で、 強豪が相手だと意図的にそこを狙われている場合が多く、 縦にでもダイアゴナルにでも、 そこをスピードでぶち抜かれて失点になる場合が多い。 あるいはサイドの裏を取られてからそこで崩されてという場合も多い。

従って、「4-4」による守備ブロック、4バック、というのは、 コンパクト性やラインコントロールも重要なのだが、 そのスペースをどう守るのか、という事が重要なポイントであり、 ロングボールで狙われる場合はFWのファーストディフェンスが鍵だが、 もう1つ重要なのはSBとSHとボランチの連携。

その連携というのは、簡単に言えば、 SBかSHかボランチが、そこのスペースを必ず埋める、 あるいは、そこのスペースに入って来る選手に必ず対応する、という事。 それはボールが同サイドにあっても逆サイドにあっても同じで、 なるべくそこをCBに対応させない事がポイント。

「4-4」による守備ブロック、4バック、 その堅守を生み出す組織性というのは、 CBとSBの間のスペースを守れるのか、という事にも大きな比重があり、 ゴール前やバイタルエリアと同じぐらいの重要度を持つ。 その3つのゾーンの強度が堅守の強度だと言っても構わない。

そして、そこのゾーンを守る大きなポイントとなるのは、 あるいは、そのための連携を作る大きなポイントとなるのは、 まずはSBやSHやボランチのポジショニングであり、 約束事をしっかり守り、常にポジショニングで間違いを犯さない事、 常に3つのポジションの選手が連動して動く事が重要になる。

後は、そこでの1対1での対応や、 複数で対応した場合には、そこでの奪いきれる力、という事になるが、 組織性の薄さを個の力でカバーできるぐらいの、 圧倒的な個の力があるならばともかく、そうではない場合は、 とにかくポジショニングと3人のよる連動性が重要。

「4-4」による守備ブロック、4バック、 最も守り難い場所はCBとSBの間のところで、 そこを守るためには常にポジショニングで間違いを犯さない事と、 SBとSHとボランチの連携、連動性が重要であり、 またそれはボールが同サイドにあっても逆サイドにあっても同じ。



○ 最新エントリー

【2017/05/31】 ベネズエラ戦(Uー20) 【 この大会に出場した事の本当の価値は。 】

○ 過去エントリー

【2017/05/30】 「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。

【2017/05/29】 【 香川真司 】 EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのように。 【 フランクフルト vs ドルトムント 】

【2017/05/28】 イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】

【2017/05/27】 引き分けにする事が最優先のイタリア戦。

【2017/05/26】 親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。

【2017/05/25】 ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】

【2017/05/23】 【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/05/22】 南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

【2017/05/16】 ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。

【2017/05/15】 【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】

【2017/05/14】 【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】

【2017/05/10】 岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?

【2017/05/08】 【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】

【2017/05/07】 【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】

【2017/05/02】 【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/05/01】 【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】

【2017/04/30】 【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/04/29】 【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】

【2017/04/28】 【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】

【2017/04/27】 【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】

【2017/04/25】 【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】

【2017/04/21】 宇佐美貴史がやるべき事。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

負けてしまった・・・けど、順当【サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”】

2017:U-20W杯:ラウンド16:中立:vsベネズエラ「消極的采配で流れを失い敗れる」【蹴鞠談議2】

イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1366
  • 累計のページビュー:24298633

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss