FCKSA66

【 香川真司 】 EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのように。 【 フランクフルト vs ドルトムント 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :DFBポカール 決勝 開催日:2017年5月27日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「1-2」 得点者:デンベレ レビッチ オーバメヤン(PK)

【 ドルトムント 】

FW オーバメヤン MF ロイス デンベレ MF ゲレイロ 香川真司 ギンター ピシュチェク DF シュメルツァー ソクラティス バルトラ GK ビュルキ

FW オーバメヤン MF プリシッチ デンベレ MF ゲレイロ 香川真司 カストロ ピシュチェク DF バルトラ ソクラティス ギンター GK ビュルキ

もしかしたら最初は、香川の位置はもう1つ高かったかもしれないが、前半の途中からは、完全にボランチと言えるような位置だったと思う。前半8分にデンベレの得点でドルトムントが先制。しかし、前半29分、同点に追い付かれてしまうと、前半はスコア「1-1」で終了した。ドルトムントの場合、アンカー的な役割がヴァイグルでも他の選手でも、もう1枚のボランチ的な選手が香川でも他の選手でも、どうしても最終ラインと中盤の底のゾーンというのは守備力が脆弱で、そこは結局最後まで変わらなかった。

ただ、攻撃については、選手が多く入れ替わりながらも、少しの波はありながらも、ある程度は高い威力を保ってきたので、後半22分、アタッキングサードでの良い仕掛けからPKを獲得し、そのPKをオーバメヤンが決めて2点目。という事で、そのまま試合はスコア「1-2」で終了し、DFBポカールはドルトムントの優勝、という事になった。今季のドルトムントについては、すごく良かった、という印象はなかったが、リーグ戦は3位、DFBポカールは優勝、という事で、結果としては上々だったと言える。

そして、この試合の香川については、前述もしたように、ほぼボランチとして90分間プレイしたと言えると思うが、1点目は起点になったとも言えるし、少し低い位置からでもゴール前でDFラインの裏へ抜け出してチャンスを作ったシーンもあったし、守備もそれなりには頑張っていたから、及第点のパフォーマンスだったかなと。個人的には、これからの香川に期待しているのは、EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのような働きで、おそらくは日本代表でもドルトムントでもそうなってくると思う。



○ 最新エントリー

【2017/05/30】 「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。

○ 過去エントリー

【2017/05/29】 【 香川真司 】 EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのように。 【 フランクフルト vs ドルトムント 】

【2017/05/28】 イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】

【2017/05/27】 引き分けにする事が最優先のイタリア戦。

【2017/05/26】 親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。

【2017/05/25】 ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】

【2017/05/23】 【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/05/22】 南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

【2017/05/16】 ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。

【2017/05/15】 【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】

【2017/05/14】 【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】

【2017/05/10】 岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?

【2017/05/08】 【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】

【2017/05/07】 【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】

【2017/05/02】 【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/05/01】 【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】

【2017/04/30】 【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/04/29】 【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】

【2017/04/28】 【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】

【2017/04/27】 【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】

【2017/04/25】 【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】

【2017/04/21】 宇佐美貴史がやるべき事。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデス 16-17
タグ:
ドルトムント
香川真司

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ルチャレル・ヘールトライダとプロ契約【我がフェイエノールト】

ドンナルンマを取り巻く情勢の変化【G&AC】

ファン・デル・ハイデンと2020年まで契約延長【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1345
  • 累計のページビュー:24617651

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss