FCKSA66

イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :Uー20W杯 グループステージ 第3戦 開催日:2017年5月27日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:オルソリーニ パニコ 堂安律×2

FW 岩崎悠人 田川亨介 MF 遠藤渓太 原輝綺 市丸瑞希 堂安律 DF 杉岡大暉 中山雄太 冨安健洋 初瀬亮 GK 小島亨介

スコア「2-2」の引き分けならば、というのは、そうなる可能性もそうだし、意図的に狙うようなスコアでもないので、という事だったが、結果としてはそうなり、これで2位となったイタリアも、3位となった日本も、どちらの国も決勝トーナメントへの進出を決めた。お互いに終盤は攻めない試合展開になったが、今大会のレギュレーションがそうなっているのだから、それをしっかりと活かすのが当然であると言える。

という事で、1つの目標は達成できたが、もちろん、グループステージの3試合の戦い方に、やはり大きな課題が残ったのは否めない。第1戦の南アフリカ戦は交代采配が当って逆転できたが、第3戦のイタリア戦は堂安の個の力とイタリアも引き分けで良いという状況によって引き分けにできたが、3試合いずれでも失点、3試合で5失点、しかも必ず先制点を与えている、という事については、大きな問題があると言える。

特にDFラインの裏を簡単に取られてしまう傾向があるので、そういう意味では、少しDFラインを下げる、それに伴い、全体的に少し守備の設定位置を下げる、という守備方法の修正が必要なのではないだろうか。試合の立ち上がりは特に、少し全体的に低い位置から入り、そこから、感触を確かめながら少しずつ守備の設定位置を上げる、という方法が良いと思う。トーナメントステージはノックアウト方式でもあるので。

そして、攻撃については、小川が不在になり、やはり苦しくなっているのは確かだが、堂安と久保は、テクニックの部分では通用しているし、三好、遠藤、岩崎、という3人は、良いボールの受け方はできているので、後は約束事をしっかりとして、ワンタッチやツータッチ以内でのパスで相手のDFラインの裏を取る、という事ができれば、チャンスは多く作り出せると思う。そこに堂安や久保が絡めば得点は取れると思う。

とにかく、3位での進出であろうと関係無いし、相手がどこであろうと、グループステージの状態のままの日本であれば勝利を望むのは難しいと思うから、そこをきちんと監督も選手も自覚して次の試合に挑んでもらいたい。重要なのは、少しでも、前の試合よりも良くなっている事、個としてもチームとしても成長している事で、結局はそれが勝利の大きなポイントになると思う。1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。



○ 最新エントリー

【2017/05/29】 【 香川真司 】 EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのように。 【 フランクフルト vs ドルトムント 】

○ 過去エントリー

【2017/05/28】 イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】

【2017/05/27】 引き分けにする事が最優先のイタリア戦。

【2017/05/26】 親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。

【2017/05/25】 ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】

【2017/05/23】 【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/05/22】 南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

【2017/05/16】 ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。

【2017/05/15】 【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】

【2017/05/14】 【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】

【2017/05/10】 岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?

【2017/05/08】 【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】

【2017/05/07】 【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】

【2017/05/02】 【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/05/01】 【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】

【2017/04/30】 【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/04/29】 【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】

【2017/04/28】 【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】

【2017/04/27】 【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】

【2017/04/25】 【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】

【2017/04/21】 宇佐美貴史がやるべき事。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

U-20ワールドカップ2017 日本はベネズエラと5/30に対戦! 決勝トーナメント組み合わせ決定! 【0 to zeroのhorizon】

U-20W杯/堂安のSUPER☆GOALで追い付いた日本が決勝T進出!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

【侍青の風】U20のエース、堂安律の本領発揮!(イタリア戦2-2)【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24564695

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss