FCKSA66

引き分けにする事が最優先のイタリア戦。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グループAはイングランドと韓国がグループステージ突破を決め、アルゼンチンが勝点3で3位という結果になった。グループBはベネズエラとメキシコがグループステージ突破を決め、ドイツが勝点4で3位という結果になった。グループCはザンビアが第3戦を残して既にグループステージ突破を決めたが、3位には勝点4の国が入る可能性がある。グループEはフランスが第3戦を残して既にグループステージ突破を決めたが、ここも3位には勝点4の国が入る可能性がある。そして、グループFはまだグループステージ突破を決めた国は無いが、ここも3位には勝点4の国が入る可能性がある。

という事で、第3戦を終えた時点で、3位が勝点4になる可能性があるグループは、日本のグループDも含めると、ドイツ+4で5つ、という事になった。従って、グループDの第3戦のイタリア対日本というのは、イタリアは引き分けでも2位になるのでグループステージを突破でき、一方の日本も引き分けで勝点4の3位になれば、各グループの3位の4つの成績上位国もグループステージを突破できるので、グループステージ突破の可能性は80%ぐらいある、という事になる。だが、確率は80%と高くても、それはあくまで確率なので、確実ではないので、そこがやはり難しさになってくる。

特に重要なのは、同日の日本対イタリアの前に行われるグループCの試合で、ポルトガルやコスタリカが勝って3位になった場合は、日本対イタリアが引き分けでもポルトガルやコスタリカが上になり、そうなると確率は60%ぐらいに下がってしまうので、やはり日本はイタリアに勝っておきたい。しかし、ポルトガルやコスタリカが引き分けや負けで3位になった場合には、ポルトガルやコスタリカは勝点2か1での3位という事になるので、日本はイタリアに引き分けて勝点4にすれば、確実にグループステージを突破できる事になる。従って、それにより日本の戦い方は大きく左右されてくる。

引き分けでも確実にグループステージを突破できる、という事になった場合には、イタリアも引き分けで2位になれるので、イタリアが引き分けでも良しとするような戦い方をしてきた場合には、日本も同じように引き分け狙いで戦えば良い。無理に攻めず時間を消費させれば良い。それから、もし確率が60%の方になったとしても、グループEの勝点4の3位よりは日本の方が上になる可能性が高いと思うので、そういう意味では、とにかく引き分ける事が最優先だと言える。もちろん、イタリアに勝てば文句無しの突破にはなるが、やはり、大人な状況判断や考え方で戦う事もするべきだと思う。



○ 最新エントリー

【2017/05/28】 イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】

○ 過去エントリー

【2017/05/27】 引き分けにする事が最優先のイタリア戦。

【2017/05/26】 親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。

【2017/05/25】 ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】

【2017/05/23】 【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/05/22】 南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

【2017/05/16】 ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。

【2017/05/15】 【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】

【2017/05/14】 【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】

【2017/05/10】 岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?

【2017/05/08】 【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】

【2017/05/07】 【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】

【2017/05/02】 【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/05/01】 【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】

【2017/04/30】 【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/04/29】 【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】

【2017/04/28】 【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】

【2017/04/27】 【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】

【2017/04/25】 【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】

【2017/04/21】 宇佐美貴史がやるべき事。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

おお、引き分け【サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”】

2017 U-20W杯  日本代表  イタリア戦小感【ニコ小鉢その2(仮)】

2017:U-20W杯:グループステージ:3節:中立:vsイタリア「暗黙の了解」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1943
  • 累計のページビュー:24581418

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss