FCKSA66

南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :Uー20W杯 グループステージ 第1戦 開催日:2017年5月21日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:マージマン 小川航基 堂安律

FW 岩崎悠人 小川航基 MF 三好康児 板倉滉 坂井大将 堂安律 DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 初瀬亮 GK 小島亨介

FW 久保建英 小川航基 MF 遠藤渓太 原輝綺 坂井大将 堂安律 DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 初瀬亮 GK 小島亨介

守備については、このチームはMFのラインの守備力があまり高くないので、DFライン、特に中山と富安のCBコンビの守備力、やはりそこが生命線で、初戦という事もあったと思うし、前半、特に最初の方は、なかなか上手く対応できていなかったが、後半は上手く対応できるようになり、それが1失点で済んだ要因になったと思う。しかし、3失点ぐらいはしていてもおかしくない守備ではあったので、やはりそれは、SB、そして、特にボランチだがMFの4枚、そこの守備力の弱さや対応の悪さが原因になっていたから、次の試合は、組織としても個としても、そこを意識して試合に臨んでもらいたい。

攻撃については、相手が「4-1-4-1」で、アンカーの横にスペースが有り、特に日本の左サイドの方が、そのスペースを起点にして縦へ抜けやすかったので、その形から2得点を奪えて良かったと思う。途中で交代となったが、三好と岩崎がそこに攻略の糸口を見つけていたし、そして、後半3分の同点後の後半14分に久保、後半23分に遠藤を入れ、上手く交代采配で左サイドを活性化し、それが当っての見事な逆転劇だった。ただ、やはり攻撃でも、SBとボランチのパフォーマンスがもう少し良ければ、という印象はあって、そこのポジションの選手たちは、危機感を持ってプレイしてもらいたい。

初戦で勝てた事は大きかったと思うし、3位までグループステージ突破の可能性はあるが、おそらく、ウルグアイとイタリアは南アフリカよりも実力上位だと思うから、この初戦のようなパフォーマンスだと勝てないのではないだろうか。とにかく、良い成績を残すためには、大会前に云々という事もあるが、やはり、チームとしても個としても、大会に入ってからの成長、という事が大きなポイントになると思うから、それを自覚しながら戦ってもらいたい。ちなみに、久保建英については、やはりまだ身体的な弱さというのは当然あるので、試合がオープンになったら投入、という使い方がベストなのかなと。



○ 最新エントリー

【2017/05/23】 【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】

○ 過去エントリー

【2017/05/22】 南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

【2017/05/16】 ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。

【2017/05/15】 【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】

【2017/05/14】 【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】

【2017/05/10】 岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?

【2017/05/08】 【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】

【2017/05/07】 【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】

【2017/05/02】 【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/05/01】 【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】

【2017/04/30】 【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/04/29】 【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】

【2017/04/28】 【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】

【2017/04/27】 【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】

【2017/04/25】 【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】

【2017/04/21】 宇佐美貴史がやるべき事。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ワクワクの水曜日。ハラハラ・ドキドキの火曜日。【「読裏クラブ」のワンツー通し】

U-20勝つには勝ったが・・・【サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”】

ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24399675

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss