FCKSA66

【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :ブンデスリーガ 第31節 開催日:2017年4月29日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者:

【 ドルトムント 】

FW オーバメヤン MF ロイス 香川真司 プリシッチ MF カストロ ヴァイグル DF シュメルツァー ギンター ソクラティス ドゥルム GK ビュルキ

FW オーバメヤン MF ゲレイロ デンベレ プリシッチ MF カストロ ヴァイグル DF シュメルツァー ギンター ドゥルム ピシュチェク GK ビュルキ

香川のアシストになりそうなシーンが数回あったが、いずれもオフサイドなどでアシストにはならなかったし、交代直前には右からのクロスに香川がシュートを放ったシーンもあったが、それもゴールマウスを大きく外れてしまい、この試合の香川は後半21分で交代となった。前々節ぐらいから、少し香川のバイオリズムは落ちている感じで、チャンスも作ったが消えている時間も多く、交代も仕方がないかなという印象だった。

ちなみに、2つの選択肢というのは、ポジションや役割的に1.5列目の方向性か、ポジションや役割的に2.5列目の方向性か、という事なのだが、ドルトムントで2連覇した時代以降というのは、短い絶好調の時や相手の守備が弱い時には1.5列目でも活躍できるが、そうではない時には、あまり1.5列目では活躍できない傾向が続いていて、それはクラブでも代表でも同じであり、そこを続けるためには個での打開力が安定しない。

一方、2.5列目というのは、攻撃的なポジションに個で打開するような選手たちを揃えたとしても、その中に組み込む事ができるし、守備的な戦い方をするにおいて、少し低い位置でリンクマンとなる重要な役割を担う事ができる。例えばそれは、代表における香川の実力を考えれば、という事ではなく、戦い方という戦術において、香川に任せられるポジションや役割があるのか、という事であり、特に守備的な戦術の中での事。

ドルトムントであればCLのベスト8以上や対バイエルン、代表であればW杯、やはりそこでは守備的な戦術で戦う事が求められ、その中で香川は1.5列目の方向性でポジションを掴むのか2.5列目の方向性でポジションを掴むのか、という事。どちらにしても、個での打開力であったり、守備力であったり、まだ成長しなければならないが、その成長の方向をどちらに進めるのか、という事を、今の香川は決めた方が良いかなと思う。



○ 最新エントリー

【2017/05/01】 【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】

○ 過去エントリー

【2017/04/30】 【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/04/29】 【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】

【2017/04/28】 【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】

【2017/04/27】 【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】

【2017/04/25】 【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】

【2017/04/21】 宇佐美貴史がやるべき事。

【2017/04/20】 【 香川真司 】 まだ好調を維持している。 【 モナコ vs ドルトムント 】

【2017/04/19】 【 岡崎慎司 】 パフォーマンスは良かったが戦術的に仕方ない交代だった。 【 レスター vs A・マドリード 】

【2017/04/18】 【 武藤嘉紀 】【 原口元気 】 頑張っている割には効いていないと定まってきている方向性。 【 マインツ vs ヘルタ 】

【2017/04/17】 【 宇佐美貴史 】【 大迫勇也 】 まだ変わらない状況と怪我明けの影響。 【 アウグスブルク vs ケルン 】

【2017/04/16】 【 香川真司 】 代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】

【2017/04/14】 【 岡崎慎司 】 1回あった得点機を決めてもらいたかった。 【 A・マドリード vs レスター 】

【2017/04/13】 【 香川真司 】 1ゴール1アシスト。完全に復活した? 【 ドルトムント vs モナコ 】

【2017/04/10】 コスタリカ戦(女子) 【 日本の良さが100%近く発揮された試合だった。 】

【2017/04/06】 【 香川真司 】【 酒井高徳 】 1ゴール1アシストの香川。現在は絶好調。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】

【2017/04/05】 【 岡崎慎司 】 監督交代後は常にスタメンで6連勝。 【 レスター vs サンダーランド 】

【2017/04/04】 【 香川真司 】 1アシスト。代表戦から戻っても好調を維持。 【 シャルケ vs ドルトムント 】

【2017/04/03】 【 乾貴士 】 ようやく今季の初ゴールを決める。 【 ビジャレアル vs エイバル 】

【2017/04/02】 【 岡崎慎司 】 そろそろ得点も取れそうな気配が漂ってきた。 【 レスター vs ストーク 】

【2017/04/01】 香川の2.5列目と「4-4-1-1」について。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデス 16-17
タグ:
ドルトムント
香川真司

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

KNVB-bekerfinale結果 "巨人"リッキー・ファン・ヴォルフスヴィンケルの2ゴールでフィテッセが125年目の初タイトル【我がフェイエノールト】

アーセナル……泣【プレミア雑記】

アトレティコ・マドリー対ビジャレアル 均衡を破ったエスクリバ【フトボル男】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2352
  • 累計のページビュー:24177488

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss