FCKSA66

【 宇佐美貴史 】【 大迫勇也 】 まだ変わらない状況と怪我明けの影響。 【 アウグスブルク vs ケルン 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :ブンデスリーガ 第29節 開催日:2017年4月15日 結果 :アウグスブルク勝利 スコア:「2-1」 得点者:ヒンテレッガー フェルハーフ(PK) O.G.

【 アウグスブルク 】

FW アルティントップ フィンボガソン MF 宇佐美貴史 バイアー ク・ジャチョル シュミット DF マックス ヒンテレッガー ダンソ フェルハーフ GK ヒッツ

FW フィンボガソン MF チ・ドンウォン アルティントップ ク・ジャチョル ティグル MF コール DF マックス ヒンテレッガー ダンソ フェルハーフ GK ヒッツ

それほど攻撃は機能していなかったが、前半5分にCKから先制点を奪い、前半23分にはPKを獲得して2点目。そして、後半の途中からは「4-1-4-1」に変更し、後半20分にはオウンゴールで失点したが、後半44分にはク・ジャチョルが退場となりながらも、そのまま逃げ切って勝利を収めた。左SHとしてスタメン出場だった宇佐美は後半27分にチ・ドンウォンと交代。あまり良いアピールはできなかった。

守備を頑張ろうという意欲はあったが、相手の右SBへの対応に苦戦していたし、攻撃では、やはりボールに触れる回数が少なく、まだ状況は改善されていないかなと。後半27分で交代になったが、むしろ、そこまでよく我慢して使ってもらった感じだったと思う。但し、守備を頑張ろうという意欲を明確に示している事が、おそらくスタメンでの起用につながったと思うし、まずはそこからという意味では良かったと思う。

【 ケルン 】

FW モデスト 大迫勇也 MF ビッテンコート ヨイッチ レーマン クレメンス DF ヘクトル ハインツ ソレンソン クランター GK ホルン

FW ルドネフス モデスト MF 大迫勇也 ヘーガー レーマン ツェラー DF ヘクトル ハインツ ソレンソン クランター GK ホルン

怪我から復帰してきた大迫だが、なかなかそこにボールが収まらず、それから、前半で2点のビハインドにもなったからだと思うが、ケルンは後半のスタートからヨイッチとクレメンスとの交代でルドネフスとツェラーを入れ、大迫をボランチへと移動。しかし、それもあまり機能せず、後半16分、ビッテンコートとの交代でヘーガーを入れ、大迫を左SHへと移動。そして、後半20分にようやくCKから1得点を奪った。

大迫については、前半6分頃にあったチャンスで、右からのクロスにフリーの状態できちんと足で合わせられなかったり、やはり、怪我明けの影響はあったかなと。CFのポジションが一番とは言え、フィジカル・コンディションが良ければボランチでもSHでも、それなりに良いパフォーマンスを発揮できるので、とにかくフィジカル・コンディションを戻す事が今は重要だと思う。3試合ぐらいを目処に戻してもらいたい。



○ 最新エントリー

【2017/04/18】 【 武藤嘉紀 】【 原口元気 】 頑張っている割には効いていないと定まってきている方向性。 【 マインツ vs ヘルタ 】

○ 過去エントリー

【2017/04/17】 【 宇佐美貴史 】【 大迫勇也 】 まだ変わらない状況と怪我明けの影響。 【 アウグスブルク vs ケルン 】

【2017/04/16】 【 香川真司 】 代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】

【2017/04/14】 【 岡崎慎司 】 1回あった得点機を決めてもらいたかった。 【 A・マドリード vs レスター 】

【2017/04/13】 【 香川真司 】 1ゴール1アシスト。完全に復活した? 【 ドルトムント vs モナコ 】

【2017/04/10】 コスタリカ戦(女子) 【 日本の良さが100%近く発揮された試合だった。 】

【2017/04/06】 【 香川真司 】【 酒井高徳 】 1ゴール1アシストの香川。現在は絶好調。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】

【2017/04/05】 【 岡崎慎司 】 監督交代後は常にスタメンで6連勝。 【 レスター vs サンダーランド 】

【2017/04/04】 【 香川真司 】 1アシスト。代表戦から戻っても好調を維持。 【 シャルケ vs ドルトムント 】

【2017/04/03】 【 乾貴士 】 ようやく今季の初ゴールを決める。 【 ビジャレアル vs エイバル 】

【2017/04/02】 【 岡崎慎司 】 そろそろ得点も取れそうな気配が漂ってきた。 【 レスター vs ストーク 】

【2017/04/01】 香川の2.5列目と「4-4-1-1」について。

【2017/03/31】 タイ戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。本田圭佑。清武弘嗣。宇佐美貴史。 】

【2017/03/30】 タイ戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。久保裕也。香川真司。酒井高徳。山口蛍。 】

【2017/03/29】 タイ戦 【 ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣だったから。 】

【2017/03/28】 ダイアゴナル。大きなワンツー。DFラインを破るドリブル。

【2017/03/27】 タイ戦のスタメンについて。

【2017/03/26】 UAE戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。岡崎慎司。 】

【2017/03/25】 UAE戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。今野泰幸。香川真司。山口蛍。 】

【2017/03/24】 UAE戦 【 素晴らしかった結果と今野のパフォーマンス。しかし守備と交代采配には問題や不満も。 】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデス 16-17
タグ:
ケルン
大迫勇也
アウクスブルク
宇佐美貴史

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

好調アトレティコがPKは成功率38%のワースト記録を更新中【ジョルディのバルセロナ通信】

ベティス 2-0 エイバル:乾は後半フル出場も評価はイマイチ【ジョルディのバルセロナ通信】

リーガ・エスパニョーラ第32節 vスポルティング【レアルマドリードのある生活】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2075
  • 累計のページビュー:24122637

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss