FCKSA66

タイ戦 【 ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣だったから。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :ロシアW杯アジア最終予選 第7戦 開催日:2017年3月28日 結果 :日本代表勝利 スコア:「4-0」 得点者:香川真司 岡崎慎司 久保裕也 吉田麻也

FW          岡崎慎司 MF   原口元気   香川真司   久保裕也 MF       酒井高徳  山口蛍 DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣

FW          岡崎慎司 MF   宇佐美貴史  清武弘嗣   本田圭佑 MF       酒井高徳  山口蛍 DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣

ハリルホジッチのサッカーは格下向きではない。互角もしくは格上向きである。という事はあるので、結果はともかく、タイ相手にこういう感じの内容の試合になってしまったのは、やはり仕方がない部分もあったのかなと。大迫が岡崎に、今野が酒井高徳に、そして、「4-1-4-1」から「4-2-3-1」になっていたが、基本的にコンセプトとしてのスタメンのメンバーはアウェイのUAE戦と同じで、もっと言えば、大迫が岡崎になっていた事で、よりカウンター向きになっていた、という事も言える。

思ったよりもタイがリトリートした戦い方ではなかったので、そのおかげで4得点を奪う事はできたが、もしタイがシンガポールのようにリトリートしてきたら、やはりなかなか得点を奪えずに苦戦したと思うし、なぜ日本が想像以上に攻められてしまったのか、あるいは、なぜ日本が想像以上にタイに主導権を握られてしまったのか、というのは、原因が明確だったと思う。それはなぜかと言えば、相手との力関係や相手の戦い方を考えた場合に、ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣であったから。

守備には大きく2つの方法があって、1つには堅守型、2つにはポゼッション型。堅守型の守備というのは、簡単に言ってしまえば、相手にボールを持たせ、あえて相手に攻めさせる守備の事。そして、ポゼッション型の守備というのは、簡単に言ってしまえば、自分たちが圧倒的にボールを支配して、相手に攻撃をさせない守備の事。という事は、どう考えても、タイと日本の力関係やタイの戦い方を考えた場合には、日本はポゼッション型の守備をしなければならなかったのだが、それ向きの布陣ではなかった。

岡崎、原口、久保、という3人もそうであるし、ボランチ、あるいは、中盤の1枚に酒井高徳というのは、明らかにポゼッション向きではないし、GK川島もそうだと言える。従って、ポゼッションしようとした時に、または、ポゼッションするべき時に、ミスが多かったり連携が悪かったりしてポゼッションできず、ボールをすぐに自滅でロストしたり奪われたりして、それが、日本が想像以上に攻められてしまった、あるいは、日本が想像以上にタイに主導権を握られてしまった、その明確な原因だったと思う。

ちなみに、森重を筆頭に、DFラインの選手たちにパスミスや突っ掛けられての危ないシーンが多かったと思うのだが、それはDFラインの選手たちのせいだけであるとは言えない。その原因の1つは、特に酒井高徳と山口のダブルボランチがそうだったが、岡崎、原口、久保、という3人も含めてそうで、場合によってはGK川島もそうで、ビルドアップの時のプレイ、動き方、ポジショニング、ボールの受け方、それが悪かったからだと言える。従って、大勝ではあったが、采配としては失敗の方だったかなと。

しかし、もちろん、W杯においては、タイのような格下と戦う事はまず無いし、残りの最終予選の試合も、対戦相手はイラクとオーストラリアとサウジアラビアであるから、そして、イラク戦とサウジアラビア戦はアウェイであるから、この先は日本がポゼッション型の守備で戦う試合は無いと思うので、そういう意味では問題無いと言えるし、むしろ、ハリルホジッチのサッカーが、格下向きではない、互角もしくは格上向きである、というのは心強いしありがたい。そうである方がW杯では大きな希望が持てる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

偶然が呼び込んだ必然の勝利【サッカーバカのブログ】

何だこりゃ?【ゆるゆるレッズサポ】

2017:A代表:ワールドカップアジア最終予選:7戦目:H:vsタイ「一躍攻撃の要となった14久保 裕也、若手抜擢で勝利を呼び込んだハリル采配」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24572261

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss