FCKSA66

UAE戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。今野泰幸。香川真司。山口蛍。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫勇也

サウジアラビア戦に続き、とても良いパフォーマンスだった。今回は何人かそういう選手がいたが、クラブでの好調さを、そのまま出せていた選手の一人だったと思う。巧みさは以前からあったが、そこにタフさが加わり、全盛期の高原かそれ以上のCFになりつつあるかなと。ポストプレイだけではなく、得点は取れなかったが、巧みな動きからの右足でのシュートや左からのクロスに合わせたヘディングシュートなども良かった。

原口元気

ハリルジャパンの心臓と言えるような選手になった気がする。以前にも書いたが、テクニック系の選手よりも、岡崎とか、長谷部とか、長友とか、そういうタフなタイプの選手が、実はザックジャパンの頃から代表チームを支えてきたのだが、この系譜はやはり日本サッカーのストロング・ポイントだと思う。右SH(ウイング)が本田ではなく久保であると、より守備的なプレイを求められる事になるが、今はそれがベターかなと。

久保裕也

現在の最も旬な選手は久保なのかもしれない。ヤングボーイズ時代よりも、ヘントに移籍してからの方が好調だが、中央だけでなくサイドでも使えるとなれば、代表での需要は一気に高くなると言える。手倉森ジャパン時代も、かなり守備面での貢献度は高かったし、そういう意味でも、ハリルジャパンにフィットする選手なのかなと。スタミナ面の問題が解決されれば、ロシアW杯の中心メンバーになる可能性も高い。期待したい。

今野泰幸

元々は、ボランチであっても攻撃的な役割を得意とするタイプの選手だったのだが、しかし、戦力不足から、アンカー、CB(ザックジャパンではビルドアップの部分を期待されてのCB起用だったという側面もあるが)、SB、というポジションを主に担ってきて、そうである事に苦しんできた、という事も言えると思うのだが、ようやく、最近になって再び、最も得意とする役割でクラブでも使われるようになり、再開花かなと。

香川真司

過去は違ったかもしれないが、近年の香川が最も活かされるポジションや役割は、やはり2.5列目だと思う。長谷部や遠藤保仁も、元々はトップ下の選手だったし、ベテランになるに連れて適正ポジションが下がっていく、というのはよくある事で、それから、遠藤保仁の後継者的な選手は、柴崎や大島などが存在しているが、その2つの世代の間を埋める同系統の2.5列目の選手は香川になると思う。復活もそこがポイントだと思う。

山口蛍

攻撃的な役割を得意とするボランチだと思うが、トリプルボランチのサイドボランチ的な役割はあまり得意ではなく、ダブルボランチの1枚として、という役割が、現在は最も得意としていると思うが、しかし、将来的には、アンカーがベストな選手になると思っていて、過去の選手であればデシャン、現在の選手であればカンテ、そういうタイプの選手になってもらいたいと思っている。その資質があるのではないかと思っている。



○ 最新エントリー

【2017/03/26】 UAE戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。岡崎慎司。 】

○ 過去エントリー

【2017/03/25】 UAE戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。今野泰幸。香川真司。山口蛍。 】

【2017/03/24】 UAE戦 【 素晴らしかった結果と今野のパフォーマンス。しかし守備と交代采配には問題や不満も。 】

【2017/03/23】 選手の距離感。セットプレイ。守備の設定位置と個々の選手の粘り強い対応。

【2017/03/22】 UAE戦のスタメンについて。交代で対応できるプランを。

【2017/03/21】 【 乾貴士 】 壁を乗り越えられない原因。 【 エイバル vs エスパニョール 】

【2017/03/20】 【 大迫勇也 】 1ゴール1アシスト。半端ない大迫を代表戦でも見せて欲しい。 【 ケルン vs ヘルタ 】

【2017/03/19】 【 岡崎慎司 】 4試合連続スタメンで4連勝。 【 ウェストハム vs レスター 】

【2017/03/18】 【 香川真司 】 最高の状態で代表戦へ。 【 ドルトムント vs インゴルシュタット 】

【2017/03/17】 意外だったのは中盤の選出と宇佐美の選出。

【2017/03/16】 【 岡崎慎司 】 レスターに欠かせない選手の一人。 【 レスター vs セビージャ 】

【2017/03/15】 【 乾貴士 】 運が無いというのか、そういう流れにハマってしまったというのか。 【 オサスナ vs エイバル 】

【2017/03/14】 ポテンシャルが発揮できないのはなぜか?

【2017/03/13】 【 香川真司 】 敗戦だったが香川のパフォーマンスはかなり高かった。 【 ヘルタ vs ドルトムント 】

【2017/03/12】 【 大迫勇也 】 チーム状態が悪く我慢が続くのかなと。 【 インゴルシュタット vs ケルン 】

【2017/03/11】 自分でシュートを打つスペースを作る卓越した技術力と賢さ。ルイス・スアレス。

【2017/03/10】 より求められる、個で「はがす」能力。

【2017/03/09】 オランダ戦(女子) 【 ずっとある課題は依然として改善されておらず。 】

【2017/03/08】 【 大迫勇也 】 前半18分頃に決定的な得点チャンスがあった。 【 ケルン vs バイエルン・ミュンヘン 】

【2017/03/07】 ノルウェー戦(女子) 【 横山がFWの軸へ。GK池田の安定感も光った。 】

【2017/03/06】 【 長谷部誠 】 オフサイド・トラップ有りきの守備は難しい。 【 フランクフルト vs フライブルク 】

【2017/03/05】 【 岡崎慎司 】 今の感じを続ける事がベターだと思う。 【 レスター vs ハル 】

【2017/03/04】 アイスランド戦(女子) 【 世代交代は上手く進みそうな気配がする。 】

【2017/03/03】 現時点でのハリルジャパンの23人を予想。

【2017/03/02】 【 乾貴士 】 攻撃面だけでも連携を良くしたい。 【 ソシエダ vs エイバル 】

【2017/03/01】 【 岡崎慎司 】 必要不可欠な存在になるはず。 【 レスター vs リヴァプール 】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
山口蛍
香川真司
今野泰幸
久保裕也
原口元気
大迫勇也

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【侍青の風】「チームの熟成には時間がかかる」「試合勘の無い選手は使うな」なんて関係ない!(UAE戦 2-0)【サムライブルーの風】

サッカー選手って、身体ダルダルなやついるよね。【Manchester United fundamentalism】

ごめんなさい、ハリル。私が間違っていました。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1685
  • 累計のページビュー:24164487

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss