FCKSA66

UAE戦 【 素晴らしかった結果と今野のパフォーマンス。しかし守備と交代采配には問題や不満も。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :ロシアW杯アジア最終予選 第6戦 開催日:2017年3月23日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-0」 得点者:久保裕也 今野泰幸

FW          大迫勇也 MF  原口元気 今野泰幸  香川真司 久保裕也 MF          山口蛍 DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣

FW          岡崎慎司 MF  原口元気 今野泰幸  倉田秋  本田圭佑 MF          山口蛍 DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣

好調の久保が前半13分に決めて日本が先制点。更には、後半6分、久保のクロスから今野が決めて日本が2点目。という事で、後半の途中からはガス欠になってしまった久保だったが、1ゴール1アシストという結果を出し、本田から右SH(ウイング)のポジションを奪えたと言えるような活躍だった。この試合、後半33分から本田は出場したが、やはり動きにキレが感じられず、試合に出場できるクラブへの移籍が必要だと思う。

しかし、同じくクラブで出場機会を得られてない長友と川島については、それを感じさせないようなパフォーマンスだった。少し足元のプレイはヒヤヒヤなところもあったが、値千金のビッグセーブを1つ見せるなど、経験値をかったハリルの期待に、川島はきちんと応える事ができた。そして、長友についても、相手のキープレイヤーだったオマルによく対応し、ベテランらしい安定したパフォーマンスを見せ、とても良かったと思う。

他にも、怪我が心配なところだが、ヘディングで競り勝って2点目の起点となったり、前線でのポストプレイで強さを見せた大迫や、動きにキレを取り戻している香川や、素晴らしいタフさを見せた原口や、1点目のアシストをした酒井宏樹や、この試合ではキャプテンとしてプレイし、巧みな守備対応を何度も見せた吉田など、クラブで好調、あるいは、好調になってきた選手たちは、やはり、全員が良いパフォーマンスだったと思う。

しかし、やはり、この試合で特筆すべきパフォーマンスを見せた選手は、今野、だったのではないだろうか。長谷部が負傷で離脱し、この試合の今野の役割(ポジション)は、長谷部と同じではなかったが、長谷部の穴を埋めたどころか、それ以上の活躍だったと言える。ややバランスを崩してしまうシーンもあったが、ボールを奪える力、前へ行ける力、90分間を動き続けられる力、そして、得点まで決めて、本当に素晴らしかった。

初戦のUAE戦では、フィジカル・コンディションが悪い、あるいは、パフォーマンスが上がっていない選手が多かったが、この試合ではそうではなく、フィジカル・コンディションが良い、あるいは、パフォーマンスが上がっている選手が多かった事が、やはり一番の勝因だったと思う。それから、この試合では審判が優秀でフェアだった事も、日本にとっては大きかったと言える。これからも常にそうである事を、強く強く願いたい。

しかし、厳しい見方をすれば、当然、悪かった部分もあった。1つはGK川島のおかげで、1つは相手のミスのおかげで、何とか失点は免れたが、決定的なピンチを2つ作ってしまった、という事はやはり見過ごせない。それから、カウンターで数的同数や数的不利のピンチになったり、特に相手が交代で少し変化した時に、それに対応できず中盤がスカスカになったり、少し守備がバタバタしたのは、やはり大きな問題点だったと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
ハリルホジッチ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本代表 × UAE代表 小感  (ロシアW杯アジア最終予選)【ニコ小鉢その2(仮)】

日本サッカーの総合力が優ったゲーム【Viva La sports】

ロシアワールドカップ アジア地区最終予選 UAE対日本【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2021
  • 累計のページビュー:24621465

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss