FCKSA66

日本のサッカーを進化させる道。リアクションの速さを上げる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィジカル・コンタクトにもテクニックがあるが、当然、守備にもテクニックがある。例えば、乾は昨季から守備もより頑張るようになっていたが、簡単に抜かれてしまったり、ソーンを埋めていても効いていなかったり、寄せがきちんとした相手へのプレッシャーになっていなかったり、そういうシーンが多くあった。それから、宇佐美についても、守備を頑張る意識は年々高くなっていると思うが、簡単に言えば、守備のテクニックが下手であるがために、なかなか守備に対する評価というのが高くならない。

守備というのは、守備的な守備であれ、攻撃的な守備であれ、基本的には、リアクションである、という部分は変わらない。そして、そういう意味では、守備的な守備が攻撃的な守備に変わる、変われる要素というのは、リアクションの速さであると言える。ちなみに、守備的な守備と攻撃的な守備の違いというのは、ハイプレスかそうではないか、守備の設定位置が高いか低いか、という事ではなく、やはりリアクションの速さであるとも言える。ただ単純に、リアクションが速ければ、攻撃的な守備に見える。

では、そのリアクションの速さを生み出すにはどうすれば良いのだろうか? 1つには、やはり、身体能力、という事であるのは間違いないが、もう1つには、先を読む力、相手の動きを読む力、という事であると思う。相手がどこにパスを出そうとしているのか、相手がどちらにどこへドリブルしようとしているのか、そういう事を先読みできれば、リアクションの速さが上がり、守備力が上がる。対人においてもカバーリングにおいても、そこは同じで、そして、運動量はリアクションの速さにつながる要素。

簡単に抜かれてしまう1つの原因は、相手の動きを読まないからであり、ソーンを埋めていても効いていないのは、相手の攻撃を先読みしないからであり、寄せがきちんとした相手へのプレッシャーになっていないのは、相手の次のプレイを予測しない寄せ方であるから。特に日本の選手というのは、攻撃でもそうだが、より守備は個ではなく組織(集団)でやるもの、という考え方が強いために、個の部分の守備力、個の部分の守備のテクニック、というものを高める要素が、育成段階で抜けているように思う。



○ 最新エントリー

【2016/12/18】 【 岡崎慎司 】 すごくチャンスではあると思うのだが・・・。 【 ストーク vs レスター 】

○ 過去エントリー

【2016/12/16】 日本のサッカーを進化させる道。リアクションの速さを上げる。

【2016/12/15】 壁というのは、想像しなかったタイミングで、壊せる時には簡単に壊せるものだなと。 【 鹿島アントラーズ vs A・ナシオナル 】

【2016/12/14】 【 本田圭佑 】 ポジションはどこであれ良いパフォーマンスを見せるしかない。 【 ローマ vs ミラン 】

【2016/12/13】 【 乾貴士 】 こういう試合で違いを見せられる選手になれれば。 【 エイバル vs アラベス 】

【2016/12/12】 【 岡崎慎司 】 ヴァーディが復活したら岡崎はどうなる? 【 レスター vs マンチェスター・シティ 】

【2016/12/11】 【 大迫勇也 】 本田の後継者は大迫? 【 ケルン vs ドルトムント 】

【2016/12/09】 日本のサッカーを進化させる道。個の力で強引に、という部分もないと厳しい。

【2016/12/08】 【 岡崎慎司 】 チームの選手層の薄さが深刻な状態。 【 ポルト vs レスター 】

【2016/12/07】 日本のサッカーを進化させる道。フィジカル・コンタクトの技術を高める。

【2016/12/06】 本田圭佑。ポジションごとの役割やプレイの仕方を考察。

【2016/12/05】 【 乾貴士 】 1アシスト。今は決定力さえ高ければ文句無しなのだが。 【 ビルバオ vs エイバル 】

【2016/12/04】 【 岡崎慎司 】 今は岡崎を軸にした攻撃を考えた方が良いのではないか。 【 サンダーランド vs レスター 】

【2016/12/02】 浅野拓磨。中央でもサイドでも、という事が鍵。

【2016/12/01】 清武弘嗣。万能である必要はないが、しかし。

【2016/11/26】 2016年のハリルジャパンを皆様の御意見で検証。そして2017年にはどうするべきか。

【2016/11/25】 山口蛍。攻撃面だけではなく守備面についても改善点が多くある。

【2016/11/21】 こうあるべきだ、という事が重要なのではない。そして、トレンドは、守備的な戦術の中で活きるのか、どう活きるのか、という事がポイントになっている。

【2016/11/11】 ハリルジャパン。機能性を上げる重要な3つのポイント。

【2016/11/10】 中盤の守備力の必要性が高くなっている3つの理由。

【2016/11/09】 ハリルジャパン。「4-4-2」のシステムにするならば。

【2016/11/08】 ハリルジャパン。3バックのシステムにするならば。

【2016/11/06】 酒井高徳のボランチと長谷部のCB(3バックの中央)。

【2016/11/05】 ハリルジャパン。テーマは、チャレンジ、であってもらいたい。

【2016/11/04】 その判断材料はセオリーとトレンド。そして、良い流れを作る、という事。

【2016/11/03】 ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる事は、ハイプレス&ポゼッションの至上主義になる事と変わらない。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

いろんな思いが交錯して【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

Jリーグ・プレミアムリーグ構想【~rona9229の日本サッカー応援の軌跡~】

『グランパス』下條新GMの”レンタル移籍の受け入れ”にみる、現場の苦労【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2302
  • 累計のページビュー:24284915

(07月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss