FCKSA66

日本のサッカーを進化させる道。フィジカル・コンタクトの技術を高める。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は、守備の文化、という事が、日本のサッカー文化にも、その小さな芽が生まれ始めているように感じるが、ハリルホジッチが日本代表の監督になり、デュエル、という事がクローズアップされているので、1対1における守備について、その考察を書きたいと思う。とにかく重要なのは、フィジカル・コンタクトにも技術がある、という事であり、日本のサッカー文化においては、そこが見過ごされてきたと思う。

守備意識を高く持つ、激しく相手に寄せたり競り掛ける、というのは、それこそ意識の問題なので、やろうと思えばすぐにでもできるが、そこにフィジカル・コンタクトの技術が伴っていないと、レベルの高い相手には通用しない。例えば、日本の選手の1対1というのは、足先だけでボールを突っつこうとする対応が多かったり、寄せて競り掛けた時に、ファールにならないように相手のバランスを崩す技術力が低い。

足先だけでボールを突っつこうとする対応というのは、相手の勢いが強い場合にはパワーで押し切られてしまうし、足を伸ばすと、あるいは、足を伸ばした時に仰け反るような状態になってしまうと、次のリアクションが起こせなかったり遅れてしまったりして、程度の差はあっても、振り切られてしまう大きな原因になる。特に、複数ではなく、1対1で対応しなければならない、となった時には、そこは重要になる。

やはり、正しくは、ボールに対して足ではなく体でアプローチする、という事であり、それは、体ごと飛び込めば良い、という事ではなく、こちらの状態を崩さずに、ボールに対してアプローチしながらも、同時に相手の体に対してもアプローチする、という事。しっかりと、セカンド・アクションを見据えながらも、体の中心軸をボールにセットして寄せたり競り掛ける。そうしないと奪いきれないし、止めきれない。

それから、寄せて競り掛けた時に、ファールにならないように相手のバランスを崩す技術力が低い、という事については、もちろん、間合いが遠い、という問題もあるのだが、特に並走状態になり、しっかりと間合いを詰めているのにも関わらず、という場合が問題であり、その時にきちんと腰や太もものあたりを相手に密着させるように、そこで相手を押してバランスを崩させるような並走対応する、という事が必要。



○ 最新エントリー

【2016/12/08】 【 岡崎慎司 】 チームの選手層の薄さが深刻な状態。 【 ポルト vs レスター 】

○ 過去エントリー

【2016/12/07】 日本のサッカーを進化させる道。フィジカル・コンタクトの技術を高める。

【2016/12/06】 本田圭佑。ポジションごとの役割やプレイの仕方を考察。

【2016/12/05】 【 乾貴士 】 1アシスト。今は決定力さえ高ければ文句無しなのだが。 【 ビルバオ vs エイバル 】

【2016/12/04】 【 岡崎慎司 】 今は岡崎を軸にした攻撃を考えた方が良いのではないか。 【 サンダーランド vs レスター 】

【2016/12/02】 浅野拓磨。中央でもサイドでも、という事が鍵。

【2016/12/01】 清武弘嗣。万能である必要はないが、しかし。

【2016/11/30】 【 清武弘嗣 】 それでもおそらくまだ厳しい状況は変わらないと思う。 【 セビージャ vs バレンシア 】

【2016/11/29】 【 乾貴士 】 後半46分まで出場し、1アシスト、2得点に絡む活躍。 【 エイバル vs ベティス 】

【2016/11/28】 【 岡崎慎司 】 ヴァーディやマフレズよりも良いパフォーマンスだった。 【 レスター vs ミドルスブラ 】

【2016/11/26】 2016年のハリルジャパンを皆様の御意見で検証。そして2017年にはどうするべきか。

【2016/11/25】 山口蛍。攻撃面だけではなく守備面についても改善点が多くある。

【2016/11/23】 CLの試合で輝きを放った岡崎慎司と香川真司。

【2016/11/22】 原点回帰は基礎的な事の再確認。例えば岡崎なら。

【2016/11/21】 こうあるべきだ、という事が重要なのではない。そして、トレンドは、守備的な戦術の中で活きるのか、どう活きるのか、という事がポイントになっている。

【2016/11/20】 【 岡崎慎司 】 ヴァーディのPK獲得をアシストしたが。 【 ワトフォード vs レスター 】

【2016/11/11】 ハリルジャパン。機能性を上げる重要な3つのポイント。

【2016/11/10】 中盤の守備力の必要性が高くなっている3つの理由。

【2016/11/09】 ハリルジャパン。「4-4-2」のシステムにするならば。

【2016/11/08】 ハリルジャパン。3バックのシステムにするならば。

【2016/11/06】 酒井高徳のボランチと長谷部のCB(3バックの中央)。

【2016/11/05】 ハリルジャパン。テーマは、チャレンジ、であってもらいたい。

【2016/11/04】 その判断材料はセオリーとトレンド。そして、良い流れを作る、という事。

【2016/11/03】 ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる事は、ハイプレス&ポゼッションの至上主義になる事と変わらない。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

なでしこ、静学に12失点大敗劇は”屈辱”なのか?【でぷスポ13号館】

浦和の槙野、広州恒大のオファーを断る【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

『グランパス』獲得が報じられる永井龍の印象と移籍に関する雑感。【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1795
  • 累計のページビュー:24619445

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss