FCKSA66

本田圭佑。ポジションごとの役割やプレイの仕方を考察。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW(CF)

本田をFW(CF)で起用した時に最も期待したいのはボールを収める力と高さ(空中戦の力)。そして、次に得点力。守備的な戦い方をした場合、独力で一気にゴールまで、というのはあまり期待できないが、時間を作れる、という部分では良。それから、縦に速く、という部分でも、中盤の本田にボールを集めた場合には、そこで縦への速さが失われてしまう場合もあるが、しかし、中盤を飛ばした縦パスがFW(CF)の本田に収まれば、むしろ、そこで縦への速さが生まれる。更には、空中戦の強さは、クロスからヘディングで、という事だけではなく、ロングフィードからであったり、あるいは、パワープレイであったり、という場面でも有効になる。また、中盤やサイドで使われるよりも、最前線のFWであれば、スタミナを保ちながらプレイできる利点もある。

右SH(右ウイング)

全くできないわけではないが、縦へ突破して右足でクロス、というのはあまり期待できないし、角度が真横やマイナスの中央への切り込みからのシュート、そして、右足でのシュート(得点)、というのも、あまり期待できないが、本田を右SH(右ウイング)で起用した場合の最大の利点は、逆サイドのSH(ウイング)やSB、それから、右SB、という、サイドの選手を攻撃面で活かせる事と、ゴール方向へと曲がるクロスを入れられる事。もちろん、ファーサイドでヘディング、という良さもある。従って、右SH(右ウイング)の時の本田というのは、どちらかと言えばボランチ的にプレイした方が良く、少し中央寄りの低い位置から、縦やや左方向へと動き、そこから左右のサイドへとパスを配給したり、FWへのパスや中長距離のシュートを放つプレイが良い。

左SH(左ウイング)

スピードで縦に突破して、または、独力で縦に突破して、そこからクロス、というのはあまり期待できないが、コンビネーションを使えば、縦に突破してクロスというプレイにも期待できる。ただ、個人的には、本田を左SH(左ウイング)で起用した時に最も期待できるのは得点であると思っていて、左利きである本田は、DFラインの裏へ抜け出し時も左エリアである方がシュートしやすいし、右からのクロスに対しても、左足でもヘディングでも合わせやすい。むしろ、左SH(左ウイング)で起用された場合には、左利きの選手はキープや中央へ入ってからのパス配給というのは難しくなるので、そういう意味では、右SH(右ウイング)で起用された場合とは逆に、左SH(左ウイング)で起用された場合の本田は、どちらかと言えばFW的にプレイした方が良い。

トップ下

やはり、左寄りでもプレイできるし、右寄りでもプレイできるし、ボランチのようにもプレイできるし、FWのようにもプレイできるし、本田の能力を最大限に活かせるのは、多くの自由を与えたトップ下であると思うが、まず1つには、FWのパフォーマンスが低いと活かされないのと、それから2つには、トップ下の位置の本田にボールを集めた場合には、トップ下の位置の本田を常に経由した攻撃をした場合には、そこで縦への速さが失われてしまう可能性がある、という事が難点。但し、そこは、本田なり周囲の選手なりが、きちんと状況を考えて、プレイの仕方やプレイする位置、あるいは、攻め方を正しく変化させる事ができれば解決できると思う。そういう意味では、トップ下の本田は王様ではなく、周囲を活かすユーティリティの意識でプレイした方が良い。



○ 最新エントリー

【2016/12/07】 日本のサッカーを進化させる道。フィジカル・コンタクトの技術を高める。

○ 過去エントリー

【2016/12/06】 本田圭佑。ポジションごとの役割やプレイの仕方を考察。

【2016/12/05】 【 乾貴士 】 1アシスト。今は決定力さえ高ければ文句無しなのだが。 【 ビルバオ vs エイバル 】

【2016/12/04】 【 岡崎慎司 】 今は岡崎を軸にした攻撃を考えた方が良いのではないか。 【 サンダーランド vs レスター 】

【2016/12/02】 浅野拓磨。中央でもサイドでも、という事が鍵。

【2016/12/01】 清武弘嗣。万能である必要はないが、しかし。

【2016/11/30】 【 清武弘嗣 】 それでもおそらくまだ厳しい状況は変わらないと思う。 【 セビージャ vs バレンシア 】

【2016/11/29】 【 乾貴士 】 後半46分まで出場し、1アシスト、2得点に絡む活躍。 【 エイバル vs ベティス 】

【2016/11/28】 【 岡崎慎司 】 ヴァーディやマフレズよりも良いパフォーマンスだった。 【 レスター vs ミドルスブラ 】

【2016/11/26】 2016年のハリルジャパンを皆様の御意見で検証。そして2017年にはどうするべきか。

【2016/11/25】 山口蛍。攻撃面だけではなく守備面についても改善点が多くある。

【2016/11/23】 CLの試合で輝きを放った岡崎慎司と香川真司。

【2016/11/22】 原点回帰は基礎的な事の再確認。例えば岡崎なら。

【2016/11/21】 こうあるべきだ、という事が重要なのではない。そして、トレンドは、守備的な戦術の中で活きるのか、どう活きるのか、という事がポイントになっている。

【2016/11/20】 【 岡崎慎司 】 ヴァーディのPK獲得をアシストしたが。 【 ワトフォード vs レスター 】

【2016/11/11】 ハリルジャパン。機能性を上げる重要な3つのポイント。

【2016/11/10】 中盤の守備力の必要性が高くなっている3つの理由。

【2016/11/09】 ハリルジャパン。「4-4-2」のシステムにするならば。

【2016/11/08】 ハリルジャパン。3バックのシステムにするならば。

【2016/11/06】 酒井高徳のボランチと長谷部のCB(3バックの中央)。

【2016/11/05】 ハリルジャパン。テーマは、チャレンジ、であってもらいたい。

【2016/11/04】 その判断材料はセオリーとトレンド。そして、良い流れを作る、という事。

【2016/11/03】 ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる事は、ハイプレス&ポゼッションの至上主義になる事と変わらない。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手評価
タグ:
本田
本田圭佑

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストと2年間の契約延長【我がフェイエノールト】

1/650000000になりました ∽クロアチア勢が輝いていた233回目のクラシコ∽【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

リーガ・エスパニョーラ第14節 vバルセロナ【レアルマドリードのある生活】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:3124
  • 累計のページビュー:24263678

(06月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss