FCKSA66

サウジアラビア戦(Uー19) 【 高い意識を持って個の能力の成長に努めてもらいたい。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :AFC Uー19選手権 決勝 開催日:2016年10月30日 結果 :日本代表勝利・優勝 スコア:「0-0(5PK3)」 得点者:

FW 小川航基 岩崎悠人 MF 三好康児 坂井大将 市丸瑞希 堂安律 DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 藤谷壮 GK 小島亨介

FW 小川航基 岩崎悠人 MF 遠藤渓太 原輝綺 坂井大将 堂安律 DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 初瀬亮 GK 小島亨介

無失点優勝というのは、1つの快挙でもあると思う。これで、U-16とUー19がW杯に出場、そして、リオ五輪世代のU-23と今回のUー19がアジア・チャンピオン、という事で、失われた10年を取り戻せたかな、という気がする。その原動力となったのは、やはり守備力で、全体の守備意識の向上、まずは守備からという戦い方への取り組み、そして、CBに個の力の高い選手が育っている事、それらが実を結んでいると言えると思う。結果には時の運などもあるが、それを引き寄せるのは実力。

もちろん、優勝はしたが、今回のサウジアラビア戦を見ても、まだまだ個の力は不足している。アジア・レベルにおいて、空中戦、テクニック、スピード、攻守の局面での1対1の強さ、シュート、ドリブル、パス、何か1つでも頭一つ抜けていないと、やはり世界の舞台では通用しない。通用しないという事は良い結果も出せない。PK戦で勝利して優勝は得たが、今回のサウジアラビア戦で、これだけ苦戦したのは、やはり個の力のところで厳しかったから。その事が明確に見えていた試合だったと思う。

Uー19のW杯まで、それほど多くの時間は無いが、若い選手たちは短期間でも一気に伸びる可能性がある。従って、CBの中山と冨安も含め、Uー19のW杯の時には個の力が1つでも2つでもレベルアップしているように、高い意識を持って個の能力の成長に努めてもらいたい。以前にも書いたが、この世代の選手たちがフル代表の主力になっていたとしても驚く事ではない。そして、そういう高い意識を持つ事が重要。時間はあるようでないから、まだ平気だと思っていると遅れる。走り続けて欲しい。



○ 最新エントリー

【2016/11/01】 【 香川真司 】 ゴール前に行くタイミングが早過ぎるかなと。 【 ドルトムント vs シャルケ 】

○ 過去エントリー

【2016/10/31】 サウジアラビア戦(Uー19) 【 高い意識を持って個の能力の成長に努めてもらいたい。 】

【2016/10/29】 ベトナム戦(Uー19) 【 その時から戦術やスタイルがやるからできるになる。 】

【2016/10/27】 【 本田圭佑 】 きちんと公平に評するならば。 【 ジェノア vs ミラン 】

【2016/10/26】 個の力という前提が存在していなければ全ては成り立たない。

【2016/10/25】 タジキスタン戦(Uー19) 【 中山雄太はハリルジャパンに加えても良いと思う。 】

【2016/10/24】 【 岡崎慎司 】 最もトレンドなトップ下だった岡崎。 【 レスター vs クリスタル・パレス 】

【2016/10/23】 【 香川真司 】 日本代表でもドルトムントでも香川に残されている席は。 【 インゴルシュタット vs ドルトムント 】

【2016/10/22】 ハリル叩きについて思う。感情的な批判や悪意のある煽りは得が無い。

【2016/10/21】 カタール戦(Uー19) 【 ゴリゴリジャパンで次の試合も勝利を。 】

【2016/10/20】 香川真司。右SBだと思ってプレイする感じで良い。

【2016/10/19】 ハリル叩きについて思う。批判だけして解決策を提示しないならば意味が無い。

【2016/10/18】 イラン戦(Uー19) 【 少し全体的にボール扱いのテクニックが不足しているように感じる。 】

【2016/10/17】 皆様への質問。日本代表について。

【2016/10/16】 イエメン戦(Uー19) 【 ファースト・コンタクト。意外性。個の輝き。 】

【2016/10/15】 現行のシステムの限界。国内のマスコミとファンの成熟度。原口のPKのシーン。

【2016/10/14】 オーストラリア戦選手評価 【 槙野智章。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。清武弘嗣。浅野拓磨。丸山祐市。 】

【2016/10/13】 オーストラリア戦選手評価 【 本田圭佑。香川真司。原口元気。小林悠。長谷部誠。山口蛍。 】

【2016/10/12】 オーストラリア戦 【 多くの要素が正しかったと思う。勝てる可能性も感じられた。 】

【2016/10/11】 日本のサッカーは後退したのか? それは「YES」でもあり「NO」でもある。

【2016/10/09】 イラク戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。浅野拓磨。山口蛍。小林悠。 】

【2016/10/08】 イラク戦選手評価 【 岡崎慎司。清武弘嗣。原口元気。本田圭佑。柏木陽介。長谷部誠。 】

【2016/10/07】 イラク戦 【 高いパフォーマンスを見せた選手は? 低いパフォーマンスを見せた選手は? それがほぼ全てだったと思う。 】

【2016/10/06】 こういう時こそ何が重要なのか?

【2016/10/04】 個人的に思うイラク戦のベターなスタメン。

【2016/10/01】 日本の選手の決定力を改善するためには外的な要因が必要。

【2016/09/30】 変えるリスクか。変えないリスクか。しかし何かしらの新しい目に見えるチャレンジはするべきタイミングだと思う。

【2016/09/29】 あえて香川を活かすなら? ポイントは3つ。

【2016/09/27】 日本のサッカーあるいは日本代表が向かうべき先。

【2016/09/26】 個人的に考えるイラク戦のベターなスタメン。

【2016/09/23】 岡崎、大迫、武藤、浅野、実は日本代表のFWは充実してきた?

【2016/09/21】 岡崎慎司。カップ戦のチェルシー戦で2得点。しかしヴァーディやマレズがいた場合には。

【2016/09/20】 岡崎は38試合で10得点で良い。つまり昨季から5得点増やすだけで良い。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

AFCU-19選手権 初優勝(長く指導するということ)【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

U-19代表、悲願のアジア制覇!【スポーツ えっせい】

若き日本代表がサウジアラビアを破って初優勝! フランス、イタリア、ドイツなど参戦のワールドカップ出場へ!(サッカー・U-19アジア選手権)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:521
  • 累計のページビュー:24288201

(07月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss