FCKSA66

香川真司。右SBだと思ってプレイする感じで良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のドルトムントでの香川は、カストロとゲレイロの負傷もあって、出場機会は得られるようになっているが、ポジションは「4-1-2-3」の「2」の右になっている。しかも、役割はどちらかと言えばボランチ寄り。つまり、バランサーであり、低い位置での組み立てをオーダーされている。それは、現在で言えばカストロ、昨季までで言えばギュンドアンが担っていた役割で、今の香川は試されている、という事。

従って、役割という部分では不慣れさ、そして、左ではなく右であるという部分では不得意さ、という事もあるが、しかし、2つぐらい良さが見られている。1つには、左足での左サイドへのサイドチェンジのパス。とにかくまずはサイドへ、という攻撃をトゥヘルのサッカーはするので、質の高い鋭いパスをサイドへ出せる事は重宝されると思うし、それがもっとバシバシ決まるようになれば、主力への復帰もあると思う。

それから、2つには、オーバメヤンとの連携が良い事。アシストをしたのはゲッツェだったが、オーバメヤンは右サイドで縦に抜けるプレイを得意としているから、右の香川からの縦パスをオーバメヤンへ、というのは1つの形になっていた。特にカウンター攻撃の形になった場合には、オーバメヤンは右サイドから縦に抜けようとする事が多いので、そこでホットラインを生み出せば、やはり、主力への復帰もあると思う。

ただ、残念ながら、悪い部分も2つぐらいあった。1つには、シュートの意識が低かった事であり、香川としては、右から中央に侵入して左足でシュート、というのは躊躇してしまうのかなと。しかし、そもそもとして、形はどうであれ、香川はシュートの意識が低すぎるから、そこは形やポジションの問題ではないと思うので、とりあえずは、バイタルエリアで前を向けたならば、まずはシュートを選択してもらいたい。

そして、2つには、どういうタイミングで前に上がるのか、という事なのだが、それは守備にも関係してくる事で、基本的には、右ウイングと右SBの後から、と考えた方が良いと思う。求められているのは、右ウイングと右SBを使う事であり、あるいは「4-1-2-3」の「2」の左がデンベレやゲッツェであるならば、まずはその2人が前に行って、それから香川が、という事だと思うし、そうであるべきだと思う。

そうしないと、攻守において、右ウイングと右SBとの連携が良くならないと思うし、やはり「4-1-2-3」の「2」が同じタイミングで前に行ってしまう事は、攻守においての機能性を落としてしまう事になると思う。つまり、簡単に言えば、「4-1-2-3」の「2」の右である香川は、右SBだと思ってプレイする感じで良くて、ゲレイロを4-1-2-3」の「2」で起用する事を考えてもそうだと言える。



○ 最新エントリー

【2016/10/21】 カタール戦(Uー19) 【 ゴリゴリジャパンで次の試合も勝利を。 】

○ 過去エントリー

【2016/10/20】 香川真司。右SBだと思ってプレイする感じで良い。

【2016/10/19】 ハリル叩きについて思う。批判だけして解決策を提示しないならば意味が無い。

【2016/10/18】 イラン戦(Uー19) 【 少し全体的にボール扱いのテクニックが不足しているように感じる。 】

【2016/10/17】 皆様への質問。日本代表について。

【2016/10/16】 イエメン戦(Uー19) 【 ファースト・コンタクト。意外性。個の輝き。 】

【2016/10/15】 現行のシステムの限界。国内のマスコミとファンの成熟度。原口のPKのシーン。

【2016/10/14】 オーストラリア戦選手評価 【 槙野智章。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。清武弘嗣。浅野拓磨。丸山祐市。 】

【2016/10/13】 オーストラリア戦選手評価 【 本田圭佑。香川真司。原口元気。小林悠。長谷部誠。山口蛍。 】

【2016/10/12】 オーストラリア戦 【 多くの要素が正しかったと思う。勝てる可能性も感じられた。 】

【2016/10/11】 日本のサッカーは後退したのか? それは「YES」でもあり「NO」でもある。

【2016/10/09】 イラク戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。浅野拓磨。山口蛍。小林悠。 】

【2016/10/08】 イラク戦選手評価 【 岡崎慎司。清武弘嗣。原口元気。本田圭佑。柏木陽介。長谷部誠。 】

【2016/10/07】 イラク戦 【 高いパフォーマンスを見せた選手は? 低いパフォーマンスを見せた選手は? それがほぼ全てだったと思う。 】

【2016/10/06】 こういう時こそ何が重要なのか?

【2016/10/04】 個人的に思うイラク戦のベターなスタメン。

【2016/10/01】 日本の選手の決定力を改善するためには外的な要因が必要。

【2016/09/30】 変えるリスクか。変えないリスクか。しかし何かしらの新しい目に見えるチャレンジはするべきタイミングだと思う。

【2016/09/29】 あえて香川を活かすなら? ポイントは3つ。

【2016/09/27】 日本のサッカーあるいは日本代表が向かうべき先。

【2016/09/26】 個人的に考えるイラク戦のベターなスタメン。

【2016/09/23】 岡崎、大迫、武藤、浅野、実は日本代表のFWは充実してきた?

【2016/09/21】 岡崎慎司。カップ戦のチェルシー戦で2得点。しかしヴァーディやマレズがいた場合には。

【2016/09/20】 岡崎は38試合で10得点で良い。つまり昨季から5得点増やすだけで良い。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデス 16-17
タグ:
ボルシア・ドルトムント
ドルトムント
香川真司
香川

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

私のMOMは、#16 Michael Carrick!! ~【EL】ユナイテッドvsフェネルバフチェ~【Cher démon rouge】

バルセロナの補強候補に名が挙がるカンセロ「先のことは分からないが、バレンシアは快適」 【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

おかえり、ロビン!! 今夜はEL フェネルバフチェ戦【Cher démon rouge】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2249
  • 累計のページビュー:24132703

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss