FCKSA66

岡崎、大迫、武藤、浅野、実は日本代表のFWは充実してきた?

このエントリーをはてなブックマークに追加

香川真司

第4節、ドルトムントはヴォルフスブルクにスコア「1-5」と大勝したが、香川の出番は訪れなかった。ゲッツェはともかく、カストロが好調で、更には「4-1-2-3」の「2」の左で起用されているゲレイロもパフォーマンスが良く、それが香川の状況を厳しくしている。ターンオーバーすると思うので、香川の出場機会が全く失われてしまう事はないと思うが、出場機会を得た時にかなり良いパフォーマンスを見せないと、主力の座を取り戻すのは難しいかもしれない。代表戦の前に出場機会が欲しい。

本田圭佑

第5節、ミランはラツィオにスコア「2-0」で勝利。本田は後半37分から途中出場し、「4-3-3」の右ウイングと「5-3-2」の2トップの1枚としてプレイした。状況は香川と似た感じで、スソが好調を保っているので出場機会を得るのが難しい。ロカテリをアンカーに入れてモントリーヴォとボナヴェントゥーラを1つ前に上げる、という交代策も最近は増えており、それによって更に出場機会を得るのが難しくなっている。ただ、本田のパフォーマンスも悪くはないので、代表戦は大丈夫だと思う。

大迫勇也

第4節、ケルンはシャルケにスコア「1-3」で勝利。スタメン出場した大迫は前半38分に得点を決めた。大迫は、第2節からは2トップの1枚としてスタメン出場を続けており、1ゴール1アシストという結果も出している。昨季までと比べて特に身体能力やテクニックが向上した感じではないが、ようやくブンデスやケルンの水の慣れてきた、という事だろうか。そうなってくると、やはり代表でも、という期待は膨らんでくる。2トップにして、岡崎、大迫、武藤、浅野、と招集するのが良いのではないか。

清武弘嗣

第5節、セビージャはベティスにスコア「1-0」で勝利したが、清武の出番は訪れなかった。第4節のエイバル戦では見事なアシストを見せたのだが、ナスリが加入した事もあり、起用のプライオリティはあまり高くなくなったのかもしれない。一番気になるのは、危険な位置でのミス、ボールロストで、高いテクニックを見せて上手く切り抜ける時もあるが、やはり強度の高い試合ではリスクがあると判断されてしまうのだと思う。また、守備面においても、やはり1対1の強さという部分で物足りなさがある。

乾貴士と武藤嘉紀

第5節、エイバルはスコア「2-1」でマラガに逆転負け。しかし、乾は久々にスタメン、フル出場し、先制点をアシストした。代表の左サイドは原口のパフォーマンスが好調だが、宇佐美はアウクスブルクで出場機会を得られておらず、そういう意味では、宇佐美ではなく乾を招集しても良いと思う。武藤については、スタメン出場はできていないが、途中出場で2得点を決めており、そういう意味では、代表でも切り札としての役割を期待したい。岡崎、大迫、武藤、浅野、実は日本代表のFWは充実してきた?



○ 最新エントリー

【2016/09/26】 個人的に考えるイラク戦のベターなスタメン。

○ 過去エントリー

【2016/09/23】 岡崎、大迫、武藤、浅野、実は日本代表のFWは充実してきた?

【2016/09/21】 岡崎慎司。カップ戦のチェルシー戦で2得点。しかしヴァーディやマレズがいた場合には。

【2016/09/20】 岡崎は38試合で10得点で良い。つまり昨季から5得点増やすだけで良い。

【2016/09/19】 岡崎はミドルシュートをガンガン打つべき。

【2016/09/18】 【 清武弘嗣 】 魔法をかけた1アシスト。しかし課題も見えた試合だった。 【 エイバル vs セビージャ 】

【2016/09/17】 【 本田圭佑 】 流れ的に本田を使うタイミングが無かった。 【 サンプドリア vs ミラン 】

【2016/09/16】 何が問題だったのか。形としての問題と、しかし、大前提としての個の力。

【2016/09/15】 香川がどうすれば活躍できるのかは答えが出ていると思う。

【2016/09/14】 本田が中央へ入る事は絶対悪ではないと思う。

【2016/09/13】 ザックジャパンの「3-4-3」から考える「3-4-2-1」。

【2016/09/12】 【 本田圭佑 】 途中出場で攻撃を活性化させ決定機は作った。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】

【2016/09/10】 現在の「4-2-3-1」はマンネリ感があって停滞している。

【2016/09/09】 タイ戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。武藤嘉紀。宇佐美貴史。小林悠。 】

【2016/09/08】 タイ戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】

【2016/09/07】 タイ戦 【 2割の期待、8割の不安、という印象しか抱けなかった。 】

【2016/09/06】 それはやはり個の力の強さに起因している。

【2016/09/05】 レスターのシステムは? 大島については? 中央渋滞については?

【2016/09/04】 UAE戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。原口元気。浅野拓磨。 】

【2016/09/03】 UAE戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。清武弘嗣。本田圭佑。大島僚太。長谷部誠。 】

【2016/09/02】 UAE戦 【 望んだ厳しさでもあるはず。是非とも乗り越えてもらいたい。 】

【2016/09/01】 そのハードルを乗り越えるために重要なのは成長であり、尽きない向上心。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:
武藤嘉紀
乾貴士
清武弘嗣
大迫勇也
本田圭佑
香川真司

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

頭がこんがらがって、わけわかめ〜相模原vs琉球(9月25日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

本田に必要なのは『我慢』では無い【G&AC】

ローダJCに圧勝(第7節:ローダJC-thuis結果)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:3279
  • 累計のページビュー:24464706

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss