FCKSA66

大迫勇也の現在地。それぞれのポジションでのプレイの仕方が1つの鍵。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【 トップ下として。 】

重要なのはバイタルエリアの内側から外側へ出る動きとバイタルエリアの外側から内側へと入る動き。コンパクトなブロックを作る守備が主流となっている現在では、FWもそうだが、トップ下の選手が、バイタルエリアに鎮座して良いプレイをしようとするのは難しくなっている。従って、バイタルエリアで良いプレイをしたい場合には、スタート・ポジションはバイタルエリアの内側に取り、そこからバイタルエリアの外側、左右のサイドであったり、中盤の下がり目の位置であったり、まずはそこへと動き、前を向いた状態であったり、動きながらの良い状態で、バイタルエリアの内側に動いてボールを受ける、または、ドリブルでバイタルエリアの内側に入る、という事をやる必要がある。それはバイタルエリアの外側で1回ボールを受けた場合でも受けなかった場合でも同じ。

それから、トップ下のもう1つの役割としては、バイタルエリアを他の選手に使わせる、他の選手に使わせるためにバイタルエリアにスペースを作る、という事もあり、そのためにも、スタート・ポジションはバイタルエリアの内側に取り、そこからバイタルエリアの外側、左右のサイドであったり、中盤の下がり目の位置であったり、それにプラスして、相手のDFラインの裏、味方のFWを追い越して相手のCBの裏であったり、あるいは、味方のSHやSBの縦位置の相手のSBの裏や外側へ、という事は有効になってくる。もちろん、前述してきた事というのは、バイタルエリアに鎮座している状態では良いプレイができない、相手のバイタルエリアにスペースが無い、という状況の場合であり、そうではない状態にあるならば、当然、むしろ動き過ぎない方が良い場合もある。

また、最終ラインやボランチから、トップ下などの2列目を飛ばしてFWにボールを入れる攻撃が主体の場合には、やはり、あまりバイタルエリアから外側へ出ないポジショニングをしていた方が良い。むしろ、FWの近く、または、バイタルエリアの中央付近にポジショニングしておいた方が良い。なぜならば、その場合にはFWが前述してきたような役割を担うからで、あるいは、その場合のトップ下は前述してきたような動きをしなくても、前を向いた状態でプレイできるから。ちなみに、最終ラインやボランチから、FWにだけではなくトップ下にもロングボールを蹴るような場合には、FWのように最前線にポジショニングしてしまった方が良い。それで相手のDFラインを下げさせ、相手のDFとMFのラインの間にボールを落とし、味方MFにセカンドボールを拾わせる。

【 ウイングあるいはSHとして。 】

左の場合には、左サイドでの起点、というのはもちろんとして、しかし、もう1つには、SBが上がるスペースを作るためにもそうであるし、いかに上手く中央へ入るのか、いかに上手く中央でも仕事をするのか、という事も重要になってきて、その場合に参考になるのは本田のプレイであるが、基本的には、前述したトップ下のバイタルエリアの外側から内側へと入る動き、と同じだと言える。そして、右の場合には、より縦へ、というプレイをしなければならないが、個のドリブルで突破する、という事が難しい場合には、左サイドが起点となっている場合がチャンスで、または、まずは低い位置でボールを受けて自らが左サイドへと展開し、それから縦を狙う動きをすると良いと思う。活躍できないのはCFで起用されないから、という事では、やはり生き残れないのではないか。



○ 最新エントリー

【2016/05/09】 【 本田圭佑 】 今の状態のミランで本田を使わないのはナンセンス。 【 ボローニャ vs ミラン 】

○ 過去エントリー

【2016/05/07】 大迫勇也の現在地。それぞれのポジションでのプレイの仕方が1つの鍵。

【2016/05/03】 レスターそして岡崎、優勝おめでとう。今季のレスターと岡崎についてのまとめ的な過去記事を2つ。

【2016/05/02】 【 本田圭佑 】 下位チームに4戦して1勝2分1敗という結果。後半19分までプレイした本田のパフォーマンスは良かったと思う。 【 ミラン vs フロジノーネ 】

【2016/04/28】 ボールを奪う。縦方向へのパス。そして、個の力。辿り着くものがシステムとスタイル。

【2016/04/27】 現状のミランの戦力と「4-3-1-2」について。

【2016/04/26】 【 本田圭佑 】 ミドルシュートから先制点を生み出す。しかし結果は逆転負け。悪い流れに陥っているチームを救えるか? 【 ヴェローナ vs ミラン 】

【2016/04/25】 【 岡崎慎司 】 快勝も次戦に向けては少し不安を残す。また、より岡崎が得点を取れる攻撃の形も欲しいところ。 【 レスター vs スウォンジー 】

【2016/04/24】 【 香川真司 】 好調になってきた理由は? 更に良くなるには? 【 シュツットガルト vs ドルトムント 】

【2016/04/22】 今季のラストスパートへ。岡崎慎司。香川真司。本田圭佑。長友佑都。原口元気。武藤嘉紀。吉田麻也。大迫勇也。乾貴士。酒井高徳。長谷部誠。清武弘嗣。酒井宏樹。山口蛍。

【2016/04/21】 【 香川真司 】【 酒井高徳 】 2得点に絡む+相手GKを退場させるなど活躍を見せた香川。守備力と攻撃では最後のワンプレイに課題を見せた酒井高徳。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】

【2016/04/20】 【 岡崎慎司 】 岡崎にとっても次戦がとても重要な試合になってくると思う。 【 レスター vs ウェストハム 】

【2016/04/19】 【 本田圭佑 】 流れと守備と伝統と。組み合せとバランスと強さの根源と。 【 サンプドリア vs ミラン 】

【2016/04/18】 【 長友佑都 】 長友の真価とは? インテルで長友が長く生き残れている理由とは? 【 インテル vs ナポリ 】

【2016/04/16】 【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 清武と酒井宏樹もフル出場し、久々の快勝と言える試合だった。 【 ハノーファー vs メンヘングラードバッハ 】

【2016/04/15】 【 香川真司 】 守りに入って守るためには? 香川にある成長の余地とは? 【 リヴァプール vs ドルトムント 】

【2016/04/14】 ハッキリ言って、現在の日本代表がW杯でどのような戦い方をしなければならないのか、という事は決まっていると言える。

【2016/04/13】 アジア最終予選の日本の対戦相手は、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイ。

【2016/04/12】 【 岡崎慎司 】 もはや、岡崎がチームのために犠牲となっているのか、チームが岡崎を活かすための戦い方をしているのか、というのは、おそらく半々になってきていると思う。 【 サンダーランド vs レスター 】

【2016/04/11】 【 香川真司 】 見事なループシュートで1得点。しかし、守備的な戦い方の中で自分を活かせるのか? やはりそこかなと。 【 シャルケ vs ドルトムント 】

【2016/04/10】 【 本田圭佑 】 個としても組織としても小さくない力の差があった。しかし本田に問題は少なかったと思う。 【 ミラン vs ユヴェントス 】

【2016/04/09】 【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 原口元気 】 1アシストの清武。判断力に課題の酒井宏樹。シュートに課題の原口。 【 ヘルタ vs ハノーファー 】

【2016/04/08】 【 香川真司 】 トゥヘル対クロップの第一戦は引き分けという結果だったが内容的にはリヴァプールの方が上回っていたと思う。 【 ドルトムント vs リヴァプール 】

【2016/04/07】 【 本田圭佑 】 現在のミランというのは本田ありきでチームが成立していると言っても過言ではない。 【 アタランタ vs ミラン 】

【2016/04/06】 【 岡崎慎司 】 優勝へ向けて前進。このまま歴史に名を刻みたい。 【 レスター vs サウザンプトン 】

【2016/04/05】 今回のクラシコについては、バルセロナの完敗、レアル・マドリードの快勝だったと思う。 【 バルセロナ vs レアル・マドリード 】

【2016/04/04】 【 乾貴士 】 1対1の強さという守備の部分であったり、足元ではなく裏やスペースでという攻撃の部分であったり、そのあたりがずっと課題になっているかなと。 【 エイバル vs ビジャレアル 】

【2016/04/03】 【 香川真司 】 再び代表試合で復調のきっかけを掴んだか? 【 ドルトムント vs ブレーメン 】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデス 15-16
タグ:
ケルン
大迫勇也

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴールシーンは良かったけど、それ以外は ~ユナイテッドvsノリッチ~【Cher démon rouge】

マヌエル・ペジェグリーニ「サラリーマン指揮官」【黒髪のかねろの整理場所】

最終節結果 スーパーブーレンの助けでブーレンに劇的な23回目のカンピューンスハップ。エクセルシオールが2年連続残留成功!4位はAZ【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:5695
  • 累計のページビュー:24032891

(03月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss