FCKSA66

【 香川真司 】 守備的な戦いの中で自分を活かせるか。 【 トットナム vs ドルトムント 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :EL 決勝トーナメント2回戦 2nd.leg 開催日:2016年3月17日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「1-2」(2戦合計「1-5」) 得点者:オーバメヤン×2

【 ボルシア・ドルトムント 】

FW ロイス オーバメヤン MF カストロ ヴァイグル ムヒタルヤン DF シュメルツァー ソクラティス スボティッチ ギンター ピシュチェク GK ヴァイデンフェラー

FW プリシッチ オーバメヤン MF 香川真司 ヴァイグル カストロ DF シュメルツァー ギンター スボティッチ ピシュチェク ドゥルム GK ヴァイデンフェラー

「4-1-2-3」で戦い、1st.legをスコア「3-0」で勝利しているドルトムントは、この試合、2nd.legを守備的な「5-3-2」で戦った。そして、前半24分にオーバメヤンがミドルシュートを決めて先制を奪うと、後半26分にもムヒタルヤンからのパスを受けたオーバメヤンが決めて2点目。後半29分にはスボティッチのパスミス、あるいは、スボティッチとヴァイデンフェラーの連携ミスによって失点してしまうが、そのまま試合はスコア「1-2」でドルトムントが勝利を収め、ELベスト8へと駒を進めた。

スタメンの布陣では、攻撃の時はピシュチェクあるいはギンターが高い位置を取り、「4-1-2-3」あるいは「3-4-3」になる、という感じだった。ただ、基本的には守備的であり、どちらの得点もカウンターに近い形だった。ちなみに、ソクラティス→ドゥルム、ギンターを3バックの右から左へ、という交代策については、ソクラティスのパフォーマンスに不満があったのか、左右のバランスを同じにしようとしたのか、それとも他に理由があったのかはわからかった。あまり目に見える変化を感じなかったので。

そして、後半27分にムヒタルヤンとの交代で途中出場した香川については、最初は中盤の右、途中からは中盤の左でプレイしていたが、やはり、左であった方がプレイしやすそうではあった。また、やはり、トップ下のポジションであるよりもプレイしやすそうではあった。パフォーマンスの評価としては、1回あった決定機で決められていれば、または、その時のシュートがもっと惜しい感じになっていれば、という感じだったが、守備重視であり、攻撃的に戦うような展開ではなかったので、及第点だったと言えると思う。



○ 最新エントリー

【2016/03/20】 【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 山口蛍 】【 長谷部誠 】 もはや個の課題を改善する事だけに取り組むしかないか? 【 フランクフルト vs ハノーファー 】

○ 過去エントリー

【2016/03/19】 【 香川真司 】 守備的な戦いの中で自分を活かせるか。 【 トットナム vs ドルトムント 】

【2016/03/18】 フガニスタン戦とシリア戦へ向けてのメンバー。2つの戦い方が必要だという事を忘れてはいけない。メンバー選考もその事を想定すべきだと思う。

【2016/03/17】 オーバーヘッドによる得点よりも価値のあるもの。それは、そうでありながらも素晴らしい得点を決めた、という事。

【2016/03/16】 【 長友佑都 】 勝率的には空中戦も頑張っていたし、得点には繋がらなかったが、個のドリブルでサイドを突破しようと積極的に何回もチャレンジしていた。 【 インテル vs ボローニャ 】

【2016/03/15】 【 香川真司 】 求められるセカンド・トップとしての動き。 【 ドルトムント vs マインツ 】

【2016/03/15】 アルビレックスはラファエル・シルバの退場が痛かった。マリノスは22歳の富樫敬真と18歳の遠藤渓太が攻撃で可能性を見せた。 【 アルビレックス新潟 vs 横浜F・マリノス 】

【2016/03/14】 【 本田圭佑 】 2トップあるいは1トップとトップ下の選手のオフ・ザ・ボールの動きと起点となる能力が攻撃の鍵。 【 キエーヴォ vs ミラン 】

【2016/03/13】 【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 山口螢 】【 大迫勇也 】 適切な使われ方が重要。そして、ただ出場できているだけでは意味が無い。 【 ハノーファー vs ケルン 】

【2016/03/13】 球際の激しいアグレッシブな好ゲーム。両チームの攻守における課題とは何か。 【 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ 】

【2016/03/12】 もはやゾーンプレスやハイプレスはやろうとするのが当然で、重要なのはできるのかどうかとその見極め。

【2016/03/11】 【 香川真司 】 後半37分から途中出場。トゥヘルはどうしても香川をトップ下で機能させたいのだろうか? 【 ドルトムント vs トットナム 】

【2016/03/10】 大迫勇也。長谷部誠。乾貴士。それぞれの現在地。

【2016/03/10】 北朝鮮戦(女子) 【 悔しい2連勝。日本の自滅だったリオ五輪予選敗退。 】

【2016/03/09】 清武弘嗣。山口蛍。酒井宏樹。ハノーファーの3人の現在地。

【2016/03/08】 【 香川真司 】 もし自分が監督だったら・・・。香川には4月ぐらいからの復調に期待したい。 【 ドルトムント vs バイエルン 】

【2016/03/08】 ベトナム戦(女子) 【 安堵している場合ではない。まだ悪い部分も多かった。 】

【2016/03/07】 【 本田圭佑 】 ここからもう一山越えられるかが勝負。崩れずに踏ん張れるか。 【 サッスオロ vs ミラン 】

【2016/03/06】 【 岡崎慎司 】 今季の岡崎の仕事。岡崎の攻撃に関するプレイを良くする方法。 【 ワトフォード vs レスター 】

【2016/03/06】 なでしこジャパン。しばらく間が空くと元に戻ってしまうのはなぜか?

【2016/03/05】 トップ下としての香川真司。正しい使い方をすればトップ下としての能力は高い。

【2016/03/05】 中国戦(女子) 【 なぜ歯車は狂ったのか? ゼロからやり直すような気持ちで残りの試合を戦ってもらいたい。 】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデス 15-16
タグ:
香川真司
ボルシア・ドルトムント
ドルトムント

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

更に前に一歩【レッズおばさんのフットボール日和】

悔しい中にも次に繋がる経験あり ~【EL】 ユナイテッドvsリバプール~【Cher démon rouge】

なでしこの涙は岡ちゃんの笑顔で乾かそう!【イビツ・オツムの独り言】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:870
  • 累計のページビュー:24471796

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss