FCKSA66

現在の香川真司とボルシア・ドルトムントについて。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のドルトムントにおいて香川の存在が重要なのは間違い無い。 もし今季限りでのギュンドアンの移籍が濃厚なのであれば尚更そう。 ゲーゲンプレッシングにポゼッションも加えた事により、 クロップ時代よりもトゥヘル時代の現在の方が、 香川の存在の重要性というのは増したと言えるのではないだろうか。

しかも、チームとしてのスタイルが云々だけではなく、 守備や起点やアシストという黒子役、潤滑油役をやれるという部分でも、 やはり香川という選手の重要性はかなり高いと言える。 水を使う選手を活かすには水を運ぶ選手が必要で、 当然、どちらのタイプの選手も存在しなければ強いチームは作れない。

もちろん、自分でシュートを撃って欲しい、撃つべきだ、というシーンもある。 香川自身がそこではシュートを決めなければならなかった、というシーンもある。 また、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍する前のドルトムント時代のように、 多くの得点を決めて欲しい、というファン心理があるのも否定しない。 しかし、チームを勝たせているならば、望みすぎるのも良くない。

そういう様々な事を考えれば、毎回試合に出ていれば良い、という事でもないし、 やはり、より重要な試合で高いパフォーマンスを発揮できるように、 という事は重要で、また、もはや香川はその立場にいると言える。 チームにとって何が最善なのか? という事を監督も選手たちも考えて、 更には、ファンもその事を理解できるようになる事が必要だと思う。

香川は疲労がパフォーマンスに大きく影響を与えるタイプの選手。 メンタルと言っているが、個人的に思うに、実際には、 疲労がメンタルに大きな影響を与えている選手だと言えると思う。 守備や運動量という事に対して、オーバーワーク気味にプレイし続けている、 という事は、周囲が理解してあげるべきなのではないだろうか。

だから、香川がいなくても勝てる、という試合ならば、 もし香川が出場したいと思っていても、やはり休ませるべきであるし、 香川本人も、それは良い事だと思ってポジティブに考えるべきだと思う。 もちろん、休ませるよりも出場させた方がパフォーマンスが上がる、上げられる、 という場合もあるので、要はそこの判断なのだと思う。

それから、長シーズンを戦い、複数の大会を戦う、という事を考えた場合には、 省エネ・モードで戦う、戦えるようにする、という事も重要で、 それを堅守でやるのかポゼッションでやるのか、どちらであっても、 その事に対してファンが理解する、という事も重要な要素であると言えると思う。 全ての試合で90分間、100%で戦うのは、やはり最善とは言えない。



○ 最新エントリー

【2016/02/21】 【 大迫勇也 】 左SHでスタメン出場も前半だけで交代。少し肉体改造が必要かなと思う。 【 メンヘングラードバッハ vs ケルン 】

○ 過去エントリー

【2016/02/21】 ゼロックススーパーカップ2016について。鍵を握るウタカとアデミウソン。

【2016/02/19】 現在の香川真司とボルシア・ドルトムントについて。

【2016/02/18】 献身性論。成功するチームや組織や社会を作るために。

【2016/02/17】 【 長谷部誠 】 チームとしても個としても特に後半は上手くいっていない感じだった。 【 フランクフルト vs ケルン 】

【2016/02/16】 【 岡崎慎司 】 不必要なファールによってレスターが自滅。岡崎のパフォーマンスは良かったと思う。 【 アーセナル vs レスター 】

【2016/02/15】 【 本田圭佑 】 久々の得点はスーパーロング弾。守備でも貢献しつつ1ゴール1アシストの大活躍。 【 ミラン vs ジェノア 】

【2016/02/14】 【 香川真司 】 まだ全ては想定の範囲内。ザワザワする必要は無いと思う。 【 ドルトムント vs ハノーファー 】

【2016/02/13】 皆様への質問。リオ五輪代表(手倉森ジャパン)について。

【2016/02/12】 ウイング論。より多様性のあるポジションへ。より境界線の薄いポジションへ。

【2016/02/11】 Jリーグのスプリントの回数と距離についての考察。

【2016/02/10】 勝つための最善は尽くすべきだ。オーバーエイジについて。

【2016/02/09】 本田圭佑とミランはどうあるべきか? ウディネーゼ戦の本田圭佑とミランから。

【2016/02/08】 【 本田圭佑 】 引き分けという結果もポジティブに考えて良いと思う。本田は質の高いクロスで何回もチャンスを演出。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】

【2016/02/07】 【 岡崎慎司 】 岡崎が良いパフォーマンスを保つ事もレスターの優勝には欠かせない。 【 マンチェスター・シティ vs レスター 】

【2016/02/06】 今季のJの注目はリオ五輪代表候補の選手たちか?

【2016/02/05】 【 本田圭佑 】 こういうプレイをする10番もまた、ファンタジスタであると言える。 【 パレルモ vs ミラン 】

【2016/02/04】 リオデジャネイロ五輪までの改善ポイント。

【2016/02/03】 【 本田圭佑 】 間違いなく本田の存在がミラノダービーを勝利に導いた。 【 ミラン vs インテル 】

【2016/02/02】 韓国戦(Uー23)選手評価 【 山中亮輔。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。原川力。浅野拓磨。豊川雄太。 】

【2016/02/01】 韓国戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。久保裕也。中島翔哉。矢島慎也。大島僚太。遠藤航。 】

【2016/01/31】 韓国戦(Uー23) 【 アジアでも勝てない、からアジアの頂点へ。ただ、そこはこのチームのゴールではない。 】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデス 15-16
タグ:
香川真司
香川
ボルシア・ドルトムント
ドルトムント

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

俺から見たラス・パルマス対バルセロナ【バルセロニスタ】

献身性論。成功するチームや組織や社会を作るために。【FCKSA66】

アーセナル出身の天才パサー、クリストファー・オルソンがELでマンUを撃破!【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2886
  • 累計のページビュー:24579476

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss