FCKSA66

ウイング論。より多様性のあるポジションへ。より境界線の薄いポジションへ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

理想的なウイングの選手とは? 実は、あまりそれは無いのではないかと思う。正確には、あまりそれは無くなってきたのではないかと思う。スピードがある、ドリブルが上手い、つまり、個としての突破力がある、というのは、もちろんそうなのだが、ウイングというポジションは、そこまで画一的ではなくなってきていて、ストライカー・タイプの選手をそこで起用したり、司令塔タイプの選手をそこで起用したり、ダイナモ・タイプの選手をそこで起用したり、という事も有りになってきている。

結局は、他の選手たちとの組み合せ、そのバランスであったり、または、相手による、その時にどのような結果を得たいのかによる、という事の方が大きくて、センターラインもしくは守備的なポジションと比べると、かなり多様性があるのではないかと思う。ただ、1つ確実に言える事は、他の攻撃的なポジションでもそうであるように、やはりウイングというポジションであっても、より守備力が必要となってきている、より守備に献身的である事が求められるようになっている、という事はある。

戦い、というのは、それが洗練されていくにつれて、よりダメージを少なくする、攻撃はより効率的にする、つまり、より「守」と「長さ」で優れた方が勝つ、という流れが普遍的にあり、やはりサッカーも例外とは言えない。もちろん、それを打ち破っていくためには、より「攻」と「短さ」の巧みさや強さが必要なのだが、それは限定された状況下であったり、あるいは、相手よりも戦力的に優っている場合に必要となってくるもので、やはり優先されるのは、「守」と「長さ」、という事になる。

それから、ポゼッションとウイングの関係性については、相手のプレスをかわすための逃げ場、相手の守備を横に広げるための起点、相手の守備をダイアゴナルな動きで崩すためのアタッカー、という3つの役割がウイングにはあって、それがポゼッション・サッカーの生命線の1つであるのは間違い無い。しかし、最近は、その役割をウイングが担う、または、ウイングだけが担う、という事から、SBにもその役割を担わせる、または、ウイングとSBの連携によって担う、という事が増えてきた。

つまり、守備負担の差、それに伴う必要とされる守備力の差、というのは当然あるが、ウイング、SH、SB、あるいは、ウイングバックまで含めて、そこにある境界線というのは、どんどんと薄くなってきていると言える。もちろん、完全に同一化される、という事は無いが、求められる能力や役割というのは、どんどんと近くなってきていると言える。しかし、そこも、味方選手の組み合せや相手の戦い方や求めたい結果による、という事の方が大きくて、専門的である事が求められる場合もある。



○ 最新エントリー

【2016/02/14】 【 香川真司 】 まだ全ては想定の範囲内。ザワザワする必要は無いと思う。 【 ドルトムント vs ハノーファー 】

○ 過去エントリー

【2016/02/13】 皆様への質問。リオ五輪代表(手倉森ジャパン)について。

【2016/02/12】 ウイング論。より多様性のあるポジションへ。より境界線の薄いポジションへ。

【2016/02/11】 Jリーグのスプリントの回数と距離についての考察。

【2016/02/10】 勝つための最善は尽くすべきだ。オーバーエイジについて。

【2016/02/09】 本田圭佑とミランはどうあるべきか? ウディネーゼ戦の本田圭佑とミランから。

【2016/02/08】 【 本田圭佑 】 引き分けという結果もポジティブに考えて良いと思う。本田は質の高いクロスで何回もチャンスを演出。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】

【2016/02/07】 【 岡崎慎司 】 岡崎が良いパフォーマンスを保つ事もレスターの優勝には欠かせない。 【 マンチェスター・シティ vs レスター 】

【2016/02/06】 今季のJの注目はリオ五輪代表候補の選手たちか?

【2016/02/05】 【 本田圭佑 】 こういうプレイをする10番もまた、ファンタジスタであると言える。 【 パレルモ vs ミラン 】

【2016/02/04】 リオデジャネイロ五輪までの改善ポイント。

【2016/02/03】 【 本田圭佑 】 間違いなく本田の存在がミラノダービーを勝利に導いた。 【 ミラン vs インテル 】

【2016/02/02】 韓国戦(Uー23)選手評価 【 山中亮輔。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。原川力。浅野拓磨。豊川雄太。 】

【2016/02/01】 韓国戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。久保裕也。中島翔哉。矢島慎也。大島僚太。遠藤航。 】

【2016/01/31】 韓国戦(Uー23) 【 アジアでも勝てない、からアジアの頂点へ。ただ、そこはこのチームのゴールではない。 】

【2016/01/30】 オーバーエイジ枠には誰が良いのか?

【2016/01/29】 イラク戦(Uー23)選手評価 【 山中亮輔。室屋成。奈良竜樹。植田直通。櫛引政敏。オナイウ阿道。浅野拓磨。豊川雄太。 】

【2016/01/28】 イラク戦(Uー23)選手評価 【 鈴木武蔵。久保裕也。中島翔哉。南野拓実。原川力。遠藤航。 】

【2016/01/27】 イラク戦(Uー23) 【 勝負強さを身に付けたU-23日本代表。ここからは五輪本大会で勝つための戦いがスタートする。 】

【2016/01/26】 【 本田圭佑 】 現在のミランが抱えている2つの問題が出ていた試合だった。 【 エンポリ vs ミラン 】

【2016/01/25】 イラン戦(Uー23)選手評価 【 亀川諒史。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。浅野拓磨。豊川雄太。大島僚太。 】

【2016/01/24】 イラン戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。久保裕也。中島翔哉。矢島慎也。原川力。遠藤航。 】

【2016/01/23】 イラン戦(Uー23) 【 成長し続ける事がオリンピックへの道。プレッシャーに勝てる強さが真の強さ。 】

【2016/01/19】 【 本田圭佑 】 勝利のためには必要な選手であるという評価が高まっている。 【 ミラン vs フィオレンティーナ 】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

可愛い子には旅をさせよ ~ユナイテッドvsサンダーランド~【Cher démon rouge】

主役は遅れてやって来る【創造のLIBERO】

ファギーと共に歩んだユナイテッドの功労者 ポール・マクギネス が退団【Cher démon rouge】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1005
  • 累計のページビュー:24287681

(07月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss