FCKSA66

【 本田圭佑 】 現在のミランが抱えている2つの問題が出ていた試合だった。 【 エンポリ vs ミラン 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :セリエA 第21節 開催日:2016年1月23日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:バッカ ジエリニスキ ボナヴェントゥーラ マッカローネ

【 ミラン 】

FW バッカ ニアング MF ボナヴェントゥーラ ベルトラッチ モントリーヴォ 本田圭佑 DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス アバーテ GK ドナルマ

FW バッカ バロテッリ MF ボナヴェントゥーラ ベルトラッチ モントリーヴォ ボアテング DF アントネッリ ロマニョーリ サパタ アバーテ GK ドナルマ

この試合では現在のミランが抱えている2つの問題というのが出ていた。1つには、2トップにボールが収まらない、という問題。開幕の頃から、「4-3-1-2」で本田がトップ下をやっていた頃から、バッカとアドリアーノの2トップの起点となる力、そこの問題を指摘していたが、アドリアーノがニアングになっても、やはりその問題は解決されていない。得点を取る、という事に関しては高い能力を見せるバッカも、起点となる能力という事については低いと言わざるを得ない。そして、ドリブルでの突破力を持つニアングも、起点となる力、という事については、やはり低いと言わざるを得ない。

そこで期待されるのが、バロテッリ、ボアテング、メネズ、という3人であるが、バロテッリは、この試合でのパフォーマンスを見る限り、その部分についてあまり期待できそうになかった。そして、ボアテングは、まだ30分間ぐらいのプレイが限界であるように感じるし、メネズはまだ戻って来ていない。攻守に連携力を求めるためにも、苦しい時に流れを良くするためにも、それから、「4-3-1-2」という形に戻したい場合でも、2トップの起点となる力というのは必要不可欠な要素で、今のミランはまずそこを解決したい。一番良いのは、前述した3人がその期待に応えてくれる事ではあるが。

また、ミランが抱えている2つの問題の2つには、ボナヴェントゥーラ、ベルトラッチ、モントリーヴォ、本田、と並べた中盤の守備力、特にベルトラッチとモントリーヴォのダブルボランチの守備力、それが低い、という事がある。右SBのアバーテの守備力もあまり高くないため、そのカバーに追われている右SHの本田であるが、ダブルボランチのベルトラッチとモントリーヴォ、特にモントリーヴォの守備力には問題があるので、そのボランチであるモントリーヴォのカバーをする右SHの本田、というシーンが何回も見られる。しかし、当然ながら、本田がそこまで完璧にカバーできるはずがない。

従って、前述した2つの問題を解決する方法としては、本田を2トップの1枚とした「4-4-2」、あるいは、本田をトップ下とした「4-2-3-1」にして、右SHにはクツカもしくはポリを起用する、または、クツカもしくはポリもしくはデ・ヨングをダブルボランチの1枚に起用して、ベルトラッチを右SHで試してみる、という方法もあると思う。ちなみに、スタメン出場し、後半41分までプレイした、この試合での本田のパフォーマンスについては、体を張ったプレイと献身性と規律性の高い守備で及第点の内容だった。あのシーンでフリーだった本田にニアングがパスをしてくれていれば・・・。



○ 最新エントリー

【2016/01/27】 イラク戦(Uー23) 【 勝負強さを身に付けたU-23日本代表。ここからは五輪本大会で勝つための戦いがスタートする。 】

○ 過去エントリー

【2016/01/26】 【 本田圭佑 】 現在のミランが抱えている2つの問題が出ていた試合だった。 【 エンポリ vs ミラン 】

【2016/01/25】 イラン戦(Uー23)選手評価 【 亀川諒史。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。浅野拓磨。豊川雄太。大島僚太。 】

【2016/01/24】 イラン戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。久保裕也。中島翔哉。矢島慎也。原川力。遠藤航。 】

【2016/01/23】 イラン戦(Uー23) 【 成長し続ける事がオリンピックへの道。プレッシャーに勝てる強さが真の強さ。 】

【2016/01/21】 サウジアラビア戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。中島翔哉。南野拓実。井手口陽介。大島僚太。三竿建斗。山中亮輔。松原健。奈良竜樹。植田直通。杉本大地。浅野拓磨。亀川諒史。久保裕也。 】

【2016/01/20】 サウジアラビア戦(Uー23) 【 プレッシャーを感じないようにするのではなく、プレッシャーを感じながらどう勝つのか。 】

【2016/01/19】 【 本田圭佑 】 勝利のためには必要な選手であるという評価が高まっている。 【 ミラン vs フィオレンティーナ 】

【2016/01/18】 タイ戦(Uー23)選手評価 【 鈴木武蔵。浅野拓磨。豊川雄太。矢島慎也。原川力。遠藤航。亀川諒史。室屋成。奈良竜樹。岩波拓也。櫛引政敏。オナイウ阿道。久保裕也。南野拓実。 】

【2016/01/17】 タイ戦(Uー23) 【 まだ五輪への出場権を獲得したわけではない。 】

【2016/01/15】 北朝鮮戦(Uー23)選手評価 【 鈴木武蔵。久保裕也。中島翔哉。南野拓実。大島僚太。遠藤航。山中亮輔。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。矢島慎也。原川力。豊川雄太。 】

【2016/01/14】 北朝鮮戦(Uー23) 【 勝つ事で成長させながら、このチームのアイデンティティを確立させるべし。 】

【2016/01/11】 【 乾貴士 】 1得点。1つのPK獲得。間違いなくチームの最高点評価を得られてもおかしくないような活躍だった。 【 エイバル vs エスパニョール 】

【2016/01/10】 【 本田圭佑 】 同点ゴールをアシスト。追い風になりそうな気配。 【 ローマ vs ミラン 】

【2016/01/07】 【 本田圭佑 】 良い守備で主導権を握り、良い守備から良い攻撃の形を作り、3人以上の選手たちによる連動性、連携力、それをチームに落とし込んで、最後は個によるクオリティ、最後は個による決定力。 【 ミラン vs ボローニャ 】

【2016/01/04】 【 乾貴士 】 課題は、コミュニケーション、走れる、集中力を保てる、という部分。 【 ベティス vs エイバル 】

【2016/01/03】 【 岡崎慎司 】 オプションの1つとして右サイドでも使ってみて欲しい。 【 レスター vs ボーンマウス 】

【2016/01/02】 勝負弱さはどこから生まれるのだろうか?

【2015/12/31】 今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2015年も御愛読ありがとうございました。

【2015/12/27】 【 岡崎慎司 】 難しい試合だったがネガティブになる必要はないと思う。 【 リヴァプール vs レスター 】

【2015/12/25】 日本サッカーのアイデンティティの確立とは?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セリエA 15-16
タグ:
本田
本田圭佑
ミラン
ACミラン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

テレンス・コンゴロと2018年までの新契約で合意【我がフェイエノールト】

ロナウジーニョ、デビュー間もないメッシを「史上最高の選手になる」と紹介していた【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ミランの補強、中間採点【G&AC】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2021
  • 累計のページビュー:24621465

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss