FCKSA66

【 乾貴士 】 1得点。1つのPK獲得。間違いなくチームの最高点評価を得られてもおかしくないような活躍だった。 【 エイバル vs エスパニョール 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第19節 開催日:2016年1月10日 結果 :エイバル勝利 スコア:「2-1」 得点者:乾貴士 ジョルダン バストン(PK)

【 エイバル 】

FW エンリヒ バストン MF 乾貴士 ガルシア エスカランテ ケコ DF ルナ ラミス パンティッチ カパ GK リエスゴ

FW ベルホン MF 乾貴士 ヴェルディ ケコ MF ガルシア ゴンサレス DF ルナ ラミス パンティッチ カパ GK リエスゴ

前半15分、乾の鮮やかなシュートが決まって、エイバルが幸先良く先制点。しかし、前半22分、エスパニョールのジョルダンのシュートがリフレクトしてゴールマウスに吸い込まれ、エイバルは同点に追い付かれてしまう。ただ、この試合の乾はずっとパフォーマンスが良く、後半29分、左サイド、ドリブルでPA内へと仕掛けてPKを獲得。そのPKをきっちりとバストンが決め、再びエイバルが1点のリード。その後は、交代策で優勢を保ち、そのままスコア「2-1」でエイバルが勝利、という結果に終わった。

エイバルというチームは、パフォーマンスの波が少なく、「4-4-2」、「4-2-3-1」、「4-1-2-3」、など複数のシステムを使うが、それに選手たちが戸惑う事も無い。おそらくそれは、役割分担がハッキリしていたり、攻守における戦い方がシンプルであったり、連携がしっかりとチームに落とし込まれているからだと思う。そういう意味では、ハリルジャパン、日本代表が世界の強豪国と戦うにおいて、どのようなチームになれたら良いのか、という1つの有り様というのが、エイバルにはあるかなと。

そして、この試合の乾のパフォーマンスについては、デル・ピエロを思わせるような先制点のシュート然り、PKを獲得した事然り、間違いなくチームの最高点評価を得られてもおかしくないような良さだった。他にも、右からのクロスに中央で右足で合わせたり、ヘディングシュートを放ったり、落ち着いたプレイと高い技術を見せて良い繋ぎ役となったり、レアル・マドリード戦と同じぐらいの良いパフォーマンスだった。もちろん、守備についても、きちんと頑張っていたし効いていた。代表復帰に大いに期待したい。



○ 最新エントリー

【2016/01/14】 北朝鮮戦(Uー23) 【 勝つ事で成長させながら、このチームのアイデンティティを確立させるべし。 】

○ 過去エントリー

【2016/01/11】 【 乾貴士 】 1得点。1つのPK獲得。間違いなくチームの最高点評価を得られてもおかしくないような活躍だった。 【 エイバル vs エスパニョール 】

【2016/01/10】 【 本田圭佑 】 同点ゴールをアシスト。追い風になりそうな気配。 【 ローマ vs ミラン 】

【2016/01/07】 【 本田圭佑 】 良い守備で主導権を握り、良い守備から良い攻撃の形を作り、3人以上の選手たちによる連動性、連携力、それをチームに落とし込んで、最後は個によるクオリティ、最後は個による決定力。 【 ミラン vs ボローニャ 】

【2016/01/04】 【 乾貴士 】 課題は、コミュニケーション、走れる、集中力を保てる、という部分。 【 ベティス vs エイバル 】

【2016/01/03】 【 岡崎慎司 】 オプションの1つとして右サイドでも使ってみて欲しい。 【 レスター vs ボーンマウス 】

【2016/01/02】 勝負弱さはどこから生まれるのだろうか?

【2015/12/31】 今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2015年も御愛読ありがとうございました。

【2015/12/27】 【 岡崎慎司 】 難しい試合だったがネガティブになる必要はないと思う。 【 リヴァプール vs レスター 】

【2015/12/25】 日本サッカーのアイデンティティの確立とは?

【2015/12/24】 澤穂希の引退。サンフレッチェ広島の3位とバルセロナの優勝。モウリーニョとグアルディオラの退任。批評するという事。

【2015/12/23】 【 香川真司 】 少しのターンオーバーでは回復しきれない疲労の蓄積があるのかなと。 【 ケルン vs ドルトムント 】

【2015/12/22】 【 原口元気 】【 武藤嘉紀 】 2人の課題はテクニックと判断力。 【 ヘルタ vs マインツ 】

【2015/12/21】 【 本田圭佑 】 アバーテとのコンビ復活か? スタメン、フル出場の本田が、イタリア杯のサンプドリア戦に続き、2試合連続でのアシスト。 【 フロジノーネ vs ミラン 】

【2015/12/20】 【 岡崎慎司 】 スタメン、フル出場の岡崎が1つのPK獲得と1得点で勝利に大きく貢献。 【 エヴァートン vs レスター 】

【2015/12/18】 【 本田圭佑 】 ロングパスから一人で本田が起点を作り2点目をアシスト。 【 サンプドリア vs ミラン 】

【2015/12/17】 アフリカ王者に勝利し、南米王者に善戦した事は、間違い無く素晴らしい事だったが、そのレベルをスタンダードにするためには、という事を考える事が重要。 【 サンフレッチェ広島 vs リバープレート 】

【2015/12/16】 【 香川真司 】 ピッチにどれだけ長い時間立っているのか、という事よりも、ピッチに立った時に、どれだけ高いパフォーマンスを発揮できるのか、勝利に貢献できるのか、という事の方が重要。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】

【2015/12/15】 【 本田圭佑 】 香川や本田のような選手が活きているか、機能しているか、というのは、そのチームの良し悪しのバロメーターにもなる。 【 ミラン vs ヴェローナ 】

【2015/12/14】 勝利できた5つのポイント。アフリカ大陸王者に快勝。 【 サンフレッチェ広島 vs マゼンベ 】

【2015/12/13】 【 大迫勇也 】 多くの日本人選手に足りない身体能力、あるいは、多くの日本人選手に足りないフィジカル、というのは何か。 【 ブレーメン vs ケルン 】

【2015/12/11】 システマティックな攻守が躍進の鍵。 【 サンフレッチェ広島 vs オークランド・シティ 】

【2015/12/10】 セットプレイとミドルシュート。放り込み攻撃に対する守備。サイドの選手の得点力あるいは決定力。

【2015/12/09】 評価は減点方式ではなく加点方式で。個ではなく組織は桃源郷のようなもの。いかにシンプルにできるのか。そしてそのクオリティ。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:
エイバル
乾貴士

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シャビ・アロンソ=約束された名将への道=【no title】

バルセロナ:国王杯第2戦はベストメンバーを起用するか?【ジョルディのバルセロナ通信】

最近のユナイテッド【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2060
  • 累計のページビュー:24300692

(08月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss