FCKSA66

香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


○○選手は守備力が高いのか低いのか? よく水掛け論的な言い合いになると思うのだが、大きなポイントとなっているのは、効果、という事だと思う。例えば、香川とハーフナーを比べてみた時に、ファーストディフェンダーとして守備をしているのか? と問われれば、香川もハーフナーも「YES」という事になる。しかし、ファーストディフェンダーとして効果的な守備ができているのか? と問われれば、香川は「YES」で、ハーフナーは「No」である、というのが個人的な意見。ちなみに、ファーストディフェンスと言うと、それはFWがやる事である、と思っている人がいるかもしれないが、ファーストディフェンスは、トップ下やSHなどの2列目もやるべき事であるので、香川とハーフナーではポジションが違うから、というのは違う。

では、なぜ香川のファーストディフェンスは効果的な場合が多く、なぜハーフナーのファーストディフェンスは効果的ではない場合が多いのか? 1つには、寄せるスピードが違う。やはり、寄せるスピードが遅ければ、当たり前の事ではあるが、相手に与える心理的なプレッシャーが弱くなる。そして、2つには、パスコースを塞ぐ上手さと間合いの取り方の上手さが違う。

香川の場合は、遠くの位置から寄せに行く場合でも、パスコースを塞ぎながら寄せに行く。相手のパスコースのルート上を通って寄せに行く、と表現しても良い。もちろん、全てのパスコースを塞ぐ事は不可能なので、横か縦か、どちらかは空けながら、という事にはなるが、例えば3つか4つぐらいパスコースがあったとしたら、その内の2つぐらいのコースを塞ぎながら寄せる。寄せながら、相手の動きを見て、蹴りそうな方に動くフェイクを入れながら寄せに行く、という動きをよく見る。それから、間合いというのは、寄せて行って止まった時に、近すぎればかわされて(入れ替わられて)しまうし、遠すぎればプレッシャーを与えられないので、相手に、かわそうとすれば取られてしまうかもしれない、パスを出そうとすれば寄せて来た選手に当ててしまうかもしれない、という感覚を与える事ができる適切な間合いというのがあって、香川はその間合いの取り方に優れている。

一方、ハーフナーの寄せ方というのは、パスコースを塞ぎながら寄せる、という事がほとんど無い。従って、寄せに行く途中でパスを出されてしまう、という事が多い。それから、寄せて行って止まった時にも、相手との間合いが近すぎたり遠すぎたりする事が多いので、簡単にかわされてしまったり、簡単にパスを出させてしまう事が多い。ちなみに、間合いという事に関して言うと、香川とハーフナーでは体格や身体能力の特徴に大きな違いがあるので、香川とハーフナーが取るべき相手との適切な間合い、というのは異なる。従って、この距離が適切な間合いである、という事を決める事はできないのだが、とにかく、相手に、かわそうとすれば取られてしまうかもしれない、パスを出そうとすれば寄せて来た選手に当ててしまうかもしれない、という感覚を与える事ができる適切な間合いというのはあって、ハーフナーはその間合いの取り方があまり良くない。

では、その結果として何が起こるのかと言えば、香川のファーストディフェンスからは、相手が他に選択肢が無くなって、とりあえず前にボールを蹴る、という回数が増え、ボランチやDFのところでマイボールにできる回数が増える。しかし、ハーフナーのファーストディフェンスからは、そういう事を起こせる回数が減る。従って、ファーストディフェンダーとして効果的な守備ができているのか? と問われれば、香川は「YES」で、ハーフナーは「No」である、という事になるのだが、ではなぜ、ハーフナーは守備で(も)貢献している、という評価をしてしまう人がいるのかと言えば、やっているとできているを見分ける事ができていない、効果的なのか効果的では無いのかを判断する事ができていない、からで、量だけではなく質を考える事が重要だと言える。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【サイドの攻防に敗れた】なでしこ-北朝鮮【ピッチの陽だまり】

ブンデスリーガで旋風を起こすニュータイプのキーパー【ベルリンからブンデス観察】

レアルマドリードに与えられた五年という歳月、リバプールが失った五年という年月。【明日は曇り】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2961
  • 累計のページビュー:24130455

(04月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss