FCKSA66

香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :プレミアリーグ 第29節
開催日:2014年3月8日
結果 :マンチェスター・ユナイテッド勝利
スコア:「0-3」
得点者:ジョーンズ ルーニー ウェルベック

○ 最新エントリー

【2014/03/11】 本田圭佑とACミランがやるべき、横ではなく縦の選手との入れ替わり。

【2014/03/10】 本田圭佑は右SHやトップ下として先発フル出場。本田の賭けは成功するか? 【 ウディネーゼ vs ACミラン 】




【 マンチェスター・ユナイテッド 】

FW ファン・ペルシ
MF ヤヌセイ ルーニー マタ
MF キャリック フェライニ
DF エヴラ ジョーンズ スモーリング ラファエル
GK デ・ヘア

FW ウェルベック
MF 香川真司 ルーニー マタ
MF キャリック フェライニ
DF エヴラ ジョーンズ ヴィディッチ スモーリング
GK デ・ヘア


前半34分にキッカーがファン・ペルシのセットプレイからフィル・ジョーンズがヘディングで決めてマンチェスター・ユナイテッドが先制。マンチェスター・ユナイテッドは、いつものモイズが志向している攻撃だったが、決定的な得点チャンスを作ったのは1回ぐらいで、このままではどうかな、という感じだったのだが、セットプレイから得点を奪えて一安心という感じだった。そして、後半の20分には、右サイドからのクロスにルーニーがファーサイドへと走り込んでフリーとなりヘディングでシュートを決め、これでマンチェスター・ユナイテッドが2点のリードを奪う展開となった。ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンにも何度か良い攻撃はあったが、クリスタル・パレスと同様に、残念ながら個々の選手のプレイのクオリティというのが、この試合では最後のところや最後の1つ手前のところで欠けてしまっていて、という感じだった。

そして、2点のリードとなってからの後半31分、マンチェスター・ユナイテッドはヤヌセイに代えて香川を投入。ポジションは左SH。正直、ウェルベックはその前の時間の後半18分にファン・ペルシと交代して既にピッチに立っていたが、まだベンチにはヤングやギグスも残っていたし、これだとマタと香川を同時起用する事にもなるし、ここでモイズが香川を使ったのは少し驚きだった。3月19日のCLの試合へ向けて1試合なり2試合なりを使って香川をウォーミングアップさせたいという意図だったのか、2点のリードを奪ったので守備力やポゼッション力を上げたいという意図で香川を選んだのか、マタと香川の同時起用を試してみたのか、スポンサー的なものなのか、それとも、ヤングやギグスなどを温存させたいという意図の方だったのか。おそらくそこは、この先の2試合から3試合ぐらいを観れば判るのではないかと思う。

という事で、代表試合から中2日、個人的には少し予想外の途中出場となった香川だったが、香川はとにかくモイズどのようなサッカーを志向していようが関係無しに香川らしくプレイし、左サイドから中へと入って主にルーニーやウェルベックとのコンビネーションでチャンスを作っていた。ただ、やはり最近の香川は少しフィジカルを鍛え過ぎてしまっているせいか柔らかさやアジリティが以前と比べて落ちているような感じがあったり、バルセロナではないのでそこでもう1つリターンパスをしてもルーニーはまさか来るとは思っていないだろうというプレイをしてしまったり、少し歯がゆさが残るようなパフォーマンスだった。そして、後半37分にウェルベックが決めて3点のリードという展開になると、そこからのマンチェスター・ユナイテッドの選手たちは流すようなプレイとなり、もちろん香川もそうなって、そのまま試合終了という事になった。

まあ、香川にしてみたら、CLの試合での出場はあるかもしれないが、もうモイズの構想外となってしまっている事はわかっていると思うし、モイズの志向しているスタイルに自分のスタイルは適さないという事も考えていると思うし、それならばW杯へ向けてや来季に向けて怪我をしたくないという事もあると思うし、それから、やはり代表戦からの中2日という事での疲労感もあったと思うし、後半の37分という時間で3点のリードを奪っているという状況になれば、がむしゃらにプレイする必要は無い、という事にはなると思う。但し、その事については別に構わないのだが、やはり、最近の香川は少しフィジカルを鍛え過ぎてしまっているせいか柔らかさやアジリティが以前と比べて落ちているような感じがあり、その感じが一時期のフィジカルを鍛え過ぎてパフォーマンスを大きく落としたカズ(三浦知良)と重なるような感じがするので、そこは調整して欲しいと思う。


○ 最新エントリー

【2014/03/11】 本田圭佑とACミランがやるべき、横ではなく縦の選手との入れ替わり。

【2014/03/10】 本田圭佑は右SHやトップ下として先発フル出場。本田の賭けは成功するか? 【 ウディネーゼ vs ACミラン 】

○ 過去エントリー

【2014/03/09】 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】

【2014/03/08】 ザックジャパンの守備力を上げるためのクロスへの守備方法の改善策。

【2014/03/07】 ニュージーランド戦選手評価 【 岡崎と長友のパフォーマンスの高さが目立っていた。 】

【2014/03/06】 ニュージーランド戦 【 4得点できた理由と2失点してしまった原因とは? 】

【2014/03/05】 長友佑都は先発フル出場。W杯へ向けての手応えはあった? 【 ローマ vs インテル 】

【2014/03/04】 本田圭佑は後半26分から途中出場しボランチとしてプレイ。悪いプレイも良いプレイもあったが、評価無し、とするのが妥当だと思う。 【 ACミラン vs ユヴェントス 】

【2014/03/03】 酒井高徳は先発フル出場も守備での不安定さが改善されない。乾貴士はベンチ入りも出番無しで状況は厳しくなっている。 【 フランクフルト vs シュツットガルト 】

【2014/03/02】 岡崎慎司は先発フル出場。そろそろ攻撃も機能させたいマインツ。 【 レヴァークーゼン vs マインツ 】

【2014/03/01】 守備には改善が見られたセレッソ大阪。攻撃に流動性が欲しいサンフレッチェ広島。 【 セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島 】

【2014/02/28】 コンディションが最優先の横浜F・マリノス。ターニングポイントとなるシーズンの川崎フロンターレ。 【 全北現代モータース vs 横浜F・マリノス 】【 川崎フロンターレ vs 貴州人和 】

【2014/02/27】 香川真司は後半15分から途中出場。とにかく一日でも早く香川を取り巻く環境が正常化してくれる事を強く願う。【 オリンピアコス・ピラエウス vs マンチェスター・ユナイテッド 】

【2014/02/26】 攻撃に課題有りのサンフレッチェ広島。攻守に課題有りのセレッソ大阪。 【 サンフレッチェ広島 vs 北京国安 】【 浦項スティーラーズ vs セレッソ大阪 】

【2014/02/25】 長友佑都は先発フル出場。1つ1つのプレイを丁寧に行っていれば問題は起こらないと思う。 【 インテル vs カリアリ 】

【2014/02/24】 本田圭佑は右SHとして先発フル出場。及第点かそれよりも少し上ぐらいの良いパフォーマンスであったと思う。 【 サンプドリア vs ACミラン 】

【2014/02/23】 清武弘嗣は先発出場し後半24分までプレイ。10人の状況で同点弾となる素晴らしいミドルシュートを決める。しかしPK失敗も。 【 ニュルンベルク vs ブラウンシュヴァイク 】

【2014/02/22】 岡崎慎司は先発出場し後半29分までプレイ。ク・ジャチョルとチュポ・モティングが悩みどころのマインツ。 【 シャルケ vs マインツ 】

【2014/02/21】 悪くはなかったが負けてしまったACミラン。2nd.legでの布陣や戦い方をどうするのか? 【 ACミラン vs A・マドリード 】

【2014/02/20】 細貝萌は先発フル出場。スタートポジションをサイドにして中央でもプレイさせるという考え方。【 ヘルタ・ベルリン vs ヴォルフスブルク 】

【2014/02/18】 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。

【2014/02/17】 清武弘嗣は先発出場も前半だけで交代。物足りなさからの脱出が清武の課題。 【 アウグスブルク vs ニュルンベルク 】

【2014/02/16】 本田圭佑を正しく評価したい。真実が多く示されているのはやはりピッチ内である。

【2013/12/16】 ブラジルW杯での目標はベスト8である、という事が全て。

【2013/12/13】 ブラジルW杯では4試合を戦うという想定でプランを考えるべし。

【2013/12/05】 「日本らしいサッカー」というカビの生えた古臭い固定観念からの脱却が進歩への道。

【2013/10/29】 96ジャパンの評価。吉武博文サッカーにある光と影。

【2013/09/20】 資金力不足やメディア露出不足が解消されるならば臥薪嘗胆でそれを受け入れるしかないのではないのだろうか。

【2013/09/04】 求められているのは守備意識と守備能力の高さであって運動量やハードワークではない。

【2013/08/23】 哲学の問題ではなくセオリーの問題だ。結果論ではなく確率論だ。様式美ではなく機能美を選択するべきだろう。

【2013/08/20】 思考停止に陥らず、時には勇気をもって攻撃的に、時には勇気をもって守備的に、それを正しく実行できる判断力と技術や身体能力を高める事こそが輝かしい未来への道であると思う。

【2013/06/30】 中田英寿とウルグアイ。いつまで経っても日本は守備力の重要さに正面から向かい合おうとしない。そこに正面から向き合う勇気を日本人には持って欲しい。

【2013/06/29】 日本だけを観てどちらにするべきか議論しても意味は無いので、そろそろそういう不毛な議論からは脱却してもらいたい。

【2012/11/18】 メディアやジャーナリズムという伝える側の問題点と存在意義の本質。メディアやジャーナリズムはどうあるべきか?

【2012/10/20】 ブラジル戦の評価を誤ってはいけない。日本のサッカーをミスリードしてはいけない。日本のサッカー人は間違った固定観念や恥ずかしい考え方を捨てるべき。

【2012/10/06】 現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プレミア 13-14
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第27節結果。大一番を制したローダが最下位脱出、PSV6連勝【我がフェイエノールト】

俺から見たバジャドリード対バルセロナ【バルセロニスタ】

カシージャス、「首位に立っているのは、ディエゴ・ロペスの活躍による部分が大きい」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2961
  • 累計のページビュー:24130455

(04月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss