FCKSA66

香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :CL グループA 第5節
開催日:2013年11月27日
結果 :マンチェスター・ユナイテッド勝利
スコア:「0-5」
得点者:バレンシア OG エヴァンズ スモーリング ナニ

○ 最新エントリー

【2013/12/01】 岡崎慎司が世界トップクラスのFWとなるためには? 【 マインツ vs ドルトムント 】



【 マンチェスター・ユナイテッド 】

FW:ルーニー
MF:香川真司
MF:ナニ ギグス ジョーンズ バレンシア
DF:エヴラ エヴァンズ ファーディナンド スモーリング
GK:デ・ヘア

FW:ナニ
MF:アンデルソン
MF:香川真司 ギグス ジョーンズ ヤング
DF:ビュットナー エヴァンズ ファーディナンド スモーリング
GK:デ・ヘア


狙い通りの試合展開となって、マンチェスター・ユナイテッドにとっては楽な試合だった。レヴァークーゼンがもう少し慎重な戦い方をしてきたら苦しんだかなと思うが、前半22分、香川が起点となったカウンターからマンチェスター・ユナイテッドが先制。そして、前半31分には香川がファールを受けて得たセットプレイからオウンゴールで2点目を奪うと、後半21分と後半32分にはCKの流れから3点目と4点目を奪い、最後はカウンターからナニが5点目を奪って、結果はスコア「0-5」でマンチェスター・ユナイテッドの大量得点勝利という事になった。

以前のエントリーで、香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う、という事を書いたが、まさに香川はそういう感じのプレイをしていた。ファーストディフェンダーとして、とても効果的に働き、個人的には、ナニ、ギグス、ファーディナンド、という3人を同時起用して守備は大丈夫だろうか、と思っていたが、ルーニーと香川がファーストディフェンダーとして優秀である事によって守備を機能させていた。そういう意味では、日本代表において、徹底的に堅守カウンターで戦う場合には、岡崎を1トップ、香川をトップ下、という「4-4-1-1」にするのも有りなのではないかと思う。

そして、5得点の内の3得点もしくは4得点に絡んでいた、という結果からもそうであるように、攻撃面でも香川は良い働きをしていた。ファーガソン時代の終盤からそうだが、最近のマンチェスター・ユナイテッドに欠けていた選手は、守備力があって攻撃を組み立てられる選手で、つまりスコールズのような選手で、ポジションはボランチではないが、香川はスコールズの後継者となる事によってマンチェスター・ユナイテッドでの不動の地位を確立させられると思う。得点が欲しいと思っていると思うが、もちろん得点は取れた方が良いに決まっているが、しかし、得点を取れる選手は多く存在しているので、という事を考えれば答えは見えてくるのではないだろうか。

ルーニーと香川のコンビネーションは良いし、エヴラも香川とが一番呼吸が合っているし、バレンシアもかなり香川狙いのクロスを入れるようになっているし、ギグスは香川の特性を引き出そうというプレイを意識的に多くやってくれているし、香川のパフォーマンスさえ良ければモイズは香川を主力組として使い続けると思う。これでファン・ペルシやフェライニとのコンビネーションがもう少しでも良くなれば、ポジションはどこであれ、香川はスコールズのような存在になれると思う。チームにおいて、ナンバーワンではなくオンリーワンになる、という事は重要だ。セルティックでの中村俊輔がまさにそうだった。

という事で、攻守においてハイパフォーマンスを見せた香川だが、個人的には1つだけ不満な要素があった。それは、もう少し下がってプレイして欲しかった、という事。前半の序盤にマンチェスター・ユナイテッドが少し苦戦したのは、奪ってからの攻撃がなかなか機能していなかったからで、やはりトップ下とボランチの距離が遠くなっていると機能性が落ちるし、また、香川やルーニーのような選手が時にはボランチの位置ぐらいまで下がってビルドアップに参加しないとマンチェスター・ユナイテッドのビルドアップには厳しさがある。

更には、香川が下がって(3ボランチ気味になる事で)両SHを前に押し上げる(「4-4-1-1」から「4-3-3」に変化させる)、という事をやるとより良くなると思うし、また、クロスに対して1つ遅れたタイミングで入る、マイナスのクロスからやセカンドボールを拾ってシュートするイメージでプレイする、その方が香川のようなタイプの選手は得点が取れるようになると思う。もちろん、高い位置でズバッと来る縦パスを受けるとか、クロスに対してヘディングで飛び込むとか、そういうプレイも必要だが、基本的には前述したようなプレイをした方がパフォーマンスの安定感は増すように思う。

○ 最新エントリー

【2013/12/01】 岡崎慎司が世界トップクラスのFWとなるためには? 【 マインツ vs ドルトムント 】

○ 過去エントリー

【2013/11/29】 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】

【2013/11/25】 1トップとして復活の狼煙を上げる岡崎慎司。日本代表で岡崎と柿谷の起用するポジションを入れ替えてみるのも良いのではないだろうか。 【 ブレーメン vs マインツ 】

【2013/11/22】 ベルギー戦選手評価 【 ザックには20人前後ぐらいの選手を最大限に活用して勝利を求める采配をお願いしたい。 】

【2013/11/21】 ベルギー戦 【 どこが変わったのか? しかし変わらなかった部分も。 】

【2013/11/19】 オランダ戦選手評価 【 個としての課題を1つ1つクリアして行く事がチーム力のアップに直結すると思う。 】

【2013/11/18】 オランダ戦 【 後半に日本が良くなった理由。香川と遠藤をスタメン起用しなかった理由。ベルギー戦へ向けて。 】

【2013/11/14】 岡崎慎司と乾貴士について。 【 マインツ vs フランクフルト 】

【2013/11/12】 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】

【2013/11/08】 戦い方の幅を広げる戦い。これからのザックジャパンがやるべき6つの事。

【2013/11/05】 「3-4-3」は日本人選手に適していない?

【2013/10/29】 96ジャパンの評価。吉武博文サッカーにある光と影。

【2013/10/10】 レアル・マドリードの問題点。中央でプレイしたがるC・ロナウド。エジルの抜けた穴。シャビ・アロンソ不在の穴。個人的に考える現在のベスト布陣。

【2013/10/09】 日本人選手に参考にして欲しいネイマールのプレイ。【 バルセロナ vs バジャドリード 】

【2013/10/08】 清武弘嗣も長谷部誠もスタメン出場。清武は後半28分で交代。ミヒャエル・ヴィージンガー監督では限界。 【 ニュルンベルク vs ハンブルガーSV 】

【2013/10/07】 ファン・ペルシ、ルーニー、香川、ヤヌセイ、という4人が攻撃的なポジションに並ぶ事が輝かしい未来となるかもしれない。 【 サンダーランド vs マンチェスター・ユナイテッド 】

【2013/10/06】 3バック対3トップだった場合にどうするのか。ザックジャパンでの「3-5(3ボランチ)ー1-1」でのメンバーと配置について。 【 インテル vs ローマ 】

【2013/10/04】 ヘラルド・マルティーノのバルセロナ。CBの個の力に頼り過ぎた守備をせずメッシが不在でも省エネでも勝てるサッカーを実現させようとしている時期。

【2013/10/03】 香川真司は出場無し。手堅い采配が手堅くならず。モイズにはもう少し緻密さが必要だと感じる。【 シャフタル・ドネツク vs マンチェスター・ユナイテッド 】

【2013/10/02】 2つのプレイにおける香川真司と周囲の選手との関係について。

【2013/10/01】 岡崎慎司は良いところ無く後半37分で交代。細貝萌はフル出場で勝利に貢献していたがプレイに重みや安定感を欠く。 【 ヘルタ vs マインツ 】

【2013/09/30】 清武弘嗣は1ゴール1アシストの活躍。長谷部誠はもっとプレイスピードを上げたり動きの量を増やしたりする必要があると思う。 【 ブレーメン vs ニュルンベルク 】

【2013/09/29】 香川真司は左SHとしてスタメン出場。香川を前半だけで交代させたモイズの采配が裏目に・・・。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン 】

【2013/09/28】 長友佑都もチームも好調。インテルは開幕から4勝1分0敗。 【 インテル vs フィオレンティーナ 】

【2013/09/27】 香川真司について感じた3つの事。フィジカルアップの注意点。リズムの遅さをどうチームに落とし込むのか。ボールキープ力を上げるための鍵となる技術。

【2013/09/24】 香川真司はベンチ入りも出番無し。ネガティブな部分が全部結果として出てしまった試合だった。 【 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

【2013/09/23】 最新版の「3-4-3」によるトータルフットボールと言えるインテル(ワルテル・マッツァーリ)の「3-5(3ボランチ)-1-1」。

【2013/09/22】 清武弘嗣は及第点のパフォーマンスも結果が欲しい。長谷部誠は代表戦での疲労も回復してパフォーマンスが向上。【 ニュルンベルク vs ボルシア・ドルトムント 】

【2013/09/20】 資金力不足やメディア露出不足が解消されるならば臥薪嘗胆でそれを受け入れるしかないのではないのだろうか。

【2013/09/18】 香川真司が左SHとしてスタメン出場。可能性をピッチで示し続ける事が明るい未来への道。【 マンチェスター・ユナイテッド vs バイヤー・レヴァークーゼン 】

【2013/09/10】 日本代表が先に進むためには見つけ出さなければならない答えがある。

【2013/09/06】 ザックジャパンの守備を改善する方法。

【2013/09/05】 もっと戦うという事に対しての考え方に鋭利さを感じさせて欲しい。戦い方に知恵やクオリティを感じさせて欲しい。

【2013/09/04】 求められているのは守備意識と守備能力の高さであって運動量やハードワークではない。

【2013/08/23】 哲学の問題ではなくセオリーの問題だ。結果論ではなく確率論だ。様式美ではなく機能美を選択するべきだろう。

【2013/08/20】 思考停止に陥らず、時には勇気をもって攻撃的に、時には勇気をもって守備的に、それを正しく実行できる判断力と技術や身体能力を高める事こそが輝かしい未来への道であると思う。

【2013/08/11】 ペースを大きく変えられる能力を重要視するべきなのではないだろうか。

【2013/08/08】 第19節を終了した時点までの簡単なデータでJ1各クラブの今季を昨季と比較考察。

【2013/08/02】 変化と成熟は両輪にしていくべき。なでしこジャパンは良さをできるだけ長く継続させようとするべき時期にある。

【2013/07/13】 日本に良質なサッカー文化を根付かせるための努力をしたい。

【2013/07/12】 日本人のメンタリティ、日本人選手のメンタリティ、という事についての考察。

【2013/07/11】 まだまだ日本人選手のテクニックは高くないと考える理由。そして高くならない理由。

【2013/07/10】 日本人選手に欠けている、サッカーというスポーツにあるセオリー、という基礎力。

【2013/07/04】 とにかく重要なのは今までベースとしてきた布陣が攻撃的なオプションであると考える事。それ以上に攻撃的になる布陣が必要だとは思えない。

【2013/06/30】 中田英寿とウルグアイ。いつまで経っても日本は守備力の重要さに正面から向かい合おうとしない。そこに正面から向き合う勇気を日本人には持って欲しい。

【2013/06/29】 日本だけを観てどちらにするべきか議論しても意味は無いので、そろそろそういう不毛な議論からは脱却してもらいたい。

【2013/06/19】 「3-4-3」よりも「4-4-1-1」に近い形での「4-3-2-1」の方をチャレンジしてみて欲しい。

【2013/02/25】 20周年目のJリーグが抱えている問題点。その改善策の提案とJリーグが将来に目指すべき立場や価値や役割の創設について。世界に一歩先立つ事も必要。

【2012/11/18】 メディアやジャーナリズムという伝える側の問題点と存在意義の本質。メディアやジャーナリズムはどうあるべきか?

【2012/10/20】 ブラジル戦の評価を誤ってはいけない。日本のサッカーをミスリードしてはいけない。日本のサッカー人は間違った固定観念や恥ずかしい考え方を捨てるべき。

【2012/10/06】 現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プレミア 13-14
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

俺からひと言:ビルバオ対バルサは好ゲームの予感【バルセロニスタ】

[プレミアリーグ第13節:チェルシー×サウサンプトン]プレビュー【RHAPSODY IN BLUES】

【分析】レバークーゼン vs ユナイテッド~両エースの比較と香川に見るスペースの活かし方~【With The Red Devils】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:901
  • 累計のページビュー:24282614

(07月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss