FCKSA66

天皇杯 準々決勝 【名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス】 【セレッソ大阪 vs ガンバ大阪】

このエントリーをはてなブックマークに追加

○ 名古屋グランパス 「6PK7」 横浜F・マリノス
○ セレッソ大阪 「1-2」 ガンバ大阪
○ ジェフ千葉 「0-1」 鹿島アントラーズ
○ 大宮アルディージャ 「2-3」 柏レイソル

○ 最新エントリー

【2012/12/29】 ハーフナー・マイク。安田理大。カレン・ロバート。2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/27】 本田圭佑。長友佑都。香川真司。吉田麻也。2012ー13シーズン前半期総括。




○ 名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス

スコア「0-0」。「6PK7」でマリノスが勝利した試合でした。まず、その勝利したマリノスの攻撃ですが、グランパスの弱点である、中盤の底、バイタルエリア、PA付近、そのゾーンでの仕掛け、とりわけ、ドリブルでの仕掛け、そういう攻撃をもっと意識した方が良かったかなと思います。「4-2-3-1」のトップ下である中村俊輔をダイヤモンドの底として、1トップの小野を頂点として、その左右の中間地点に狩野と兵藤がいるような、コンパクトなダイヤモンドの形を作り、それによる中央突破ですね。

グランパスは「4-1-2-3」で、恒常的に中盤の底のゾーンには守備の弱さがあり、また、CBの闘莉王と増川は、更には、アンカーのダニルソンは、スピードやアジリティには欠けるタイプの選手なので、そこに対してどんどんショートパスとドリブルで仕掛ける、そういう攻撃をもっと意識した方が良かったと思います。そして、そうすれば、中村俊輔が直接FKを決めやすい場所でのファールも、もっと得られたかなと思います。マリノスの攻撃は、前の4枚の内の1人がボールを持った時に、他の3人の選手が早々にゴール前へ入ってしまい、そこで止まって待ってしまっている状態になっている攻撃が多かったので、そのあたりですね。

そして、残念ながら負けてしまったグランパスの攻撃については、ケネディや闘莉王などを1トップの位置に起用しない、機動力のある選手を前の5枚に並べた布陣で、それによる流動性の高い攻撃というのは効果的な部分もありましたが、しかし、もう少し、引き寄せる、引き出す、という事を意識した攻撃をした方が良かったかなと思います。マリノスは「4-2-3-1」もしくは「4-4-1-1」のような形で、トップ下の中村俊輔も「4-4」の守備ブロックに加わるようにして守り、ボールサイド、ボールがあるゾーン、そこに人数をかける守備をしていました。

という事は、必然的にボールが無いゾーンでの枚数というのは少なくなりますから、例えば、楔を入れてそこにマリノスの守備を引き寄せ、充分に引き寄せたら一度戻して、そこからサイドへ展開、もしくは、大きくサイドチェンジ、またそこから中央のCBやボランチの選手をサイドへ引き出して、最後はクロスボールからゴール前やバイタルエリアでフィニッシュ、という攻撃ですね。もちろん、そういう攻撃をやれていた時もあって、その時に何回か決定的なチャンスは作れていましたが、その引き寄せや引き出しを、もうワンテンポ我慢してやれれば得点に繋がったかなと思います。

更に、もう1つには、ロングシュート、ロングランニング、ロングフィード、つまり、もう少し「長さ」を使った攻撃をした方が良かったかなと思います。マリノスの戦い方は、ブロックを作って守り、場合によってはDFラインを高く上げてくる、前に食い付いてくる、それによってショートカウンターを狙う、というやり方をしていましたので、その逆を突いてロングランニングとロングフィードで攻撃する、という事ですね。そして、押し込んだ場合には、マリノスはゴール前に人数をかけますから、そうなったらロングシュート、という事ですね。

マリノスの守備は、闘莉王が攻撃参加した時に、人数的には足りているはずなのに、なぜかその攻撃参加した闘莉王へのマークが曖昧になっている事が多かったのですが、そこにも前述したような攻撃の有効性が見られていたと思います。また、グランパスの攻撃陣には、機動力やスピードに優れているような選手が多いのですが、そこにロングランニングの要素が足りていない、ロングランニングを武器とするような攻撃をパターン化させていない、という事もありますので、そこも1つ来季に向けての課題と言えるかなと思います。


○ セレッソ大阪 vs ガンバ大阪

遠藤の先制点、後半からの出場となった柿谷の同点ゴール、そして、延長戦での家長の得点でガンバ大阪が勝利した試合でした。まず、その勝利したガンバ大阪については、今野という選手を使って、中盤の守備力を高めるのか最終ラインの守備力を高めるのか、その選択がポイントになっているのではないかと思います。そして、個人的には、以前からも書いているように、遠藤と今野の適性ポジションであったり、中盤での守備力の重要性であったり、という観点から、遠藤トップ下、今野ボランチ、という「4-2-3-1」の方が良いのかなと思っています。

そうする事によって、CBが岩下と中澤でやっていけるならば、全体的な守備力というのはアップすると思いますし、また、攻撃面でも、トップ下の位置で遠藤が幅広く動く事によって、更に良さが出てくるのではないかと思います。そして、レアンドロ、遠藤、明神、今野、中澤、岩下、というセントラルをしっかりさせる事によって、佐々木、二川、藤春、加地、という選手たちがサイドから仕掛ける攻撃を構築し、そこに威力を持たせる、という事がベストなのではないかなと思います。つまり、攻守、セントラルとサイド、そこのバランスを良くする、という事ですね。

そして、残念ながら負けてしまったセレッソ大阪については、まず、この試合での山口は「4-4-2」の左SHとしてスタメン出場し、後半、「3-4-2-1」に変えてからはボランチの位置でプレーしましたが、やはり2ボランチは扇原と山口で固定させた方が良いかなと思います。もし扇原が移籍してしまったとしても、山口を中盤の底で軸としたチームを作った方が良いかなと思います。また、もし横山をボランチとして使いたいのであれば、横山をアンカーにおいた扇原と山口との3ボランチにするか、もしくは、扇原をトップ下に上げた三角形の中盤の形にするか、どちらかの方が良いかなと思います。

そして、香川、乾、家長、清武、キム・ボギョン、このあたりの選手が抜けてしまった事による、攻撃陣の戦力不足に関しては、やはり、杉本、柿谷、南野、このあたりの選手の成長を図る事が一番かなと思います。まず、杉本はもう少しポストプレーの巧みさを、柿谷はもう少し勝利ための献身的なプレーを、南野はもう少したくましさを、という事になってくると思います。それぞれ既に武器と言えるような良さは持っていますし、それを発揮できてもいますから、そこはまたクルピ監督の育成手腕に高く期待したいところですね。後は、チームとしては、最終ラインの強度をもう少し、というところかなと思います。


○ 最新エントリー

【2012/12/29】 ハーフナー・マイク。安田理大。カレン・ロバート。2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/27】 本田圭佑。長友佑都。香川真司。吉田麻也。2012ー13シーズン前半期総括。

○ 過去エントリー

【2012/12/25】 天皇杯 準々決勝 【大宮アルディージャ vs 柏レイソル】 【ジェフ千葉 vs 鹿島アントラーズ】

【2012/12/24】 天皇杯 準々決勝 【名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス】 【セレッソ大阪 vs ガンバ大阪】

【2012/12/21】 【3】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/20】 【2】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/19】 【1】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/18】 恒常的な強さを発揮するためには「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」という戦略性を持ち得る事が必要。

【2012/12/17】 南米王者のコリンチャンスが欧州王者のチェルシーに競り勝ってCWC初優勝。その質の高さに酔いしれた決勝戦。

【2012/12/16】 日本のサッカーは決定力という事に関して個人の感覚だけに依存させない文化を作り上げるべきなのではないか。

【2012/12/14】 スタイルをも超越する個の力。スタイルの確立という「らしさ」の次に必要になってくる「らしく無さ」。

【2012/12/13】 サンフレッチェ広島がアジア王者の蔚山現代に勝利。来季のACLに光明。しかし、少しモヤモヤした感覚も残った。

【2012/12/12】 育成に関する提言。育成に関するエントリーまとめ。

【2012/12/10】 駆け引きで良い答えを出したときに、しっかりと技術が伴ってなければいけない。もう少しシュートの意識を全体が強く持っていれば良かったかなと。

【2012/12/09】 マイケル・オーウェンの発言から考える。将来に質を生み出すための現在の量は賛。しかし、将来に質を落とす結果となる現在の量は否。

【2012/12/06】 中山雅史に感謝。そして中山雅史に学ぶ。高い向上心と成長力。見え難い部分での能力の高さ。

【2012/12/04】 【 後編 】 J1リーグ2012総括。

【2012/12/03】 【 前編 】 J1リーグ2012総括。

【2012/11/30】 ザックジャパン総括2012 【 エントリーまとめ。 】

【2012/11/18】 メディアやジャーナリズムという伝える側の問題点と存在意義の本質。メディアやジャーナリズムはどうあるべきか?

【2012/10/20】 ブラジル戦の評価を誤ってはいけない。日本のサッカーをミスリードしてはいけない。日本のサッカー人は間違った固定観念や恥ずかしい考え方を捨てるべき。

【2012/10/06】 現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2012年ファジアーノ岡山総括(総合編)その1「ベストイレブンとMVP」【蹴鞠談議2】

G大阪!!天皇杯決勝進出(^O^)/【GMブログ+【Forest魂】】

ポジション別選手評価(1トップ・シャドー)【レッズ考察】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2227
  • 累計のページビュー:24572261

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss