FCKSA66

日本のサッカーは決定力という事に関して個人の感覚だけに依存させない文化を作り上げるべきなのではないか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1のクラブとJFLのクラブの対戦。格上の柏レイソルに対し、横河武蔵野FCは「5-3-1-1」という守備的な布陣で戦い、スコア「1-0」で柏レイソルが勝利した試合でした。柏レイソルの得点を取った田中順也のゴールが、先日のチェルシー対モンテレイ戦のマタのゴールに似ていたなぁ、という事はさて置き、この試合で気になったのは両チームの決定力の低さでした。スコアは「1-0」でしたが、両チームが作ったチャンスは少なくありませんでした。

○ 最新エントリー

【2012/12/24】 天皇杯 準々決勝 【名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス】 【セレッソ大阪 vs ガンバ大阪】




かつては、日本代表と言えば決定力不足が持病のような感じでしたが、最近ではあまり言われなくなりました。しかし、決定力不足の克服傾向は、主に欧州で活躍しているような一部のトップ選手たちには見られていても、まだまだ国内でプレーしている選手たちには見られていないように感じます。ちなみに、個人的に考えている決定力とは、得点の多い少ないではなく、また、シュート数に対する得点数の割合でもなく、いかに決定的な場面で得点を決められるのか、という事ですね。

この試合、柏レイソルには2点や3点を取って勝てる可能性がありましたし、また、横河武蔵野FCにも同点に追い付けるチャンスが2回もしくは3回ぐらいはありました。そして、試合結果を決定付けたのは田中順也の1得点でした。横河武蔵野FCに関しては、JFLのクラブだから・・・、と思うかもしれませんが、さりとてここまで勝ち残ってきたチームでもありますし、また、実際この試合でも柏レイソルとほぼ互角の戦いを見せた訳で、JFLのクラブだからと片付けてしまうのは違うように感じます。

では、その決定力不足の原因とは何であるのか? 1つには、シュートレンジの短さ。シュートレンジが短いために、シュートを撃つまでに1つ2つプレーの数を増やさなければならなくなり、それでチャンスを逸してしまう、という事。他にも、ミドルやロングのシュートを撃つためには大きなモーションが必要になり、それでチャンスを逸してしまう、という事もそうですね。アジアレベルの中においても、まだ、日本人選手のシュートレンジの短さ、というのは顕著で、ここは1つ解決しなければならない課題だと言えると思います。

おそらくは、意識の問題ではなくパワーやテクニックの問題で、ミドルレンジやロングレンジでも決められるパワーやテクニックに自信があるならば、日本人選手でもミドルレンジやロングレンジでのシュートが増えてくると思います。得点という事に対して、いかにゴール前で、いかにPA内で、という事も大切ですが、そこで勝負するのが厳しい場合もあるし、また、そこでの可能性を上げるためにも、つまり、ゴール前やPA内にスペースを作るためにも、ミドルレンジやロングレンジのシュートという事が必要になってきますよね。

シュートレンジが短いために、だからショートパスでアタッキングサードを崩す、という発想にも繋がってくるのだと思いますが、そろそろそれも限界に近づいているかなと感じます。もちろん、現在のバルセロナを最終地点とするならば、まだまだ先はあるとは思いますが、しかし、そこはあまりにも高い到達点であるように思います。それに、現在のバルセロナの選手であっても、パスだけではなくドリブルも長いレンジのシュートもある訳で、やはり少しショートパスからベクトルを変えないと、その目指すところのショートパスサッカーも行き詰ってしまうかなと思います。

そして、2つには、シュート感覚というのか、シュートに対する考え方というのか、あらゆる位置からのシュートを狙ったところへ蹴る、更には、GKの位置を瞬時に正確に把握して、そのGKが防げないであろうコースへ蹴る、その感覚や考え方の不足が日本人選手には多くあるような気がしています。ゴールの四隅を狙い、そこにあらゆる位置からのシュートを正確に蹴る、という事もそうですが、しかし、GKを外してしまえば何もゴールの四隅に蹴る必要は無くて、そのあたりの感覚や考え方の部分ですね。DFを外すところまでは考えていても、GKを外す事までは考えてシュートを撃っていないのではないか、そのように感じる事が多くあります。

あまり、ゴールの、四隅、四隅、と考え過ぎてしまったり、シュートのパワーやスピードで決めようと考え過ぎてしまうと、無駄に足に力が入り過ぎてしまい、その結果として「ふかして」しまったり、ミートが正確にできずに変な回転がかかってしまってゴールの枠を外してしまったり、ヘロヘロシュートになってしまったり、という事が多くなると思います。シュートを、GKを外して撃つという感覚であったり考え方、GKのタイミングを外して撃つという感覚であったり考え方、その感覚や考え方を身に付けないと、日本人選手全体の決定力というのは上がらないのではないかと思います。

あらゆる位置から、GKのタイミングを外してシュートを決める練習。そして、シュートの撃ち方として、蹴る、というよりも、流し込む、当てる、弾く、叩く、そういう感覚の練習。それが日本人選手には不足しているように感じます。更にそれは、崩してからシュート、ではなく、崩す前にシュート、崩さなくてもシュート、という要素へも繋がってきて、その能力を養う事が、行く行くは決定力不足の解決になって行くのではないかなと思います。崩そう、という意識が強過ぎるあまりに、また、それをパスに偏重してやろうとし過ぎるあまりに、肝心要なシュートという能力が養われていない、日本のサッカーには、特に国内でプレーする選手には、それを感じます。

やはり、サッカーは、ポゼッション率を競うスポーツでも、相手を崩したり相手に崩されなかったり、そこを競うスポーツでも、どちらでもなく、いかに得点を取るのか、いかに得点を取られないのか、そこを競うスポーツですから、シュートというフィニッシュの能力に欠けていたら、いくらフィニッシュの前までの形を良く作れる能力を持っていたとしても、その能力の意味が薄くなってしまいますよね。決定力というと、何か安易な言葉のようですが、日本のサッカーは決定力という事に関して、もっともっと深く考え、個人の感覚だけに決定力を依存させない文化を作り上げるべきなのではないかと思います。


○ 最新エントリー

【2012/12/24】 天皇杯 準々決勝 【名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス】 【セレッソ大阪 vs ガンバ大阪】

○ 過去エントリー

【2012/12/21】 【3】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/20】 【2】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/19】 【1】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/18】 恒常的な強さを発揮するためには「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」という戦略性を持ち得る事が必要。

【2012/12/17】 南米王者のコリンチャンスが欧州王者のチェルシーに競り勝ってCWC初優勝。その質の高さに酔いしれた決勝戦。

【2012/12/16】 日本のサッカーは決定力という事に関して個人の感覚だけに依存させない文化を作り上げるべきなのではないか。

【2012/12/14】 スタイルをも超越する個の力。スタイルの確立という「らしさ」の次に必要になってくる「らしく無さ」。

【2012/12/13】 サンフレッチェ広島がアジア王者の蔚山現代に勝利。来季のACLに光明。しかし、少しモヤモヤした感覚も残った。

【2012/12/12】 育成に関する提言。育成に関するエントリーまとめ。

【2012/12/10】 駆け引きで良い答えを出したときに、しっかりと技術が伴ってなければいけない。もう少しシュートの意識を全体が強く持っていれば良かったかなと。

【2012/12/09】 マイケル・オーウェンの発言から考える。将来に質を生み出すための現在の量は賛。しかし、将来に質を落とす結果となる現在の量は否。

【2012/12/06】 中山雅史に感謝。そして中山雅史に学ぶ。高い向上心と成長力。見え難い部分での能力の高さ。

【2012/12/04】 【 後編 】 J1リーグ2012総括。

【2012/12/03】 【 前編 】 J1リーグ2012総括。

【2012/11/30】 ザックジャパン総括2012 【 エントリーまとめ。 】

【2012/11/18】 メディアやジャーナリズムという伝える側の問題点と存在意義の本質。メディアやジャーナリズムはどうあるべきか?

【2012/10/20】 ブラジル戦の評価を誤ってはいけない。日本のサッカーをミスリードしてはいけない。日本のサッカー人は間違った固定観念や恥ずかしい考え方を捨てるべき。

【2012/10/06】 現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

やっぱ気分はええね【蒼と黒に魅せられた】

J1通算データいろいろ(1) ~通算勝利数、敗戦数の記録【せんだいサッカー日和】

天皇杯QF 千葉戦 ~エースの一撃【カシスタG裏から勝利を願う】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24570035

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss