FCKSA66

南米王者のコリンチャンスが欧州王者のチェルシーに競り勝ってCWC初優勝。その質の高さに酔いしれた決勝戦。

このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州王者チェルシー対南米王者コリンチャンスのCWC決勝戦。とてもクオリティの高い試合でした。チェルシーはバルセロナのような華麗なサッカーをする訳でもないし、コリンチャンスはサントスのような攻撃的なサッカーをする訳でもないし、しかし、お互いに勝負に徹した戦いの中で、それでもその堅守を打ち破って何度もチャンスを作り、どちらが勝利してもおかしくないような試合展開の中では、1つ1つのプレーに素晴らしい質がありました。

○ 最新エントリー

【2012/12/20】 【2】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/19】 【1】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。




やはり、守備がしっかりしていて、その上で、そのしっかりとした守備から、いかにして得点を奪うのか、そこの攻防に質があれば、スコアが「1-0」であっても面白いですよね。得点の多い少ないは面白さにあまり関係が無い。いくら得点数が多くても、その得点が攻守の質の高い攻防があった結果として生まれたものでなければ、あまり面白くは無い。この事は常に思ってきた事ではありますが、この試合を観て更にそれを強く実感しました。

そして、攻撃的ならば面白い、守備的ならば面白くない、という事も、やはりあまり無い。つまりは、勝負に強くこだわった中で、相手との力関係、相手の戦い方との関係、自軍の戦力状態の関係、その試合の環境や条件との関係、そういう事を全て考慮した結果として、攻撃的に戦うべきか守備的に戦うべきか、という事であり、そこにきちんとした質があるならば、どちらであっても面白いものだと思います。とにかく求められるべきは「質」という事ですね。

更には、組織的な質、という事も、やはり個の質に裏打ちされてこそである、という事も、この試合からは強く感じられたように思います。北中米カリブ海王者のモンテレイに対し、あそこまで個のレベルの差を見せつけたチェルシーの選手たち。しかし、そのチェルシーの選手たちに対し、コリンチャンスの選手たちは個の力で互角以上に戦えていました。ネームバリューでは劣っていても、やはり南米の選手たちは個の力が高いですね。

南アフリカW杯。日本代表が好成績を残せた要因は組織力の高さだと言われる事が多いと思いますが、やはり決してそれだけではなかった。長友はサイドにいる相手のエース級選手を個の力で封じ続けたし、中澤と闘莉王の空中戦の個の力は強豪国相手でも充分通用する強さを発揮し続けたし、その他の選手しても、それ以前までの日本代表と比べて、最も個の力の高さを見せたのが南アフリカW杯での日本代表だった。そしてそれは、なでしこジャパンにも同じ事が言えると思います。

スコア「1-0」で南米王者のコリンチャンスが勝利。この結果に関しては、「FIFAクラブワールドカップジャパン2012開幕」、というエントリーの中で、「もしかしたら前回と比べて(南米が)優勝できる可能性は高いのかなと思っています」、と書いたように、ざっくりとした予想の範囲内ではありましたので、それほど個人的には驚いてはいませんが、しかし、予想以上だったのは何かと言えば、それは両チームの質の高さでした。

1対1での球際の強さ、パスの正確性、トラップの正確性、ドリブルの強さと巧さと速さ、そして、守備から攻撃に切り替わった時の迫力、一人ひとりの選手の守備の強さと巧さ、GKの能力の高さ、そのクオリティの高さをこれだけ見せつけられると、まだまだ日本がそのレベルに達するのは近く無いなと感じてしまいました。この試合の中に日本人選手が入っていた場合の事を想像すると、かなり期待よりもまだ不安の方を強く感じてしまいました。

という事で、2012年のクラブW杯は、欧州王者のチェルシーをスコア「1-0」で敗った南米王者のコリンチャンスが優勝。クラブ世界一の栄冠に輝く。という結果で閉幕しました。ちなみに、第3位は北中米カリブ海王者のモンテレイ、第4位はアフリカ王者のアルアハリ、第5位は開催国枠で出場したサンフレッチェ広島、第6位はアジア王者の蔚山現代、第7位はオセアニア王者のオークランド・シティ、という最終結果となりました。

来年からの2年間はモロッコでの開催が決まっているCWC。つまりは、ACLで優勝しないと、Jリーグのクラブは来年からの2年間はCWCへ出場できない事になる。来季のACLへの出場権を獲得しているのは、現時点では、サンフレッチェ広島、ベガルタ仙台、浦和レッズ、という3つのクラブ。そして、そこに天皇杯を優勝したクラブを加えた4つのクラブが来季のACLを戦う事になる。とにかく、アジア王者にならなければ世界への挑戦権すら得られない訳ですから、来季こそはJのクラブにアジア王者となって欲しいと思います。


○ 最新エントリー

【2012/12/20】 【2】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

【2012/12/19】 【1】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。

○ 過去エントリー

【2012/12/18】 恒常的な強さを発揮するためには「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」という戦略性を持ち得る事が必要。

【2012/12/17】 南米王者のコリンチャンスが欧州王者のチェルシーに競り勝ってCWC初優勝。その質の高さに酔いしれた決勝戦。

【2012/12/16】 日本のサッカーは決定力という事に関して個人の感覚だけに依存させない文化を作り上げるべきなのではないか。

【2012/12/14】 スタイルをも超越する個の力。スタイルの確立という「らしさ」の次に必要になってくる「らしく無さ」。

【2012/12/13】 サンフレッチェ広島がアジア王者の蔚山現代に勝利。来季のACLに光明。しかし、少しモヤモヤした感覚も残った。

【2012/12/12】 育成に関する提言。育成に関するエントリーまとめ。

【2012/12/10】 駆け引きで良い答えを出したときに、しっかりと技術が伴ってなければいけない。もう少しシュートの意識を全体が強く持っていれば良かったかなと。

【2012/12/09】 マイケル・オーウェンの発言から考える。将来に質を生み出すための現在の量は賛。しかし、将来に質を落とす結果となる現在の量は否。

【2012/12/06】 中山雅史に感謝。そして中山雅史に学ぶ。高い向上心と成長力。見え難い部分での能力の高さ。

【2012/12/04】 【 後編 】 J1リーグ2012総括。

【2012/12/03】 【 前編 】 J1リーグ2012総括。

【2012/11/30】 ザックジャパン総括2012 【 エントリーまとめ。 】

【2012/11/18】 メディアやジャーナリズムという伝える側の問題点と存在意義の本質。メディアやジャーナリズムはどうあるべきか?

【2012/10/20】 ブラジル戦の評価を誤ってはいけない。日本のサッカーをミスリードしてはいけない。日本のサッカー人は間違った固定観念や恥ずかしい考え方を捨てるべき。

【2012/10/06】 現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バレンシア対ラージョから見るバルベルデのバレンシア【サッカーの面白い分析を心がけます】

プジョル、シャビ、メッシがトリプル契約更新。「3人は歴史に残るバルサの柱」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ウォルコット契約延長の動きは? まずはウィルシャー、チェンバレン、ラムジー、ギブス、ジェンキンソン契約延長おめでとう!【お茶漬け唐辛子】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24570035

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss