FCKSA66

もし日本代表の監督がミハイロ・ペトロヴィッチだったら。もし日本代表でミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーをやるとしたら。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在首位のサンフレッチェ広島と第3位の浦和レッズ。
この2チームに共通しているのはミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーである事。
今季のJリーグでは最も結果を残せているサッカーでもあるこのシステムを日本代表でやったらどうなるのか?
今回はそれを少し考えてみたいと思います。

○ 最新エントリー

【2012/10/07】 内田スタメンフル出場。もっともっと高いパフォーマンスを発揮できる選手であるはず。【 シャルケ vs ヴォルフスブルク 】




FW:        前田遼一
MF: 香川真司   本田圭佑   岡崎慎司
MF:     遠藤保仁  長谷部誠
DF:長友佑都 今野泰幸  吉田麻也 内田篤人
GK:        川島永嗣

「4-2-3-1」でこのメンバー。
これが現在の日本代表のベースですが、
これをそのまま「3ー4-2-1」というシステムに移行させてみると、

FW:        前田遼一
MF:     香川真司  本田圭佑
MF:長友佑都 遠藤保仁  長谷部誠 岡崎慎司
DF:   今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK:        川島永嗣

こんな感じですね。
それでこれが、

FW:        前田遼一
MF:長友佑都 香川真司  本田圭佑 岡崎慎司
MF:        長谷部誠
DF:今野泰幸 遠藤保仁  吉田麻也 内田篤人
GK:        川島永嗣

攻撃の時にはこうなって、

FW:          前田遼一
MF:  香川真司            本田圭佑
MF:       遠藤保仁  長谷部誠
DF:長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 岡崎慎司
GK:          川島永嗣

守備の時にはこうなる。

まあ、何となくですが、やれない事もなさそうですね。
しかし、個人的に気になるところは、
前田、遠藤、長谷部、今野、内田、この5人のところで、
そこを一気に良さそうな選手に代えてみると、

FW:        岡崎慎司
MF:     香川真司  本田圭佑
MF:長友佑都 阿部勇樹  今野泰幸 内田篤人
DF:   槙野智章 吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

個人的にはこんな感じ。
これで、
阿部と今野はどちらが最終ラインに下がる方でも良いと思いますが、

FW:        岡崎慎司
MF:長友佑都 香川真司  本田圭佑 内田篤人
MF:        今野泰幸
DF:槙野智章 阿部勇樹  吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

攻撃の時にはこうなって、

FW:          岡崎慎司
MF:  香川真司            本田圭佑
MF:       阿部勇樹  今野泰幸
DF:長友佑都 槙野智章 吉田麻也 栗原勇蔵 内田篤人
GK:          川島永嗣

守備の時にはこうなる。

CBのところを槙野と栗原にしたのは、
やはり空中戦の強さが欲しかったからで、
攻撃時に栗原が右SBとなる、
という事には少し不安が残りますが、
そこを除けばいけるかなと思います。

そして、ボランチのところは、
CBにもなれて、1ボランチにもなれて、
という事で阿部と今野の2人ですね。

また、1トップのところは、
守備の時には孤立した1トップになる事がある、
という事を考えて、
ポストプレイヤータイプではなく、
ポストプレーもある程度できる、
DFの裏へ抜け出せるタイプの選手、
という事で岡崎にしました。

但し、今度この布陣で少し心配になるのは、

FW:        岡崎慎司
MF:長友佑都 香川真司  本田圭佑 内田篤人
MF:        今野泰幸
DF:槙野智章 阿部勇樹  吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

攻撃時のこの時の長友と内田が機能するのか、
という部分で、
しかし、例えばそこを、

FW:        岡崎慎司
MF:乾貴士  香川真司  本田圭佑 清武弘嗣
MF:        今野泰幸
DF:槙野智章 阿部勇樹  吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

乾と清武に代えてみたらどうなるのかと言えば、
上図のような攻撃時には良いですが、

FW:          岡崎慎司
MF:  香川真司            本田圭佑
MF:       阿部勇樹  今野泰幸
DF:乾貴士  槙野智章 吉田麻也 栗原勇蔵 清武弘嗣
GK:          川島永嗣

こちらの守備時の時には少し不安ですね。

そうなってくると、
攻撃を重視するのか守備を重視するのか、
そこに大きな別れ道がありそうです。

ちなみに、

FW:        岡崎慎司
MF:     香川真司  本田圭佑
MF:長友佑都 阿部勇樹  今野泰幸 内田篤人
DF:   槙野智章 吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

こちらの方を主力とした場合には、
宇佐美と乾、遠藤と長谷部、そこは逆でも良いと思いますが、

FW:        佐藤寿人
MF:    宇佐美貴史  遠藤保仁
MF:乾貴士  細貝萌   長谷部誠 清武弘嗣
DF:   水本裕貴 高橋秀人 伊野波雅彦
GK:        西川周作

こういうセカンドチームにするか、

FW:        佐藤寿人
MF:     乾貴士   清武弘嗣
MF:酒井高徳 遠藤保仁  長谷部誠 酒井宏樹
DF:   水本裕貴 高橋秀人 伊野波雅彦
GK:        西川周作

こういうセカンドチームにするか、
更には、

FW:       宇佐美貴史
MF:    ハーフナー  前田遼一
MF:乾貴士  遠藤保仁  長谷部誠 清武弘嗣
DF:   水本裕貴 高橋秀人 伊野波雅彦
GK:        西川周作

こういうセカンドチームにするとか、
様々にパターンは考えられると思いますが、
個人的には、

FW:岡崎慎司(前田遼一、ハーフナー、佐藤寿人)
MF:香川真司(乾貴士、宇佐美貴史) 本田圭佑(清武弘嗣、遠藤保仁)
MF:阿部勇樹(細貝萌) 今野泰幸(長谷部誠)
DF:長友佑都(酒井高徳) 内田篤人(酒井宏樹)
DF:槙野智章(水本裕貴) 吉田麻也(高橋秀人) 栗原勇蔵(伊野波雅彦)
GK:川島永嗣(西川周作)

現時点ではこんな感じになるのかなと思います。

という事で、
ミハイロ・ペトロヴィッチのシステムをやった場合には、
いわゆるウイングバックと呼ばれるポジションに、
攻撃的な選手を起用するのか守備的な選手を起用するのか、
そこに大きな悩みが生まれてきそうですね。

また、ウイングバックにどのような選手を選ぶのか、によって、
セカンドチームのウイングバック以外のポジションの選手を誰にするのか、
そこが大きく左右されてくる、
という事になりそうな気がします。


○ 最新エントリー

【2012/10/07】 内田スタメンフル出場。もっともっと高いパフォーマンスを発揮できる選手であるはず。【 シャルケ vs ヴォルフスブルク 】

○ 過去エントリー

【2012/10/06】 現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。

【2012/10/05】 もし日本代表の監督がミハイロ・ペトロヴィッチだったら。もし日本代表でミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーをやるとしたら。

【2012/10/04】 内田スタメンフル出場。しかし好調時のパフォーマンスまでにはもう少し。【 シャルケ vs モンペリエ 】

【2012/10/03】 ハーフナースタメンフル出場。サイドやトップ下の選手とポジションを流動的にできるCFへの期待。【 ユトレヒト vs フィテッセ 】

【2012/10/02】 長友スタメンフル出場。攻守に高いパフォーマンスで勝利に貢献。【 インテル vs フィオレンティーナ 】

【2012/10/01】 乾スタメン出場。好調状態を継続させる精神的且つ肉体的なタフさが必要になってくる。 【 フランクフルト vs フライブルク 】

【2012/09/30】 香川スタメン出場。素晴らしい得点を決める。失敗を恐れずにチャレンジして成功率を高めたい。【 マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム 】

【2012/09/29】 清武スタメンフル出場。ボールに多く触れない現状を打破する必要性有り。【 ハノーファー vs ニュルンベルク 】

【2012/09/28】 長友スタメン出場。1アシスト。3バックシステムの中で長友を活かすには? 【 キエーヴォ vs インテル 】

【2012/09/27】 宇佐美、岡崎、酒井高徳、揃ってスタメン出場。宇佐美が1ゴールと活躍。苦しんでいる岡崎と酒井高徳。 【 シュツットガルト vs ホッフェンハイム 】

【2012/09/26】 乾スタメンフル出場。1G1A。しかしこれからも活躍し続けるための課題も。【 フランクフルト vs ドルトムント 】

【2012/09/25】 長友は右SBとしてスタメンフル出場。インテルは守備陣に戦力補強が必要。 【 インテル vs シエーナ 】

【2012/09/24】 香川スタメン出場。同点ゴールをアシスト。更に良くなる可能性が見えた試合。【 リヴァプール vs マンチェスター・ユナイテッド 】

【2012/09/23】 吉田スタメンフル出場。及第点のパフォーマンスで勝利に貢献。【 サウザンプトン vs アストン・ヴィラ 】

【2012/09/22】 香川スタメン出場。1アシスト。香川に期待されている事とは何であるのか? そこを理解する事が重要。【 マンチェスター・ユナイテッド vs ガラタサライ 】


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:
ミハイロ・ペトロヴィッチ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメント見直したら超広島贔屓でしたw

私も常々考えていた内容だったのでとても楽しめました!
私の見解としては前田が代表不動のCFなのはあくまでザックのサッカーだからであってミシャのサッカーなら間違いなくエースは寿人だと思います。(個人的には前田のプレーは大好きです)
サイドも左は長友で間違いないですが右は駒野でしょう。
広島時代にミシャサッカーで不動のレギュラーでしたし攻撃守備両面に置いて間違いなくトップクラスです。
というわけで私の理想のミシャジャパンはこんな感じです!

CF 佐藤寿人(李忠成、岡崎慎司)
OH 香川真司、本田圭佑(柏木陽介、清武弘嗣、家長昭博)
WB 長友佑都、駒野友一(酒井宏樹、内田篤人、安田理大)
CH 遠藤保仁(中村憲剛、長谷部誠)
DH 阿部勇樹(高橋秀人、今野泰幸)
CB 槙野智章、吉田麻也、森脇良太(水本裕貴、千葉和彦、伊野波雅彦)
GK 川島永嗣(西川周作)

GKも足技のレベルを採用基準にすると西川がスタメンかもしれません。
ボランチの位置にパサーが必要なので遠藤か憲剛がスタメンです。
管理人さんの意見を教えて下さい><

こんな記事も読みたい

J1第28節 ホームFC東京戦 ~攻守が噛み合ったゲーム【カシスタG裏から勝利を願う】

心のままに生きてゆけばいいさと君は笑っただろう【お父さんお母さんごめんなさい。私この人と結婚します。】

Jリーグ  熾烈なJ2降格争い【サッカーのネットショップ店長ブログ】

浦和対札幌 ~手詰まり始めた浦和~【ボールは王様】

すいませんでした【urawa fan】

1度でいいから書きたかった「こんな選手がほしい」(雑談)【主にレッズ、たまに他のサッカーのこと】

優勝は この体たらくじゃ あり得ない【真・浦和蹴球淑女団】

もう一つ気になったこと【主にレッズ、たまに他のサッカーのこと】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1763
  • 累計のページビュー:24286677

(07月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss