FCKSA66

内田スタメンフル出場。しかし好調時のパフォーマンスまでにはもう少し。【 シャルケ vs モンペリエ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :チャンピオンズリーグ
開催日:2012年10月3日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:アイト・ファナ ドラクスラー フンテラール(PK) カマラ

○ 最新エントリー

【2012/10/06】 現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。




○ シャルケ

FW:フンテラール プッキ
MF:ドラクスラー ホルトビー ノイステッター ヘーガー
DF:フクス ヘヴェデス パパドプロス 内田篤人
GK:ウンナースタル

FW:フンテラール ファルファン
MF:アフェライ モリッツ ノイステッター ヘーガー
DF:フクス ヘヴェデス パパドプロス 内田篤人
GK:ウンナースタル

○ モンペリエ

FW:カマラ
MF:アイト・ファナ ベルアンダ カベッラ
MF:エストラダ サイヒ
DF:スタンブリ イウトン エムビワ ボカリ
GK:ジュルドラン

FW:ティンアン
MF:
MF:カマラ マルヴォー サイヒ カベッラ
DF:スタンブリ イウトン エムビワ コングレ
GK:ジュルドラン


シャルケは内田が右SBに入った「4-4-2」。モンペリエは「4-2-3-1」。前半13分、左サイドで起点を作られ、そこから右へ展開されて、モンペリエの左SHのファナに先制点を奪われてしまいました。この時、ファナと1対1の対応になったのは内田だった訳ですが、やはり最近の内田は対応が軽いというのか、相手の動きに対しての最初の反応が鈍い感じにあって、好調だった時と比べると、まだパフォーマンスとしては7割から8割ぐらいという印象ですね。

という事で、シャルケは先制点を許してしまいましたが、前半26分、左から右へダイアゴナルに相手のDFラインの裏へ走ったドラクスラーがフランテラールからのスルーパスを受けて同点ゴールをゲット。更には、後半8分、今度もドラクスラーの中央突破からPKを獲得、そのPKをフンテラールが決めてシャルケが逆転に成功しました。また、この時にドラクスラーを倒したモンペリエの選手は退場となり、そこからはシャルケが最後まで優勢に試合を進めます。

しかし、もはやシャルケの逆転勝利は決まったかな、と思われた後半45分、左サイドでボールを奪われ、そこからのセンタリングは内田が中央でPA内の相手選手に寄せて上手く対応したかなと思ったのですが、そのルーズボールが右サイドへ流れて相手の選手に渡ってしまうと、再びそれに対応してシュートブロックに行った内田の股の間をシュートが抜けてしまい、それが決まってシャルケは最後の最後に同点に追い付かれてしまいました。

このスコア「2-2」の同点に追いつかれたモンペリエのゴールの前には、シャルケに2回ぐらい決定的なチャンスがあって、やはりそこできっちり3点目を奪えなかった事が1つと、もう1つには、リードしている状態で相手は1人少なくなっていましたから、それによってシャルケの選手に少し心の余裕というか油断が生まれていた事、その2つがこの結果を招いてしまった原因だったかなと思います。

そして、フル出場を果たしながらも2失点のシーンに絡んでしまった内田ですが、もちろんどちらの失点も内田の責任だけという事ではありませんし、特に2失点目に関しては内田の責任ではないとは思いますが、しかし、どちらの失点シーンでも内田がシュートブロックに成功していたら、逆にヒーローになれたかもしれないので、それを考えると、内田にとっては少し苦い試合になってしまったかなという感じですね。

一時期の絶不調は脱し、パフォーマンスとしては7割から8割ぐらいには回復している内田ですが、がっちりスタメンを確保するためには、もう1つ2つ、そのパフォーマンスを全体的に高めないとダメかなと思います。攻守おいて、だいぶ良くなって来てはいますが、1対1の時の感覚的な部分、それから、競り合った時の粘り強さの部分、そこにまだ悪さや弱さというのが垣間見られるので、できれば、シーズンの前半、今年中には、もっとパフォーマンスを上げて欲しいと思います。


○ 最新エントリー

【2012/10/06】 現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。

○ 過去エントリー

【2012/10/05】 もし日本代表の監督がミハイロ・ペトロヴィッチだったら。もし日本代表でミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーをやるとしたら。

【2012/10/04】 内田スタメンフル出場。しかし好調時のパフォーマンスまでにはもう少し。【 シャルケ vs モンペリエ 】

【2012/10/03】 ハーフナースタメンフル出場。サイドやトップ下の選手とポジションを流動的にできるCFへの期待。【 ユトレヒト vs フィテッセ 】

【2012/10/02】 長友スタメンフル出場。攻守に高いパフォーマンスで勝利に貢献。【 インテル vs フィオレンティーナ 】

【2012/10/01】 乾スタメン出場。好調状態を継続させる精神的且つ肉体的なタフさが必要になってくる。 【 フランクフルト vs フライブルク 】

【2012/09/30】 香川スタメン出場。素晴らしい得点を決める。失敗を恐れずにチャレンジして成功率を高めたい。【 マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム 】

【2012/09/29】 清武スタメンフル出場。ボールに多く触れない現状を打破する必要性有り。【 ハノーファー vs ニュルンベルク 】

【2012/09/28】 長友スタメン出場。1アシスト。3バックシステムの中で長友を活かすには? 【 キエーヴォ vs インテル 】

【2012/09/27】 宇佐美、岡崎、酒井高徳、揃ってスタメン出場。宇佐美が1ゴールと活躍。苦しんでいる岡崎と酒井高徳。 【 シュツットガルト vs ホッフェンハイム 】

【2012/09/26】 乾スタメンフル出場。1G1A。しかしこれからも活躍し続けるための課題も。【 フランクフルト vs ドルトムント 】

【2012/09/25】 長友は右SBとしてスタメンフル出場。インテルは守備陣に戦力補強が必要。 【 インテル vs シエーナ 】

【2012/09/24】 香川スタメン出場。同点ゴールをアシスト。更に良くなる可能性が見えた試合。【 リヴァプール vs マンチェスター・ユナイテッド 】

【2012/09/23】 吉田スタメンフル出場。及第点のパフォーマンスで勝利に貢献。【 サウザンプトン vs アストン・ヴィラ 】

【2012/09/22】 香川スタメン出場。1アシスト。香川に期待されている事とは何であるのか? そこを理解する事が重要。【 マンチェスター・ユナイテッド vs ガラタサライ 】

【2012/09/22】 清武、乾、スタメンフル出場。乾1ゴール。清武1アシスト。存在感を増す2人。【 ニュルンベルク vs フランクフルト 】

【2012/09/21】 ハーフナーは後半から出場。1G1A。様々なポジションを経験しての成長に期待。【フローニンゲンvsフィテッセ】

【2012/09/21】 長友スタメンフル出場。ヨーロッパリーグのルビン・カザン戦では劇的同点ゴール。 【 トリノ vs インテル 】 【 インテル vs ルビン・カザン 】


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
CL 12-13
タグ:
シャルケ
モンペリエ
内田篤人

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

セルタ対セビージャ 2-0【サッカー監督生活(Sevillaセビージャ)】

バルサのカンテラから外国人選手は育っているか!?①【坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!】

ロナウド二試合連続ハットトリック☆【現在はマドリスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2232
  • 累計のページビュー:24270196

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss