FCKSA66

大人の為の大人なサッカー分析考察ブログです。日本代表、五輪代表、ユース代表、海外試合、Jリーグ。

kodahima

管理者 jube 人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の もっと見る
  • 昨日のページビュー:2412
  • 累計のページビュー:24469411
  • (10月21日現在)

最新の記事

Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。

総じてテクニックの高い選手が多い印象だった。久保建英と中村敬斗を筆頭に、上月壮一郎、平川怜、福岡慎平、そして、左SBの鈴木冬一と、フランスやイングランドを相手にしても、テクニック面では同等かそれ以上だったと思う。しかし、6得点を奪った初戦のホンジュラス戦以外は、フランス戦では1得点、ニューカレドニア戦でも1得点、それから、イングランド戦では無得点と、高いテクニックが得点にはあまり繋がらなかった。 ......続きを読む»

イングランド戦(Uー17) 【 ポジティブな戦いができたと思う。 】

試合 :Uー17W杯 決勝トーナメント 1回戦 開催日:2017年10月17日 結果 :イングランド勝利 スコア:「0-0(3PK5)」 得点者: FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 平川怜 福岡慎平 中村敬斗 DF 鈴木冬一 小林友希 菅原由勢 喜田陽 GK 谷晃生 FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 平川怜 福岡慎平 椿直起 DF 鈴木冬一 小林友希 菅原由勢 喜田陽......続きを読む»

ハリルジャパンがベースとして使っている2つのシステムの特性について。

「4-1-4-1」というシステムは、ハイプレス型ならば「4-1-4-1」、リトリート型ならば「4-5(3ボランチ)-1」であり、南アフリカW杯の時の戦い方について、やり方を大きく変えたわけではない、という趣旨の事を後に岡田監督は言っていたと思うが、それはハイプレス型の「4-1-4-1」を意図していたからだと思う。しかし、実際には、リトリート型の「4-5(3ボランチ)-1」になった、という事だった。 ......続きを読む»

理想はハイブリッド。二元論は不毛。

規律を重視したトルシエジャパン。そのサッカーは若年代の代表でも良い結果を出し、ホーム開催という大きなアドバンテージはあったが、W杯でもグループステージ突破という結果を出した。しかし、トルシエという人物のパーソナリティの問題も大きかったのかもしれないが、その規律を重視するサッカーは、少なからず、当時の選手たちや日本サッカー協会からの反感を買った。その真偽はともかく、個人的にはそう感じられた。 個......続きを読む»

ニューカレドニア戦(Uー17) 【 決勝トーナメントに入ってからが本当の勝負。 】

試合 :Uー17W杯 グループステージ 第3戦 開催日:2017年10月14日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:中村敬斗 ジェノ FW 棚橋尭士 山田寛人 MF 椿直起 福岡慎平 山崎大地 中村敬斗 DF 鈴木冬一 監物拓歩 馬場晴也 池高暢希 GK 梅田透吾 FW 棚橋尭士 山田寛人 久保建英 MF 椿直起 奥野耕平 菅原由勢 池高暢希 DF 監物拓歩 山崎大地 馬場晴也......続きを読む»

フランス戦(Uー17) 【 そこは原理原則に近い要素。 】

試合 :Uー17W杯 グループステージ 第2戦 開催日:2017年10月11日 結果 :フランス代表勝利 スコア:「1-2」 得点者:グイリ グイリ 宮代大聖 FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 平川怜 奥野耕平 中村敬斗 DF 喜田陽 小林友希 菅原由勢 馬場晴也 GK 谷晃生 FW 宮代大聖 山田寛人 MF 椿直起 平川怜 奥野耕平 久保建英 DF 鈴木冬一 小林友希 菅原由......続きを読む»

ハイチ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。東口順昭。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。香川真司。井手口陽介。車屋紳太郎。

槙野智章 やはり、こういう試合にしないようなCBにならないと、という事が、槙野に問われている部分だと思う。最終予選では森重もしくは昌子に主力の座を取られていたと言えるが、SBもやれるCBとして、その価値を評価されている、更には、実績や年齢的にも、吉田が不在になった場合には代わりとして、という事を期待されているので選ばれ続けていると思うから、今回の結果というのは大きなマイナスになったと思う。 ......続きを読む»

ハイチ戦選手評価 【 杉本健勇。乾貴士。浅野拓磨。倉田秋。小林祐希。遠藤航。長友佑都。酒井高徳。 】

杉本健勇 相手のギアが上がるまでは良い感じだったが、相手が調子良くなってからは消えてしまった。そういう意味では、今の段階では、やはりW杯では厳しいのかなと。おそらく、国内組だけで挑むであろうE-1サッカー選手権ではCFの主力として起用されると思うし、そこでの活躍次第では、という事はあるが、ザックジャパン時代、東アジアカップで大活躍した柿谷も、その後は活躍できなかったし、やや難しいかなと思う。 ......続きを読む»

ハイチ戦 【 全くもって酷い試合だったなと。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2017年10月10日 結果 :引き分け スコア:「3-3」 得点者:倉田秋 杉本健勇 ラフランス ナゾン ナゾン 香川真司 FW          杉本健勇 MF  乾貴士  倉田秋   小林祐希 浅野拓磨 MF          遠藤航 DF  長友佑都 槙野智章  昌子源  酒井高徳 GK          東口順昭 FW          大迫勇也 ......続きを読む»

ホンジュラス戦(Uー17) 【 テクニックと組織的な動きで日本が上回る。 】

試合 :Uー17W杯 グループステージ 第1戦 開催日:2017年10月8日 結果 :日本代表勝利 スコア:「6-1」 得点者:中村敬斗 中村敬斗 パラシオス 中村敬斗 久保建英 宮代大聖 鈴木冬一 FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 平川怜 福岡慎平 中村敬斗 DF 鈴木冬一 小林友希 菅原由勢 喜田陽 GK 谷晃生 FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 奥野耕平 福岡慎......続きを読む»

ニュージーランド戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。乾貴士。小林祐希。浅野拓磨。倉田秋。 】

槙野智章 個人的には、槙野のパフォーマンスというのは、この試合ぐらいのレベルにはあるだろう、という想定内にあって、しかし、それ以上でなければ、という事が重要であり、吉田は常にW杯に出場してくるレベルの選手たちと対戦を重ねているので良いが、そうではない国内組の選手たちというのは、少ない代表試合で想定以上のパフォーマンスを出さなければならない、という事がポイントであり、その意識を持って欲しい。 ......続きを読む»

ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

大迫勇也 シュートが枠に飛ばなかった。今回の試合はそこが全てだったと思う。しかし、大迫が良いパフォーマンスを見せれば見せる程、大迫が不在になった時のCFをどうするのか、その代わりはいるのか、という不安を感じてしまうところもあって、今回は本田と岡崎を招集していないので、杉本だけではなく、武藤、久保、浅野、という選手たちも、CFで試してみる必要があると思う。ハイチ戦はCFに武藤でも良いかなと。 ......続きを読む»

ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2017年10月6日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:大迫勇也(PK) ウッド 倉田秋 FW          大迫勇也 MF  武藤嘉紀    香川真司    久保裕也 MF       井手口陽介 山口蛍 DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣 FW          杉本健勇 MF  乾貴士......続きを読む»

これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?

重視してもらいたいのは攻撃よりも守備。もちろん、攻撃も重要であるし、攻守は表裏一体であるから、明確にどちらの方を重視する、と分けられない要素でもあるのだが、これからの日本代表が、まず何を目標にしなければならないのかと言えば、アジア以外の、あるいは、アジアより上のレベルの相手に対して、とにかく失点はしない、最低でも1失点以下にする、それぐらいの守備力を培う、という部分にあると思う。 W杯へ向けて......続きを読む»

【 大迫勇也 】 ピサロの加入で良くなってもらいたい。 【 ケルン vs ライプツィヒ 】

試合 :ブンデスリーガ 第7節 開催日:2017年10月1日 結果 :ライプツィヒ勝利 スコア:「1-2」 得点者:クロスターマン ポールセン 大迫勇也 【 ケルン 】 FW コルドバ MF 大迫勇也 MF ビッテンコート レーマン エーズカン ヨイッチ DF ラウシュ ハインツ ソレンソン クリュンター GK ティモ・ホルン FW ピサロ MF 大迫勇也 MF ハンドヴェルカー ......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 昨季の教訓を活かすとすれば。 【 ボーンマウス vs レスター 】

試合 :プレミアリーグ 第7節 開催日:2017年9月30日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 レスター 】 FW ヴァーディ 岡崎慎司 MF グレイ ヌディディ キング オルブライトン DF フクス マグワイア モーガン シンプソン GK シュマイケル FW ヴァーディ イヘアナチョ MF グレイ ヌディディ イボーラ マフレズ DF フクス マグワイア モーガ......続きを読む»

【 香川真司 】 定着してしまっているイメージを打破したい。 【 アウグスブルク vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第7節 開催日:2017年9月30日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「1-2」 得点者:ヤルモレンコ カイウビー 香川真司 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF プリシッチ ダフード 香川真司 ヤルモレンコ MF ヴァイグル DF トルヤン バルトラ ソクラティス ピシュチェク GK ビュルキ FW オーバメヤン MF フィリップ プリシッチ ......続きを読む»

【 乾貴士 】 スタメンは確保しているがチームは厳しい状態。 【 ビジャレアル vs エイバル 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第7節 開催日:2017年10月1日 結果 :ビジャレアル勝利 スコア:「3-0」 得点者:バカンブ バカンブ バカンブ(PK) 【 エイバル 】 FW キケ・G エンリク MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ ペーニャ DF アンヘル ロンバン アルビージャ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW シャルレス エンリク MF 乾貴士 ダニ・G リベラ......続きを読む»

現代サッカーのモダンな傾向とは?

「現代サッカーではGKとストライカーの役割が非常に大きい。」、と述べていたハリルホジッチだが、ストライカー、つまり、得点を取る選手、得点を取れる選手、決定力の高い選手、そういう選手の存在が結果に対して大きな要素となるのは、当然そうであると思う。日本にも、得点を取る、という事に関して、世界でトップレベルの選手、ストライカーなどが出現すれば、大きくステップできるようになると思う。 但し、それがモダ......続きを読む»

ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。

W杯予選を終え、ここから新たに、という事はあるにせよ、やはり、ベースはW杯予選を戦ったメンバーであると思うし、そうであるべきだとも思うし、そして、残りの時間は9ヶ月あるとは言っても、それほど代表の活動は多くないと思うから、むしろ、ここをテストの期間にすると意気込み過ぎて、可能性の低いような選手を大量に招集したら嫌だなと思っていたのだが、そうならかった、そうしなかった事に安心した。 GKは中村、......続きを読む»

【 大迫勇也 】 ピンチはチャンスでもある。 【 ハノーファー vs ケルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第6節 開催日:2017年9月24日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 ケルン 】 FW コルドバ MF 大迫勇也 MF ビッテンコート レーマン エーズカン DF ラウシュ ハインツ ソレンソン マロフ クリュンター GK ティモ・ホルン FW ギラシ MF ヨイッチ MF ヘーガー レーマン エーズカン DF ラウシュ ハインツ ソレン......続きを読む»

【 乾貴士 】 前半36分で交代。 【 エイバル vs セルタ 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第6節 開催日:2017年9月24日 結果 :セルタ勝利 スコア:「0-4」 得点者:カブラル ゴメス ヘルナンデス ヴァス 【 エイバル 】 FW キケ・G シャルレス MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ ベベ DF アンヘル ガルベス オリベイラ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW エンリク シャルレス MF ベベ ダニ・G エスカランテ キ......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 リーグ戦で3得点目。カップ戦も含めれば4得点目。 【 レスター vs リヴァプール 】

試合 :プレミアリーグ 第6節 開催日:2017年9月23日 結果 :リヴァプール勝利 スコア:「2-3」 得点者:サラー コウチーニョ 岡崎慎司 ヘンダーソン ヴァーディ 【 レスター 】 FW ヴァーディ 岡崎慎司 MF オルブライトン ヌディディ キング マフレズ DF チルウェル マグワイア モーガン シンプソン GK シュマイケル FW スリマニ イヘアナチョ MF ヴァ......続きを読む»

【 香川真司 】 1得点も後半21分で交代。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第5節 開催日:2017年9月20日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「0-3」 得点者:香川真司 オーバメヤン プリシッチ 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF プリシッチ 香川真司 カストロ ヤルモレンコ MF シャヒン DF ザガドゥ トプラク ソクラティス ピシュチェク GK ビュルキ FW オーバメヤン MF フィリップ ダフード カス......続きを読む»

【 乾貴士 】 フル出場でチャンスも作ったが。 【 バルセロナ vs エイバル 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第5節 開催日:2017年9月19日 結果 :バルセロナ勝利 スコア:「6-1」 得点者:メッシ パウリーニョ デニス・スアレス エンリク メッシ×3 【 エイバル 】 FW エンリク MF 乾貴士 ジョルダン カパ MF ダニ・G エスカランテ DF ジュンカ ガルベス オリベイラ アルビージャ GK ドゥミトロヴィッチ FW エンリク MF 乾貴......続きを読む»

ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

■ 心配なのはCFとアンカーのポジション。 「4-1-4-1」でのCFは、実際のところ、今は大迫頼みだと言える。岡崎はあまり機能しておらず、まだ本田は良いパフォーマンスを取り戻していない。その他にも候補はいるが、大迫以上あるいは大迫と同じぐらいのパフォーマンスを発揮できる選手は見つかっていない。やはり、そこの選手探しは、W杯までに必要となってくると思う。 しかし、ここは、2トップにする、......続きを読む»

ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

■ 若手選手の起用について。 ロシアW杯アジア最終予選でのハリルホジッチの若手起用、特にリオ世代の起用というのは、やはり大きなポイントになったと思う。主には、久保裕也、浅野拓磨、井手口陽介、大島僚太、遠藤航、という選手たちの起用で、結果的には、大島以外の選手の起用は当たったと言える。しかし、個人的には、大島の起用も間違っていたとは思わない。 遠藤航に関しては少し違うところもあるし、久保は......続きを読む»

【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第4節 開催日:2017年9月17日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「5-0」 得点者:フィリップ ソクラティス オーバメヤン(PK) オーバメヤン フィリップ 【 ケルン 】 FW コルドバ MF ビッテンコート 大迫勇也 レーマン ヘーガー リッセ DF ヤネス・ホルン ハインツ メレ・ペレス クリュンター GK ティモ・ホルン FW コルドバ MF......続きを読む»

【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第4節 開催日:2017年9月16日 結果 :バルセロナ勝利 スコア:「1-2」 得点者:柴崎岳 デニス・スアレス パウリーニョ 【 ヘタフェ 】 FW モリーナ 柴崎岳 MF アマト アラムバリ マルケル ファジル DF アウトゥネス カラ ジェネ ダミアン GK ガイタ FW モリーナ ポルティージョ MF ファジル モラ マルケル ヒメネス D......続きを読む»

【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第4節 開催日:2017年9月15日 結果 :エイバル勝利 スコア:「1-0」 得点者:ガルベス 【 エイバル 】 FW キケ・G エンリク MF 乾貴士 ダニ・G ジョルダン ベベ DF アンヘル ガルベス オリベイラ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW エンリク MF 乾貴士 シャルレス カパ MF ダニ・G エスカランテ DF アンヘル ガル......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 89 90

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss