World SPORTS Analysis

プレミアリーグ第1節:ワトフォードvsリヴァプール 総評 ―ワトフォード劇場で踊らされたリヴァプール

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の開幕戦は、まさにワトフォード劇場であった。

今節のリヴァプールは何もできなかったと言ってよい。 攻め込んだ時間はあったものの、それはあくまでもワトフォードのちぐはぐな守備陣形に付けこんだものであり、その要因は元を辿れば怪我人であった。

ワトフォードは可能性を感じる試合をした。 前半はハイプレスで主導権を握り、後半はリトリートでスペースを消す。相次ぐ怪我人によりバランスを崩すまでは試合運びも悪くなかった。 中盤のタレント力はいまひとつだが、前線のオカカと最終ラインのカブールの「強さ」を軸として、他の選手が精力的にプレスをかけるスタイルにあるべき姿を見出した。新加入選手の順応が早ければ中位は狙えるポテンシャルを感じた。 個人としては、先ほど挙げたオカカとカブールのほか、安定したセービングをみせたゴメス(彼を「安定」と形容する日が来るとは、スパーズ時代には思いもしなかった!)、攻守で強さをみせたホレバスらが挙げられる。緊急出場となったキコは、守備に大きな改善の余地があるものの、思い切りの良い攻め上がりには可能性を感じた。一方で、シウバ監督からキーマンに指名されたクレバリーは攻守で物足りない印象であった。

一方のリヴァプールだが、能動的なアクションが少なく、攻守ともに場当たり的・単発的なプレーが目立った。 攻撃では、タメを作ることのできるコウチーニョ、そして運動量を活かして攻撃の幅と深さをもたらすララーナの不在が響いた。 マネとサラーは悪くない選手だが、得意とするのはともに直線的なプレーであり、ポゼッションサッカーでの同時起用は厳しいかもしれない。その一方で、ワトフォードがバランスを崩した後半の中盤にチャンスを多く作り出したように、カウンターサッカーのもとでは破壊力があることも分かった。 中盤に関しても、ジャンとヴァイナルダムの特徴が被ってしまった印象である。タメを作ることができなかった前線にも問題があるが、フォローの遅さは否めなかった。ララーナの躍動感が恋しく感じたのは私だけではないはずだ。 守備においては、モレノが相変わらずの「軽さ」をみせたほか、ゾーンとマンマークを融合させた新セットプレー戦術の穴をつかれて2失点。昨季と同様の課題を露呈した形であり、終了間際に失点するのも「いつも通り」。悪癖は改善されていない。モレノを除けば、選手個々人の問題というよりは戦術の問題であり、今後はクロップとコーチ陣に懸かっている。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Football(match review)
タグ:
海外サッカー
リヴァプール
プレミアリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ユナイテッドの開幕前にあれやこれや【Cher démon rouge】

やったぜ!ザキオカ!【「読裏クラブ」のワンツー通し】

開幕戦雑感 その1【プレミア雑記】

ブロガープロフィール

profile-iconkobe1995

中高サッカー部ではDF。高校時代からサッカー審判員の活動を開始し、現在は3級審判員。
審判としての視点を交えながら、欧州サッカー(特にイングランドプレミアリーグ)や代表戦を中心に評論していきます。

戦術としては守備的な戦術やカウンター、選手としてはDMFや献身性に高い選手を評価する立場をとっていますので、若干の偏りはご容赦ください。

試合評論から戦術論、さらにはスポーツ文化論(スポーツと文化の関係性)まで。
幅広く論じてきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:744
  • 累計のページビュー:74907

(08月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. PKにおけるGKの考察 -"Early"のノイアーvs"Late"のブッフォン-
  2. ロシアW杯アジア最終予選:タイvs日本 採点 -香川と長谷部の危機-
  3. 日本vsUAE 審判批評 -審判神話に晒される審判員、審判の「すべきこと」と「できること」-
  4. ロシアW杯アジア最終予選:日本vsUAE 採点 -責任は皆にある-
  5. プレミアリーグ第1節:ワトフォードvsリヴァプール 採点 ―不在選手の穴を痛感―
  6. ロシアW杯アジア最終予選:タイvs日本 寸評 -圧倒と拙さの狭間で-
  7. EURO2016 中間論評(6) 準決勝① -個の力が勝負を決める-
  8. EURO2016 展望(8) 準々決勝③
  9. ロシアW杯アジア最終予選:日本vsUAE 寸評 -“青さ”を露呈した日本-
  10. EURO2016 展望(11) 決勝 -クラックの執念を打ち砕く捲土重来の開催国-

月別アーカイブ

2017
08
2016
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/amy_liverdolt

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss