排球参謀

質問の回答(スタートローテーションについて)

このエントリーをはてなブックマークに追加

>セット毎のスタートローテーションを決定するときは、相手のローテが分かった上で決めているものなのでしょうか。それとも、監督同士の駆け引き(?)なのでしょうか。



相手のスタートローテーションを知った上で、自チームのスタートローテーションを決める事が出来れば良いのですが、メンバー表提出のタイミングなどを考えると不可能に近いと思います。

ですから、基本的には相手のスタートローテションを予測して、そのスタートローテーションに対応した自チームのスタートローテションを決める事になります。
結論としては「監督の駆け引き」にかかるという事です。

相手のデータが揃った段階では、この予測が当たるケースも増えますが、基本的には5/6でハズれるわけですから、あまりにもスタートローテーションに依存した戦術を組み立てる事は危険を伴います。


そのような理由から、
相手に対応したスタートローテションを組むチームより、自チームの強みを最大限に生かそうとするスタートローテションを組むチームが多いような気がします。

BULが日本戦で見せたローテーション変更は、まさしくカジスキーの強みをどこで表現するのか。という違いで行われた変更であると言えます。

1セット目はカジスキー前衛レフトスタートでした。
これはカジスキーの攻撃を数多く出現させるためです。 
2セット~4セット目は全てカジスキーのサーブスタートでした。
これはカジスキーのサーブを数多く出現させるためです。

日本も後半戦は松本選手を前衛レフトからスタートさせるローテーションS5(ローテ3)が多かったように感じます。
大会を通じて好調を持続していた松本選手の攻撃力を生かしたいという思いと、山本清水選手のサーブ越川選手のサーブの出現数を多くしたかった(ローテ4山本or清水サーブ ローテ5越川サーブ)という意図がくみ取れます。

このように相手チームが変化してきた場合でも、自チームの強みを最大限に生かすことで、その変化にも屈しないバレーを展開できるローテーションを組むチームがほとんどではないでしょうか。

スタンダードなところで、前衛3枚を多く出現させることを目的としたS1(ローテ1)やOPが左利きのケースでS6(ローテ2)スタートを利用するチームが多いことも付け加えます。



ですから実際のところは5/6でハズれるという事はなく、相手のスタートローテーションはある程度予測できるといっていいでしょう。
BULーJPNの1~2セット目の予測は難しいのですが、奪われた2~3~4と言ったところのローテーション予測は容易にできます。

ただ日本の戦略として、相手に合わせたローテーションを組むことよりも自チームの強みを最大限に生かしたローテーションで対抗しようという現れからローテーション変更を避けたと考えられます。


ローテーションを決める要因は、サーブとレセプションのマッチアップであったり、スパイクとブロックのマッチアップ、エーススパイカーの存在、強力サーバーの存在、自チームの強み弱みetc・・・と様々あります。
それらの要因を掛け合わせ、勝利に近づけるためにもっとも有効なローテーションを見つけ配置することが毎回のように求められるのです。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Aクイックのコツって?

私は、今年からバレーを始めたんですが、監督が「Aクイックの練習しよう。」といってくれたんです。でも、今年始めたばかりで全然分からないんです。先輩は、裏で文句ばっかり言ってるし。どうすれば、Aクイック&レシーブうまくなれますか?あと、生活面で食事など気を付ければ良い事ってありますか?

Re:本当に知りたい

>私のポディションは前衛のライトなんですが、
試合中色々移動するじゃないですか・・・
それが何処いっていいか分からないんです・・・
教えてください。


チームによって色々な約束ごとがあるはずなので単純にどのような動きをすれば良いのかをお答えする事は出来ません。
バレー部の監督さんからの指示を受けてください。

本当に知りたい

私はバレー部に所属しています。

この前他校と試合をしたんです。
ですが、全然わからなく足手まといになってしまいました。

私のポディションは前衛のライトなんですが、
試合中色々移動するじゃないですか・・・
それが何処いっていいか分からないんです・・・
教えてください。

質問の回答(スタートローテーションについて)

サーブが強くなりたい。









こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconkobayashi

小林 敦
深谷高校、筑波大学を卒業後、東レアローズへ入部。2000年5月~2005年5月までキャプテンを務め、2005年3月にVリーグ初制覇。また、2004年のアテネ五輪最終予選では全日本男子のキャプテンも務めた。2006年5月の第55回黒鷲旗優勝を最後に現役引退。現在東レアローズコーチ。好きな言葉は『念叶』
  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:1231948

(03月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バレーボールの魅力について
  2. 2011ワールドカップ男子大会を観戦して
  3. 齋藤信治引退
  4. 体罰について
  5. カッコイイ人が多いイメージのある部活ランキング
  6. 近藤結婚式
  7. まとめて質問の回答です
  8. サミュエルソン
  9. 37歳になりました
  10. ありがとうございました。

月別アーカイブ

2011
12
05
04
03
02
01
2010
12
11
09
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
05
04
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss