halcyon days, again

復活への一歩

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ以来の更新なんだ、というくらい久しぶりの更新。

ここの更新が止まったあたりから、一気に優勝モードから、チームの解体(崩壊)に入ったレッズ。昨年はダントツの最下位に終わり、まさに超低空飛行。というか、離陸すらしていないような状況だった。そろそろ、離陸に向けて給油くらいは終えておきたいところであるが…

昨シーズン、リーグ内で14位という、下から2番目のERA4.91を記録した投手陣。そして何よりも屈辱的なことに、MLB記録となる被本塁打258本を浴びた。

チーム再建のためには、ここの改善が最重要課題なわけだが、プライス監督としては、投手陣の整備には自信がある模様。「投手陣が昨年の二の舞になることはない。投手整備は進んでいる」とし「先発もリリーフもデプスが厚くなっており、怪我なく登板ができればいい内容となる」と語っている。

実際、2年目のデスクラファーニはエース級の活躍が期待されているし、ベイリーはベテランとして安定した投球が求められる。クエトのトレードでやってきた左腕フィネガンは昨年、初めてローテーションを1年間守り、172イニングを投げた。そし て、FA加入したグラウンドボーラーのフェルドマンが4番手に控える。ローテーションの5番手は若手から出ることが期待され、将来のエース候補のスティーブンソン、コーディ・リード、ギャレット、ロマノあたりが入りそう。また、まもなく40歳になるアローヨもマイナー契約を結んでおり、出てくるか。もちろん、若手が出てきてくれる方が嬉しいんだけど。 とりあえず、4番手までの投手全員が怪我なく登板ができれば、とりあえず今日も5点を取らないと…と試合前に思うことはなくなるだろう。

リリーフではWSH時代に抑えだったストーレンを300万で獲得。劇的改善とはならないだろうが、マイナスにはならないだろう。

そして、注目なのが、先発ローテーションに入れなかった若手投手について。プライス監督は「リリーフの経験をしてもらい、その経験を将来、先発に生かしてもらう」とコメント。実は、昨年もこの起用法はしていて、イグレシアス、ローレンゼン、シングラーニが先発からリリーフに回され、時には3イニング投げたこともあった。 「昨年のPOで多くのチームがこの方法(エース級の投手をリリーフにしたり、リリーフで複数イニングを登板させること)をしていた。うちのチームは、後半戦はこれで戦っていた(まあ、チーム事情的にそうせざるおえなかっただけだが)。今シーズンもブルペン投手に複数イニングを投げてもらうことになる」とプライス監督は話している。

この方法が果たしてどうなるのか。非常に効果的で、MLBの新たな潮流となるのか?(例えば、第1先発が4イニング程度で下り、第2先発3イニングほど投げる。それぞれの先発が中2、3日のローテーションで投げ続けるとかか?)それとも短いイニングとはいえ、高い頻度で長期間投げ続けることから、ただ投手の負担が増していくだけで、結果的に「壊れる」投手が増えるのか?答えはわからない。とにかく、バッテリーのST開始は2月14日だ。

☆ 上で「怪我なく」と何回か書いたけど、さっそく怪我人。ベイリーが右ひじの「ネズミ」の除去のために4~6週間離脱することとなり、開幕は絶望的。チーム再建は容易いことではない。

☆ 本日、WBCのメンバーが発表。レッズからは4人が選出され、うち3人は40人ロースター内のメンバーだった。 1人目がイスラエル代表の34歳のスコット・フェルドマン。1年230万で今年、契約をしたばかり。ユダヤ系の選手なので、イスラエル代表となっている。ただしDP登録で、イスラエルが2次予選(東京ラウンド)に進出した場合のみ、代表入りとなる模様。よって、ほとんど投げる可能性はないか? 2人目がリリーフのディアス。ドミニカ代表。あまり投げる機会もないだろうし、昨年の登板成績から考えると、WBCで油を売ってる暇なんかないんじゃないか?という気もする。 3人目がエレーラ。まもなく23歳になる二塁手で、ブルース放出のトレード相手としてレッズ入りしている。コロンビア代表としてWBCを戦う。3Aでは成績を残しており、チーム期待の若手の1人。 4人目がロースター外の捕手、ザラガ。今オフにマイナー契約をした選手で、昨年はLADに所属していた。オランダ代表なので、来日は間違いなしか。 まあ、チーム状況がチーム状況なので、選出メンバーは少なかった。怪我なく、早めに帰ってくることを祈りたい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロイヤルズ 15年2巡指名デウィーズをトレード獲得!ミルズ獲得カブスも大満足!ケインの後釜か!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ロイヤルズ71勝91敗?ドジャース98勝?毎年恒例のPECOTA vs. Royalsの激バトルで今年もKCファン達の怒りが爆発!各地区予想とは?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ロイヤルズ ハメル獲得!モスと共に14年伝説WC相手が! KC先発陣はヴェンチュラ穴埋めどころかベターに!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconkobakoba

シンシナティ・レッズを応援しているkobakobaです。

70年代中盤、最強だったシンシナティ・レッズ。
今のレッズ、そしてレッズファンにとってその日々はまさにhalcyon days です。

halcyon days を取り戻すために。その歩みを追いかけていきます
  • 昨日のページビュー:653
  • 累計のページビュー:1138767

(02月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. イチロー獲得はあるのか?
  2. 涙の朝…シンシナティ・レッズ、敗北
  3. オフ情報2 補強ポイントは?
  4. イグレシアス獲得
  5. オフ情報5 ハンターのDET入団の影響
  6. シンソ・チュー獲得
  7. 外野の枠も埋まる
  8. 彼が帰ってくる
  9. オフ情報3 Qualifying Offerが提示されました
  10. トレード成立か?

月別アーカイブ

2017
02
2015
01
2014
12
06
02
2013
12
07
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss