ベイスターズファンの慟哭

ずっとベイスターズファンとして生きてきました。涙は流し飽きたので、前向きな内容のみつづろうと思います。

kk1998

  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:2988641
  • (11月18日現在)

最新の記事

死闘の果て。チームを心から誇りに思う。

日本シリーズ game6 対ソフトバンクホークス戦 11回裏、川島選手の打球を受けた梶谷からのホームへの送球が、大きくイレギュラーバウンドしたところで、ベイスターズの日本シリーズは終わりを迎えました。 本当によく戦ってくれました。 難攻不落の東浜投手から、白崎が本塁打を放ち、梶谷がシーズン通じてなかったバントを決めて、ロペスが痛烈な勝ち越し打を放った5回の攻撃は、震えました。 今永は鬼気迫る投......続きを読む»

魂の2連勝。いざ福岡決戦へ。

日本シリーズ game4、5 対ソフトバンクホークス戦 凄まじい2試合でしたね。 思えばこのシリーズ、思えば、初戦を1−10で落としてから、太い流れを常にホークスに握られているような気がしていました。 ホークスも全てのプレーが決まるわけではないし、こちらにも良いプレーはあるのですが、細かいポイントがことごとくホークスへ流れていく。 取れるはずの併殺がエラーになり、きわどい判定が覆り、良い当たりは......続きを読む»

勝利にわずか届かず。上を向こう。

日本シリーズ第3戦 対ソフトバンクホークス 熱戦となりました。 初回に柳田選手の当たりを柴田が取れず。エラーこそつきませんでしたが、追いついていただけに処理したい打球でした。 そこを見逃さずに、内川選手が先制適時打を浴びせてきます。 どうしてもこの流れを断ち切れない。 このシリーズで実に3試合連続で、ホークスに先制を許す形になります。 負の流れは続きます。 初回に桑原梶谷の盗塁死。 2回に宮崎......続きを読む»

激戦の末一歩及ばず。割り切れない思い。

対ソフトバンクホークス 日本シリーズ第2戦。 熱く激しいゲームでした。 初戦から続くソフトバンクの流れ。初回に先制されて、この流れがずっと続くのかと恐怖させられました。 しかし、今永はよく立ち向かってくれました。 再三再四スコアリングポジションにランナーを置いても粘り強く投げ抜いて、得点を与えません。 ここで追加点を取られていたら、ゲームはほぼ決まっていたでしょうが、気迫を前面に出して凌いでくれ......続きを読む»

甘くはない夢の舞台。看板に偽りなし。

対ソフトバンクホークス 日本シリーズ第1戦。 19年ぶりの夢舞台。 何もかもが眩しいシリーズがスタートしました。 とはいえ、相手は現在NPB最強の呼び声が高いソフトバンク。 苦戦は承知の上でしたが。。。。。 やられましたね。 試合結果、内容はもう皆さんご存知の通りです。 さすがの井納もやや硬かったでしょうか。 初回の1点は効いてしまいましたし、立ち直ろうとした矢先の長谷川選手の2ランも厳......続きを読む»

「その先」へ。彼らは横浜に戻ってくる。

CS final stage 対広島戦 もう言葉にはなりません。 遂に彼らは成し遂げてくれました。 試合の細かいことは、もう良いでしょう。 初回に先制を許す苦しい立ち上がりも、一切の怯みをチームは見せませんでした。 驚いたのは、石田を初回で思い切り、三嶋にスイッチする判断。 三嶋はなんとか2回を抑えきりましたし、打席では安打を放って逆転の足がかりになったのですから、もはや打つ手打つ手魔術のよ......続きを読む»

夢でも幻でもなく。彼らをついに追い詰める。

CS final stage 対広島戦。 1-0で薄氷を渡りきった、心臓に悪すぎる勝利から2日。 雨による順延を挟んでの昨日でした。 雨の影響がどう出るか。 読めない中始まったゲーム4。・・・素晴らしい戦いを見せてくれました。 初回にウィーランドが三点を失う、実に嫌なスタートでした。 おまけに3回表には一死満塁の好機でロペスがゲッツー。 どう見ても、厳しい展開でしたよね。 流れを変えたのは......続きを読む»

鬼手結実。星を一つ返す!

CS final 対広島戦。 初戦は投手戦の末に、5回降雨コールド、0−3にて敗北。 喉から手が出るほど欲しかった初戦勝利でしたが、やや消化不良な敗北。 「天気と議論できない」というラミレス監督のコメントでどうにか気持ちを収めました。 迎えた2戦目。 ここを落とすと後がなくなるゲーム。 よくぞ戦ってくれました。 多くを語る必要はないでしょうが、 勝負を分けたのは5回表。 2死23塁。 ここで広......続きを読む»

鬼門を突破する。1st stage勝ち抜け!!

対 阪神戦。 CS1st stage 第3回戦。 ・・・やりましたね。 やってくれました。 泥中のゲームから1日経って、中止を挟んだ昨日の第3戦。 もう、多くを語る必要はないでしょう。 絶対不利の状況から、見事に勝ち上がりを決めてくれました! 苦手な阪神相手。 相手ホームの甲子園での開催。 初戦を相手の黄金パターンで持って行かれるという展開。 何もプラス材料のないところから、チームは戦い抜いて......続きを読む»

泥濘の中での執念。希望をつなぐ。

対 阪神戦。 凄まじい試合でした。 内容もそうですが、環境が凄まじかった。 中止をなるべく避けたいNPBの思惑もあり、雨中の開催となった昨日のゲーム。 雨脚が弱まることはなく、回が進むごとにグラウンドは泥中に沈んでいきました。 足元は悪く、手元も狂う。 選手から「やってられねえよ、こんな状況じゃ・・・」などと愚痴が出ても100人が100人同情する状況でした。 しかし、ゲームが行われる以上は、言い......続きを読む»

熱戦の果て。苦杯を嘗める。

CS 1st stage 対阪神戦。 最終戦が終わった後の1週間あまり、なんと長かったことか。 ベイスターズの試合がないことがこんなに退屈とは、、なんて感傷を抱いていましたが、 始まったCSはそんな感傷を吹き飛ばす濃密さでした。 井納はよく投げたと思います。 気持ちが最大限に入っており、初回から150キロを連発していました。 フォークもよく落ちていましたし、起用に応えるパフォーマンスを見せてく......続きを読む»

待ち焦がれた結末。CS最後の座を掴み取る。

対 広島戦。 やりました。 やってくれました。 CS決定です。。。。。。!! 激しいゲームでした。 細かい点はもういいでしょう。 ウィーランドがボコボコに打ち込まれるなんて、やはり広島打線は恐ろしい。 ですが、ウィーランドはバットでお返しをしてくれましたね。 勝利を譲らない強い気持ちを見た気がします。 ポイントとしては5回裏の筒香の本塁打。あれでチームが生き返りました。 直後の6回表、砂田がき......続きを読む»

あと一歩足らず。その一歩を突き破ろう。

対 広島戦。 阪神戦、石田の熱投を受けて戸柱、筒香の本塁打が飛び出して見事に勝利。 CSへの階段をまた一歩登ることができました。 昨日の広島戦。 勝利できればもはやCSは目の前でしたが、相手の力に屈する形となりましたね。 スタメンや選手交代もすでにポストシーズンを見据えたものになっている広島ですが、 選手たちのモチベーションは高く、重圧もない。 むしろ敵としては厄介です。 そんな相手に9回終......続きを読む»

大敗。光は消えていない。

対 阪神戦。 ・・・・やられましたね。コテンパンでした。 井納も人の子でした。 気持ちが入りすぎたのか、最後まで安定できませんでした。 初回の糸井選手の大ファール、2回の中井選手の強襲投ゴロと、きわどい場面がこちらに有利に働き、立ち直りを期待したのですが。 3回5失点でKOをもらいました。 そのあとを受けた平田、三嶋も流れを止めることができず。 2対11。 この土壇場で、悔しくも悲しい大敗......続きを読む»

熱戦の果てドロー。価値はある。

対 阪神戦。 この土壇場にふさわしい、壮絶なゲームでしたね。 中日戦での勝利、阪神に甲子園で連勝した勢いは確かにウチに向いていました。 初回ロペスの完璧2ラン 2回桑原のテキサス性2点タイムリー。 5回表のピンチは相手の攻めミスに助けられて併殺でしのぐ。 ここまでは完璧な流れでした。 しかし6回。糸井選手の2ランから流れが一変しましたね。 動揺した濱口が制球を乱して、一点差に詰め寄られる。 2......続きを読む»

大勝。剣ヶ峰の初戦を制する。

対中日戦 4連休の後、いよいよ今シーズンを左右する連戦が幕を開けました。 今まで、「シーズンの山場」という表現を努めて避けていたラミレス監督も、ついに「ここが勝負どころだ」と明言しましたね。 試合前には、選手たちに檄を飛ばし、士気を高めたそうです。 このようなマネジメントは本当にうまいな、という印象を覚えます。 その檄に見事に選手たちが応えた形となりました。 初回に猛打を見せて八点を奪い、マウン......続きを読む»

落とせないゲーム。取りきった勝利に光明を見る。

対 ヤクルト戦 勝負どころの巨人戦は1勝1敗の痛み分け。 2連敗で引導を渡されることは避け、最低限は果たしていますが、 追う立場からすれば2連勝が欲しかったところ。 濱口は責められませんが、悔しさの残る結果となりました。 それを受けての昨日のゲーム。 先行して始まった巨人対中日戦。 先発の顔合わせから見ると有利と思われた巨人が星を落とします。 やはりゲームはやってみるまでわかりません。 昨日の......続きを読む»

先勝。気迫に震える夜。

対 巨人戦。 プレーオフにも準じるような位置付けの巨人2連戦。 勝利を強く求められる状況で、選手たちがやってくれましたね。 梶谷のソロ本塁打。 得点はわずかにこの一点のみでしたが、この得点を投手陣が守りきりました。 先発の井納は6回を抑えきりました。 マギー選手のサードライナーが分岐点だったことは事実ですが、それにしても集中していました。 普段は不思議な雰囲気を纏っている井納。 突然崩れる悪癖......続きを読む»

惜敗。しかし思いは揺るがない。

対 広島戦。 みなさん、落ち込んでますか? ええ、自分も、もちろん落ち込んでいますよ。。。。 好ゲームでした。 優勝を決めようというカープにガップリで組み合う試合。 三上の回跨ぎリリーフが成功し、直後の攻撃で無死満塁を作り出した時にはいけると思ったのですが。。。。 あそこで外野フライ1本が出るか出ないか。 極論すれば、昨日勝敗を分けた差はそれだけです。 ですが、この差がなんとも大きくは感じます......続きを読む»

緊迫の初戦を制する。首位相手に貴重な勝利。

対 広島戦 やってくれましたね。 4連敗で迎えた昨日のゲーム。 相手は絶好調で9連勝中の広島。 シビアなゲームが想定されましたが、ウィーランドがやってくれました。 持ち味の制球力を生かした丁寧な投球で、6回を1失点。 相手打線の威力を考えれば、ほぼ完璧と言えるでしょう。 よくぞの投球を見せてくれました。 打線は、なかなか上向き切りませんが、ロペスの状態が良くなっていましたね。 ロペス宮崎のチャ......続きを読む»

痛恨の3連敗。開始線からもう一度。

対 阪神戦 昨日の夜の記憶がおぼろげにしかありません。 一晩寝て、出社して、合間にプロ野球結果を確認して。 ・・・はい。そうですよね。 記憶通りにサヨナラ負けを食っていました。 なんと厳しいことか、3連敗をもらってしまいました。 8回に柴田の本塁打が出た時にはいけると思ったのですが。 8回にエスコバー、9回に三上が踏ん張りきれず痛恨の敗戦となりました。 これで巨人についに並ばれた形になりました......続きを読む»

延長に力尽きる。痛いけれど、取り返しましょう。

対 阪神戦 苦しいゲームでした。12回まで1対1。 相手を押さえ込んでいたとはいえ、こちらは20個の三振を喫する状況で、得点の香りがしませんでした。 引き分けにもちこめれば上出来かも・・・・それが9回まで終わったところでの感想。 11回の好機をロペスがモノにできなかったことで、その思いはさらに強くなりました。 12回裏、後一人のところまで来たのですが。。。。 三嶋が最後に力尽きる形で、痛いサヨナラ......続きを読む»

完敗。顔を上げて立ち向かおう。

対 阪神戦 ・・・本当に久しぶりの更新となってしまいました。 本当に今年のお仕事体制は暴力的です。。 さて、個人的な愚痴は慎んで。 やられてしまいましたね。 勝負の巨人3連戦は1勝2敗。続くヤクルト戦は2勝1敗。 なんとか星を重ねますが、巨人はジリジリと近付いてきます。 一方で広島に3連敗した阪神とは少しゲーム差がつまり、 重要な局面で迎えた昨日のゲームだったわけですが。。。。 複数局面で昨......続きを読む»

負け越し。勝負の3連戦へ。

対 中日戦 やられましたね。。。。 1勝1敗で迎えた3戦目。 山井投手には良い印象ないんですよね・・・・・。 今季初先発で案の定、十分な仕事をされてしまいました。 ましてホームランまで打つなんて。 昨日は山井投手と中日にとって、特別な夜だったということでしょう。 仕方ありません。 しかしこの負け越しで3位巨人との差は2.5ゲームへ。 CS争いも一層混沌としてきました。 今日からの直接対決3連戦......続きを読む»

チームの成長を思う。ヤクルト3連戦勝ち越し。

ようやく更新をする時間が取れました。。。 奇跡のような広島戦サヨナラ3連勝の後の、 ヤクルト3連戦でしたが、 見事に勝ち越してくれましたね。 上位を追いかける上で、また4位巨人の追撃を交わす上でも、 この3連戦の勝ち越しは強く望まれるところでしたが、きちんとそのノルマを果たしてくれました。 特に勝ち越しをかけた3戦目が特に重要だったわけですが、よく戦ってくれましたね。 濱口はよく投げましたし、......続きを読む»

2日続けての大逆転劇。ここが我らの本拠ハマスタ。

対 広島戦。 8月22日 6対5 三点差の9回裏。クリーンアップの3者連続本塁打で逆転サヨナラ勝ち。 8月23日 7対6 一点差の9回2死からの同点本塁打。そして10回裏にサヨナラタイムリー。 ・・・・すごい。 もう言葉がありません。 こんな試合を続けて見てしまうと、自分の文章の非力さを感じざるを得ません。 あんな最高の展開、どう文にしろというのでしょう。 奇跡のような展開? 素晴らしい戦......続きを読む»

109試合を終えて。

巨人戦3連敗。 なんとも不愉快な月曜日を過ごしています。 3連敗、4位と2ゲーム差となった、このタイミングで、振り返りを書きたいと思います。 今日は私見垂れ流しの長文となります。 どうかご容赦ください。 前回の振り返りが6月20日。 その時点で66試合消化、31勝33敗でした。 現在は8月21日。 109試合を消化。勝敗は54勝51敗です。 6月20日から数えると、43試合を、23勝18敗で......続きを読む»

接戦を制す。見事な逆転勝利!

対 中日戦 流れの存在を重く感じるゲームでした。 初回、田中のバスターエンドランがセカンドライナーになり併殺。 その直後、ウィーランドが二点本塁打を被弾。 ウイーランドが粘って6回、7回を抑え込むと、 6回裏に、筒香の強い当たりが京田選手の小さなミスを呼び好機を作成。ロペスがすかさず打って一点差。 7回には、白崎の幸運な2塁打、パスボールが絡んで同点。 9回表、無死満塁の大ピンチを山崎が凌ぎ......続きを読む»

口惜しい敗戦。まだ遠いあと一歩。

対 阪神戦。 ・・・・・いや、染み入る悔しさです。 息が詰まる展開でした。 勝利までもう一歩。 しかしその一歩が遠い。 そんな印象です。 筒香の本塁打で1点を先制。 しかし其の後は走者を出せども出せども点が入りません。 もう一押し、それで勝負を決することができる。 そうは思えど、其の一点を水際で防がれてしまいます。 ならば一点で逃げ切る・・・・ それを許さないのが阪神です。 福留選手の打球が......続きを読む»

完敗。苦い日に光明は。

対 阪神戦。 うん。。。見事なまでにやられました。 ヤクルト戦をしぶとく勝ち越して臨んだ今日の試合。 2位3位直接対決でもあり、重要な一戦だったのですが・・・・! 石田の調子が全てでしたね。 どうしても勝負所で球が高く浮いてしまいました。 2回の岩田投手を相手に、9球投げさせられたシーンが象徴的でしたね。 やはりそのあと痛打を浴びて、失点を繰り返します。 岩田投手の攻略もかなわずに、1対7.......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 16 17

このブログの記事ランキング

  1. 補強戦線。信頼できるGMがいる喜び。
  2. グリエル考察 思いっきり主観的に。
  3. 決断はもうすぐ。残れ、山口。
  4. 三浦引退。最高の花道を。
  5. 25試合を終えて
  6. 遂に要塞を攻略。諦めずに掴み取った大逆転勝利!!!!
  7. 金城FA。引き際の難しさ。
  8. 109試合を終えて。
  9. 井納献身の完投勝利。遂に7カード連続の勝ち越し。
  10. 66試合を終えて。

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss