プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

中日・福田と西武・山川、今季「プチブレイク」!2人の来年の成績を大予想!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「和製大砲」。なんて魅力的な響きなのでしょう。

一般的にはあまり使われませんが、プロ野球ファンにはなじみの深い言葉です。これは「日本人のホームラン打者」のことを指します。

今季、セ・パ両リーグで1人ずつ、その「和製大砲」候補として名乗りを上げた打者がいます。

福田永将(中日)と山川穂高(西武)です。

2人とも今季「プチブレイク」!

福田は2006年、高校生ドラフト3巡目で横浜高校から中日に入団。

3年目の2009年に初打席初本塁打を記録するなど、早くからその打力は期待されていましたが、一軍ではなかなか結果を出せずにいました。

しかし、2015年に79試合で6本塁打を記録すると、昨年は89試合で初の2ケタとなる10本塁打。徐々に持ち前の長打力を発揮し始め、今季は95試合で18本塁打を記録しました。

今季の福田の成績はこちら。

.271(299-81)18本 49打点 26四死球 OPS.843

326打席で18本塁打は見事ですが、特筆すべきは今季の初本塁打を記録したのが7/7だったことです。18本塁打は全てその日以降に打ちました。

昨年、一昨年と好調な時期があり、その度にファンは福田の覚醒を期待しましたが、それがなかなか長続きしませんでした。しかし今季は7月以降ずっと好調を維持し続け、確かな成長を感じさせました。

  一方の山川は以前の記事でも取り上げましたが、2013年、ドラフト2位で富士大学から西武に入団。

1年目に二軍で本塁打王を獲得すると、3年目の昨年、一軍で49試合で14本塁打を記録。今季はさらに飛躍し、78試合で23本塁打を記録しました。

今季の山川の成績はこちら。

.298(242-72)23本 61打点 51四死球 OPS1.081

山川も今季は8/1までわずか4本塁打でしたが、8/2の楽天戦で3打席連続本塁打を放つとそこから一気に調子を上げ、8月以降だけで19本塁打を量産しました。

293打席で23本塁打という福田を大きく凌ぐ高い本塁打率も凄いですが、出塁率.420というのがまた素晴らしいです。昨年の出塁率が.335だったので、山川もまた大きく成長しました。

福田はプロ11年目の29歳で、山川はプロ4年目の25歳(今年の11/23で26歳)。ともに規定打席到達の経験はまだありません。

私は長年プロ野球の個人成績を追ってきましたが、規定打席未到達ながらも高い本塁打率を記録して「プチブレイク」し、翌年初の規定打席到達を果たして本格的にブレイクした「和製大砲」を何人か知っています。

したがって、今季の福田や山川のような成績を見ると、新たな「和製大砲」誕生の予感がして無性にワクワクしてしまいます 笑

翌年ブレイクした「和製大砲」たち

今回は、その私の知っている「和製大砲」5人の「プチブレイク」した年の成績(上)、初の規定打席到達を果たした年の成績(中)、通算成績(下)をご紹介します。

  藤井康雄(オリックス)※1988年は阪急 1988  .286(311-89)20本 62打点 35四死球 OPS.903 1989  .292(432-126)30本 90打点 58四死球 OPS.947 Total .252(4787-1207)282本 861打点 2年目(26歳)の1988年、当時のチームの主砲・ブーマーの戦線離脱をきっかけに、シーズン途中からレギュラーを獲得し20本塁打。翌年さらに飛躍して30本塁打でベストナインを受賞しました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
打撃成績
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドラゴンズの飛躍を願って【I like Dragons】

* 「選手をどう使うかは監督やベンチが決めることで、オレ達はゲームに出て結果を残すことが仕事だよ。」【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ホークス暖冬更改は成果報酬システムにあり【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconkishita

プロ野球の個人成績のみに特化したブログ。セイバー系指標ではなく、打者なら打率、本塁打、打点、投手なら勝敗数、セーブ数、防御率などの話を掘り下げます。
  • 昨日のページビュー:897
  • 累計のページビュー:307179

(01月21日現在)

関連サイト:プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人・ゲレーロは活躍できるのか?過去の「来日1年目で本塁打王」の2年目は?
  2. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【トレード編】
  3. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【投手編】
  4. 日本ハム・大田、初の規定打席到達!「あの」大打者と歩みが同じ?
  5. 歴代通算本塁打ランキングの20位からが面白い!結局「あの人」は凄かった!
  6. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【野手編】
  7. 半規定打席到達者・打撃ランキング2017!&「リアル規定打席」バージョン!
  8. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【FA・その他編】
  9. 巨人・畠、新人で6勝!過去巨人で6勝以上の新人投手と「2年目のジンクス」
  10. DeNA・今永、濵口、初の2ケタ勝利!目指せ!伝説の「W左腕エース」!

月別アーカイブ

2018
01
2017
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss