プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

西武・秋山、首位打者より凄い「25本塁打」!秋山はどんな打者を目指すのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季、初のパ・リーグ首位打者に輝いた秋山翔吾(西武)。

秋山は、2015年に日本新記録となる216安打で.359という高打率を記録しましたが、同年の柳田悠岐(ソフトバンク)がそれを上回る打率.363を記録し、残念ながら首位打者を逃していました。

今季は、その柳田を打率.310のリーグ2位に抑え、見事に雪辱を果たすことができました。

首位打者よりも「25本塁打」が凄い!

しかし、今季の秋山が凄かったのは、首位打者獲得なんかではありません。

私が今季の秋山に対して驚いたこと、それは彼が25本も本塁打を打ったことです。

秋山の年度別成績はこちら。

2011  .232(284-66)1本 21打点 21四死球 OPS.602 2012  .293(403-118)4本 37打点 31四死球 OPS.747 2013  .270(564-152)13本 58打点 56四死球 OPS.742 2014  .259(475-123)4本 47打点 73四死球 OPS.716 2015  .359(602-216)14本 55打点 64四死球 OPS.941 2016  .296(578-171)11本 62打点 87四死球 OPS.807 2017  .322(575-185)25本 89打点 77四死球 OPS.933

昨年までの秋山のシーズン最多本塁打数は、2015年の14本。

それ以外にも、2013年に13本塁打、2016年に11本塁打を記録したように、元々それなりに長打力のある打者ではありました。

しかし、「シーズン20本塁打」というのは、打者にとって少し次元の違う数字です。

あの内川聖一(ソフトバンク)や糸井嘉男(阪神)ですら、「シーズン20本塁打」は記録したことがありません。

しかも秋山は、上記のように昨年は打率.296と平凡な成績に終わったので、私はてっきり2015年の秋山の活躍は、いわゆる「確変」だと思っていました。

これからも秋山は、毎年「打率3割前後、10本塁打前後」くらいの成績を安定して残す「平凡なアベレージヒッター」に収まってしまうのだろうと、勝手に思い込んでいました。

それだけに、今季の秋山にはいい意味で裏切られました。

何せ今季のパ・リーグで、秋山よりも本塁打を打った日本人打者は、31本塁打の柳田とT-岡田(オリックス)、そして27本塁打の中村剛也(西武)の3人だけ。

いずれも、正真正銘の「ホームラン打者」です。

まさかこれから先、秋山は「ホームラン打者」に「転向」していくつもりなのでしょうか。

元の「アベレージヒッター」に戻ったイチロー、青木

今季の秋山のように、元々アベレージヒッターだった選手が、突然本塁打を量産したシーズンが過去にも何度かありました。

まず、私が強烈に憶えているのは、1995年のイチロー(当時オリックス)です。

1994年、イチローはプロ野球史上初となるシーズン210安打を記録し、社会現象になるほどの大ブレイクを果たしました。

翌1995年、彼が突然シーズン25本塁打を放つ「モデルチェンジ」を見せたのは衝撃でした。

1994  .385(546-210)13本 54打点 61四死球 29盗塁 OPS.994 1995  .342(524-179)25本 80打点 86四死球 49盗塁 OPS.976

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
打撃成績
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ソフトバンク・上林、高卒4年目で「規定打席到達&2ケタ本塁打」!「レジェンド」確定?【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

日本ハム・大田、初の規定打席到達!「あの」大打者と歩みが同じ?【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

当たり前のように成績を残すと計算される大島洋平。【燃えドラ】

先発ローテーション予想【アナグラム的分析ラボラトリ】

2018年の勝ちパターンを考える【アナグラム的分析ラボラトリ】

怪物の死に水を取るのは【アナグラム的分析ラボラトリ】

【西武】FA補償で高木勇を獲得【獅子党のつぶやき】

2018年の戦力確定? いやまだ奥の手が残っている【アナグラム的分析ラボラトリ】

ブロガープロフィール

profile-iconkishita

プロ野球の個人成績のみに特化したブログ。セイバー系指標ではなく、打者なら打率、本塁打、打点、投手なら勝敗数、セーブ数、防御率などの話を掘り下げます。
  • 昨日のページビュー:897
  • 累計のページビュー:307179

(01月21日現在)

関連サイト:プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人・ゲレーロは活躍できるのか?過去の「来日1年目で本塁打王」の2年目は?
  2. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【トレード編】
  3. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【投手編】
  4. 日本ハム・大田、初の規定打席到達!「あの」大打者と歩みが同じ?
  5. 歴代通算本塁打ランキングの20位からが面白い!結局「あの人」は凄かった!
  6. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【野手編】
  7. 半規定打席到達者・打撃ランキング2017!&「リアル規定打席」バージョン!
  8. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【FA・その他編】
  9. 巨人・畠、新人で6勝!過去巨人で6勝以上の新人投手と「2年目のジンクス」
  10. DeNA・今永、濵口、初の2ケタ勝利!目指せ!伝説の「W左腕エース」!

月別アーカイブ

2018
01
2017
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss