プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

同級生の井川と能見。能見は本当に通算勝利数で井川を追い抜いたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月11日、かつて阪神のエースとして2003年に20勝を挙げリーグ優勝に貢献し、昨年独立リーグの兵庫フルーサンダーズを退団した井川慶が、今季も現役続行することを決断したそうです。

井川は1997年、ドラフト2位で阪神に入団。2002年から5年連続2ケタ勝利を挙げるなどエースとして活躍し、2006年オフにポスティングシステムを利用してヤンキースに移籍しました。

しかし、ヤンキースでは5年間で2勝しかできず、2012年オリックスで日本球界に復帰。2015年オフにオリックスを退団し、2016年に兵庫の練習生となりました。

昨年兵庫と正式に契約し、独立リーグで11勝0敗、防御率1.09という好成績を残しました。

その後井川はシーズン終了後に兵庫を退団しましたが、先日兵庫との再契約が決まり、独立リーグでプレーしながら再びNPBへの復帰を目指すとのことです。

実は同級生の井川と能見

井川は1979年生まれの38歳。井川が最後に2ケタ勝利を挙げたのが阪神時代の2006年なので、私は彼をだいぶ昔の選手のように感じていましたが、思っていたより(?)まだ若いことに驚きました。

プロ野球ファン、特に阪神ファンの方ならご存じだとは思いますが、昨年先発で6勝を挙げた能見篤史(阪神)も1979年生まれの38歳。井川と能見は同級生なのです。

高校時代は川口知哉(元オリックス)と合わせて3人で、「高校生左腕三羽ガラス」と呼ばれたそうです。(「三羽ガラス」っていう響きがなんか懐かしいですよね 笑)

プロで活躍していた時代が違うのでこれだけでもかなりびっくりしますが、実は能見は昨年の6勝で通算98勝となり、井川が挙げた日米通算95勝を追い抜いていました。私にはこれが一番意外でした。

井川は上述したように20勝投手にもなり、獲得タイトルもMVP、沢村賞、最多勝など多数あります。

一方の能見ももちろん優秀な投手ではありますが、大変失礼ながら私には「消去法エース」または「永遠の二番手投手」のようなイメージしかありません。

「本当に能見の通算勝利数は井川を上回っているのか??」とまでは思いませんが 苦笑、今回はこの2人のこれまでの成績を、井川が一軍初登板を記録した1999年から同時に1年ずつ振り返ってみます。

能見覚醒前の2人の成績(1999~2008年)

1999年/井川 通算1勝 能見 通算0勝 井川  1勝1敗 防6.46 15.1回 14奪三振 WHIP2.35 能見  プロ入り前のため登板なし 井川は高卒2年目で早くも初勝利。ちなみに15.1回で13与四球…。能見は社会人の大阪ガス1年目。

2000年/井川 通算2勝 能見 通算0勝 井川  1勝3敗 防4.35 39.1回 37奪三振 WHIP1.40 能見  プロ入り前のため登板なし 井川、この年も1勝止まり。39.1回で19与四球と制球力がやや(?)改善。能見は大阪ガス2年目。

2001年/井川 通算11勝 能見 通算0勝 井川  9勝13敗 防2.67 192.0回 171奪三振 WHIP1.37 能見  プロ入り前のため登板なし 井川が4年目でついに覚醒。当時の野村克也監督が先発ローテーションに抜擢し、9勝13敗ながらリーグ2位の防御率2.67を記録。投球回数が192回というのも素晴らしいです。能見は大阪ガス3年目。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
投手成績
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スポナビブログありがとうお引越し先でもよろしくお願いします。【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

下世話にドラゴンズ-66【下世話にお別れ】多分(?)誰も読まないノスタルジー。スポナビさんと私…。【素人目線ですいません】

ブログ移転のお知らせと、ご挨拶【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ブロガープロフィール

profile-iconkishita

プロ野球の個人成績のみに特化したブログ。セイバー系指標ではなく、打者なら打率、本塁打、打点、投手なら勝敗数、セーブ数、防御率などの話を掘り下げます。
  • 昨日のページビュー:897
  • 累計のページビュー:307179

(01月21日現在)

関連サイト:プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人・ゲレーロは活躍できるのか?過去の「来日1年目で本塁打王」の2年目は?
  2. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【トレード編】
  3. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【投手編】
  4. 日本ハム・大田、初の規定打席到達!「あの」大打者と歩みが同じ?
  5. 歴代通算本塁打ランキングの20位からが面白い!結局「あの人」は凄かった!
  6. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【野手編】
  7. 半規定打席到達者・打撃ランキング2017!&「リアル規定打席」バージョン!
  8. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【FA・その他編】
  9. 巨人・畠、新人で6勝!過去巨人で6勝以上の新人投手と「2年目のジンクス」
  10. DeNA・今永、濵口、初の2ケタ勝利!目指せ!伝説の「W左腕エース」!

月別アーカイブ

2018
01
2017
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss